『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 溝渕 佳史 ([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.脳神経外科]/[脳神経外科学])

登録情報の数

有効な情報: 66件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 68件

全ての有効な情報 (66件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(66)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi and T Nakagawa : Clinical review of BNCT using mixed neutron beam in patients with malignant glioma, Research and Development in Neutron Capture Therapy, Medimond Inc., 1085-1091, 2002. ...
閲覧 影治 照喜, 永廣 信治, 宇山 慎一, 溝渕 佳史, 北村 克司, 中川 義信 : Boron neutron capture therapy using mixed neutron beam in patients with malignanat gliomas, ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療, 421-425, 2002年(0月). ...
閲覧 影治 照喜, 永廣 信治, 宇山 慎一, 溝渕 佳史, 北村 克司, 中川 義信 : 悪性神経膠腫に対する混合ビームを用いた中性子捕捉療法, 放射線療法, Vol.12, No.3, 421-425, 2002年. ...
閲覧 溝渕 佳史, 宇野 昌明, 河野 威, 泉谷 智彦, 田村 哲也, 永廣 信治 : 腎透析患者の脳出血の治療と予後の検討, 脳卒中の外科, Vol.33, 290-294, 2003年. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, M Nakamura and Y Nakagawa : Histopathological findings in autopsied glioblastoma patients treated by mixed neutron beam BNCT, Journal of Neuro-Oncology, Vol.68, No.1, 25-32, 2004. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Radiation injury of boron neutron capture therapy using mixed epithermal- and themal neutron beams in patients with malignant glioma, Applied Radiation and Isotopes, Vol.61, No.5, 1063-1067, 2004. ...
閲覧 影治 照喜, 永廣 信治, 戸井 宏行, 溝渕 佳史, 中川 義信 : 脳腫瘍の診断と治療 -最新の研究動向- VI. 脳腫瘍の治療 放射線療法 中性子捕捉療法 -現状と問題点-, 日本臨牀, Vol.63, 442-446, 2005年. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Kazuyuki Kuwayama, S Uyama, Yoshifumi Mizobuchi, Y Nakagawa and H Kumada : Intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) using epithermal neutron, beams in patients with malignant glioma -Correlation between BNCT radiation dose and radiation injury, clinical outcome-, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005. ...
閲覧 Kazuhito Matsuzaki, S Uyama, Kazuyuki Kuwayama, Yoshifumi Mizobuchi and KT Kitazato : Down-regulation of Akt by RNA interference enhances radiation-induced apoptosis in malignant glioma cells, 4th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Taipei, Nov. 2005. ...
閲覧 溝渕 佳史, 宇野 昌明 : 日常看護援助で予測するバイタルサインの変化, ブレインナーシング, Vol.22, 1031-1035, 2006年. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 腎透析患者における脳出血の予後の検討, 06' ウィンターセミナー, 2006年2月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, H Toi, Y Nakagawa and H Kumada : Boron neutron capture therapy using mixed epithermal and thermal neutron beams in patients with malignant glioma-correlation between radiation dose and radiation injury and clinical outcome, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.65, No.5, 1446-1455, 2006. ...
閲覧 影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法 (BNCT) -照射線量と病理学的所見との対比-, 第24回日本脳腫瘍病理学会, 2006年6月. ...
閲覧 影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 中川 義信, 松村 明, 山本 哲哉, 熊田 博明 : 悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法(boron neutron capture therapy: BNCT)-開頭BNCTから非開頭BNCTへ-, 第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月. ...
閲覧 松﨑 和仁, 桑山 一行, 北里 慶子, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 悪性神経膠腫においてPML (promyelocytic leukemia)はSurvivinの発現を調節する, 第65回(社)日本脳神経外科学会総会, 2006年10月. ...
閲覧 影治 照喜, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 桑山 一行, 永廣 信治, 中川 義信, 熊田 博明 : 悪性神経膠腫に対するホウ素中性子捕捉療法(BNCT) -BNCT専用線量評価システムの臨床応用-, 第16回日本脳神経外科コンピュータ研究会, 2007年1月. ...
閲覧 Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, KT Kitazato, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : Role of promyelocytic leukemia protein in astrocytic tumors, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting, San Diego, Sep. 2007. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro, Y Nakagawa, H Toi, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi and H Kumada : BSH-based intra-operative boron neutron capture therapy (BNCT) in patients with malignant glioma, 2007 Congress of Neurological Surgeons Annual Meeting,, San Diego, Sep. 2007. ...
閲覧 溝渕 佳史 : グリオーマ細胞におけるREIC/Dkk-3蛋白質発現の意義, 第66回(社)日本脳神経外科学会総会, 2007年10月. ...
閲覧 影治 照喜, 溝渕 佳史, 中川 義信, 熊田 博明 : 小児悪性脳腫瘍に対するBNCT, 第5回日本中性子捕捉療法学学術大会, 2008年7月. ...
