『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 細川 浩良

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 14件 = 全ての情報: 14件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (14件)

閲覧 藤澤 健司, 武知 正晃, 山内 英嗣, 宮本 洋二, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 長山 勝 : 共鳴振動周波数分析装置を用いたインプラント安定性の評価1.Implant StabilityQuotient(ISQ)とインプラントの安定性に関連する因子との比較, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月).
閲覧 高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月).
閲覧 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月).
閲覧 前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄問質細胞の歯原性細胞への分化誘導, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月).
閲覧 山崎 泰文, 湯淺 哲也, 里村 一人, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝 : 舌背部にみられた骨性分離腫の1例, 第53回日本口腔科学会中国・四国地方部会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月).
閲覧 Hiroyoshi Hosokawa, Yamashita Kikuji, Ishibashi Jun, Ishikawa Tomoyasu, Kitamura Seiichiro, Nagayama Masaru and (名) 6 : A New Animal Raiser: Effect of Low Temperature Narrow Wavelength Far Infrared Radiation on Tumor Growth of A431 Cells, ITE LETTERS, Vol.6, No.6, 95-100, 2005.
閲覧 Ishibashi Jun, Kikuji Yamashita, Hiroyoshi Hosokawa, Kaori Sumida, Masaru Nagayama and Seiichiro Kitamura : The effects inhibiting the proliferation of cancer cells by far-infrared radiation (FIR) are controlled by the basal expression level of heat shock protein (HSP) 70A, Medical Oncology, Vol.25, No.2, 229-237, 2008.
閲覧 細川 浩良, 山下 菊治, 石橋 淳, 北村 清一郎, 長山 勝 : 癌細胞の特性遠赤外線に対する感受性とストレス蛋白との関係, 第50回日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 藤川 七生, 森本 景之, 北村 清一郎 : 骨芽細胞に対する特性遠赤外線の効果, 北村 清一郎, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 石橋 淳, 山下 菊治, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 特性遠赤外線のヒト癌細胞株に及ぼす効果, 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 山下 菊治, 石橋 淳, 細川 浩良, 森本 景之, 北村 清一郎 : 遠赤外線総合総合医療を目指して, 第116回徳島生物学会, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 Kenji Fujisawa, Miyamoto Yoji, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate Functional Loading of Branemark System Implants one year Clinical follow-up Study., The17th Intemational Conference on Oral&Maxillofacial Surgery, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日).
閲覧 Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano;Siho Minamiguchi, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : FGF-2 and melatonin enhance ossetointegration of titmium implants., The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.27, Max(EID) = 389139, Max(EOID) = 1052896.