閲覧 影治 照喜, 中島 公平, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 松原 俊二, 松﨑 和仁 : 輸血拒否患者の巨大髄膜腫手術, 第23回中国四国脳腫瘍研究会, 2009年9月. ...
閲覧 影治 照喜, 溝渕 佳史, 中川 義信 : 膠芽腫に対するBNCT-現在までの治療実績と今後の方向性に関して-, 第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会, 2009年9月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : REIC/Dkk-3は悪性脳腫瘍の細胞死を誘導する, 第27回日本脳腫瘍学会, 2009年11月. ...
閲覧 森垣 龍馬, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐光 亘, 梶 龍兒, 後藤 惠, 宇野 昌明, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 鈴江 淳彦 : 脳血管障害による不随意運動の3症例, 第49回日本定位・機能神経外科学会, 2010年1月. ...
閲覧 岡﨑 敏之, 松﨑 和仁, 溝渕 佳史, 北里 慶子, 影治 照喜, 原 慶次郎, 永廣 信治 : 膠芽腫に対するテモゾロミドとインターフェロンβ併用療法におけるPMLの役割, 徳島脳腫瘍セミナー2010, 2010年2月. ...
閲覧 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 当院おけるテモゾロミド導入以後の治療成績, 徳島脳腫瘍セミナー2010, 2010年2月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 影治 照喜, 北里 慶子, 永廣 信治 : グリオーマ細胞におけるLRP 6阻害作用, 第24回中国四国脳腫瘍研究会, 2010年9月. ...
閲覧 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチと治療成績, 第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 影治 照喜, 山口 真司, 平澤 元浩, 永廣 信治 : 褐色細胞腫を合併したvon Hippel-Lindau病の手術と周術期管理, 第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月. ...
閲覧 岡崎 敏之, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 森田 奈緒美, 原田 雅史 : 脳腫瘍診断のためのadvanced MR imagingの有用性, 第15回日本脳腫瘍の外科学会, 2010年10月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki and 中川 義信 : Clinical results of BNCT for glioblastoma comparison with conventional treatment, 14th International Congress on Neutron Capture Therapy, Buenos Aires, Argentina, Oct. 2010. ...
閲覧 溝渕 佳史 : REIC/Dkk-3はmedulloblastomaの細胞死を誘導する, 社団法人日本脳神経外科学会第69回学術総会, 2010年10月. ...
閲覧 倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 広瀬 隆則 : 著明な腫瘍血管増生を認めたanaplastic astroblastomaの一例, 第70回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2010年12月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 顔面けいれん手術におけるABR モニタリング, 第13回日本脳神経減圧術学会, 2011年1月. ...
閲覧 三宅 一央, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 倉敷 佳孝, 永廣 信治 : 転移性下垂体腫瘍の1例, 第35回徳島脳神経外科談話会, 2011年3月. ...
閲覧 倉敷 佳孝, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 当院におけるメチオニンPETを用いた脳腫瘍診断, 第25回中国四国脳腫瘍研究会, 2011年9月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 超高齢者髄膜腫手術の適応と問題点, 第70回日本脳神経外科学会総会, 2011年10月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 受傷後50年が経過した外傷性CCFの一例, 第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月. ...
閲覧 高麗 雅章, 山本 伸昭, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 佐藤 浩一, 松原 俊二 : 脳動脈瘤コイル塞栓術後,再治療を要した症例の検討, 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月. ...
閲覧 曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : くも膜下出血で発症した多発性脳動脈瘤の一例, 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2011年11月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Kazuhito Matsuzaki and Y Nakagawa : Clinical experiences of BNCT for glioblastomaIn comparison with conventional standard treatment, 2011 International Clinical Boron Neutron Capture Therapy Workshop, Taipei, Dec. 2011. ...
閲覧 曽我部 周, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 脳室内出血で発症した第三脳室内腫瘍の一例, 第36回徳島脳神経外科談話会, 2011年12月. ...
閲覧 高麗 雅章, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 永廣 信治, 古谷 俊介, 喜多 尚美, 西本 利恵 : 重篤な意識障害を呈した膠芽腫の治療と看護, 徳島大学病院 Cancer Board, 2011年12月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 里見 淳一郎, 影治 照喜, 永廣 信治, 西村 匡司 : 脳卒中専門医不在地域における脳卒中治療と予後の検討, 四国医学雑誌, Vol.68, No.1,2, 35-40, 2012年. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 当院におけるMVDデータベースを用いた脳神経減圧術手術の長期成績, 第15回日本脳神経減圧術学会, 2013年1月. ...
閲覧 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 脳卒中急性期診断におけるスマートフォンを用いた情報交換の有用性- i-Strokeの初期使用経験-, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 石原 学, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 髙須 千絵, 泉 啓介 : 成人脳室内glioependymal cyst の1例, 第75回㈳日本脳神経外科学会中四国支部学術集会, 2013年4月. ...
閲覧 影治 照喜, 岡 博文, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 溝渕 佳史, 谷 憲治, 河野 光宏, 湯浅 志乃, 田畑 良, 坂東 弘康, 高橋 幸志, 森 敬子, 小幡 史明, 三橋 乃梨子, 浦岡 秀行, 濱口 隼人 : スマートフォンとインターネットを用いた海部病院遠隔医療支援システム(k-support)の導入, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月. ...
閲覧 T Fujihara, Junichiro Satomi, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiteru Tada, Kenji Yagi, Yoshifumi Mizobuchi, Teruyoshi Kageji and Shinji Nagahiro : Delayed intra-arterial urokinase thrombolysis based on MRI criteria has similar outcome compared to intravenous t-PA within 3 hours, Congress Of Neurological Surgeons 2013 Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013. ...
閲覧 Keijiro Hara, Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, T Fujihara, Kohhei Nakajima, Hideo Mure, Kazuyuki Kuwayama, T Hara and Shinji Nagahiro : REIC/Dkk-3, one of Dickkopf(Dkk)family members, contributes to the anti-tumor effects in glioblastoma through regulation of both Wnt signal pathways, The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013. ...
閲覧 Yoshifumi Mizobuchi, T Okazaki, Teruyoshi Kageji, Kazuyuki Kuwayama, KT Kitazato, Hideo Mure, Keijiro Hara, Ryoma Morigaki, Kazuhito Matsuzaki, Kohhei Nakajima, T Fujihara and Shinji Nagahiro : A combination of interferon-beta and temozolomide augments anti-tumor effects through p73/YAP-mediated apoptosis by PML in glioblastoma, The 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 SNO Scientific Meeting and Education Day, San Francisco, Nov. 2013. ...
閲覧 溝渕 佳史, 永廣 信治 : Epidermoid術後に生じたfibrous bandによる三叉神経痛の一例, 第16回日本脳神経減圧術学会, 2014年2月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 大学病院を核としたウェブカンファレンスシステムの構築, 第39回徳島大学脳神経外科同門会, 2014年6月. ...
閲覧 鹿草 宏, 中島 公平, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 眼窩内腫瘍の2例, 第79回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2015年4月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 山口 真司, 中島 公平, 影治 照喜, 坂東 良美 : 術後長年経過して再発を繰り返した嚢胞性infiltrating astrocytomaの1例, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年5月. ...
閲覧 中島 公平, 松田 拓, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治 : 多房性病変を呈したRosette-forming glioneuronal tumorの1例, 第20回四国脳神経外科カンファレンス, 2015年8月. ...
閲覧 森垣 龍馬, 大北 真哉, 溝渕 佳史, 牟礼 英生, 永廣 信治, 梶 龍兒, 後藤 惠 : マウス脳線条体におけるNuclear factor kappa bの機能的分子としての可能性, 第16回日本分子脳神経外科学会, 2015年8月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 顔面けいれんにおける顔面神経root exit zone(REZ)の圧迫に椎骨動脈が関与するタイプ(B型)の手術と成績, 第18回日本脳神経減圧術学会, 2016年1月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治 : 頭蓋咽頭腫に対する外科的治療を中心とした治療戦略, 第26回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2016年2月. ...
閲覧 永廣 信治, 溝渕 佳史, 西山 徹 : 柔道による頭部外傷事故例の解析と予防活動, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月. ...
閲覧 溝渕 佳史, 岡久 哲也, 永廣 信治 : 3次元座標計測機器(VICON-MX system)を用いた柔道受け身時の頭部回転速度の解析, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月. ...
閲覧 萩野 寛隆, 溝渕 佳史, 松田 拓, 山本 陽子, 住吉 学, 田村 哲也, 永廣 信治 : 高齢者急性硬膜下血腫の検討, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月. ...
閲覧 西山 徹, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : 柔道指導で発症した脳脊髄液減少例の1例, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年2月. ...
閲覧 大北 真哉, 藤原 敏孝, 中島 公平, 多田 恵曜, 溝渕 佳史, 永廣 信治 : Awake suegery ― 当院でのfirst case, 第3回徳島脳神経疾患談話会, 2016年3月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 小児脳腫瘍 視神経膠腫, 日本臨床, Vol.4, No.7, 734-736, 2016年9月. ...
閲覧 溝渕 佳史 : 顔面けいれんに対するshelter methodの有効性の検討, 第26回脳神経外科手術と器械学会, 2017年4月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 溝渕 佳史, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治, 鹿草宏 (名) : 眼窩内腫瘍の2例, 第79回日本脳神経外科学会支部会, 2015年4月.
閲覧 溝渕 佳史, 影治 照喜, 中島 公平, 山口 真司, 広瀬 隆則 : 術後長年経過して再発を繰り返した嚢胞性infiltrating astrocytomaの1例, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年5月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.34, Max(EID) = 362811, Max(EOID) = 970793.