『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 川中 崇 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学]/[徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線治療科])

登録情報の数

有効な情報: 25件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 29件

全ての有効な情報 (25件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 (未定義) …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Toshiaki Sano, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani : Prognostic significance of HIF-2alpha expression on tumor infiltrating macrophages in patients with uterine cervical cancer undergoing radiotherapy., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 78-86, 2008. ...
閲覧 Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani : Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer., Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008. ...
閲覧 Takashi Kawanaka : Prognostic Significance of UROD Expression on Cervical Cancer with Radiotherapy., 55th American Society for Radiation Oncology Annual meeting, (巻), (号), (頁), Atlanta, Sep. 2013. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 : 食道癌術後再発に対する放射線治療症例の検討, 第34回 四国食道疾患研究会, (巻), (号), (頁), 2014年2月. ...
閲覧 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 : 転移性骨腫瘍に対する外部方射線療法と塩化ストロンチウム-89併用に関する検討, 第52回日本癌治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年8月. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 : 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療に関する検討, 第123回日本放射線学会中国四国地方会, (巻), (号), (頁), 2014年12月. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 原田 雅史 : 放射線照射後の難治性皮膚潰瘍の一例, 第23回日本乳癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2015年7月. ...
閲覧 川中 崇 : 骨転移治療の動向と外照射併用89-Sr内用療法, 第40回愛媛核医学懇話会, (巻), (号), (頁), 2015年9月. ...
閲覧 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 福森 知治, 生島 仁史, 原田 雅史 : 当院におけるI-125シード永久刺入療法を行った前立腺癌の長期成績の検討, 第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 Hiromichi Ishiyama, Takefumi Satoh, Atsunori Yorozu, Shiro Saito, Masaaki Kataoka, Katsuyoshi Hashine, Ryuji Nakamura, Susumu Tanji, Koji Masui, Koji Okihara, Toshio Ohashi, Tetsuo Momma, Manabu Aoki, Kenta Miki, Masako Kato, Masashi Morita, Norihisa Katayama, Yasutomo Nasu, Takashi Kawanaka, Tomoharu Fukumori, Fumitaka Ito, Ryoichi Shiroki, Yuji Baba, Akito Inadome, Yasuo Yoshioka, Hitoshi Takayama and Kazushige Hayakawa : Multi-institutional retrospective analysis of learning curves on dosimetry and operation time before and after introduction of intraoperatively built custom-linked seeds in prostate brachytherapy., Journal of Radiation Research, Vol.57, No.1, 68-74, 2015. ...
閲覧 Takashi Kawanaka : ブラキセラピー単独治療の適応 -中リスクの長期成績から-, Brachytherapy Update 2016 in Osaka, (巻), (号), (頁), May 2016. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 : 癌脳転移に対する放射線治療後のに開頭手術を施行した症例の検討, 第24回 乳癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2016年6月. ...
閲覧 Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada : Long-term Outcome of I125 Low-dose-rate Brachytherapy for Clinically Localized Prostate Cancer at Single University Hospital,Which Is One of The Initial Institutions Using I125 Low-dese-rate Brachytherapy in Japan, 2016 ABS Annual Meeting(World Congress of Brachytherapy), (巻), (号), (頁), San Francisco, June 2016. ...
閲覧 川中 崇 : RAI不応性甲状腺癌の考え方, Thyroid cancer update, (巻), (号), (頁), 2016年9月. ...
閲覧 Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada : Impact of Salvage Chemoradiation Therapy With Triple-Drug Combination(Docetaxel,5-FU, and CDDP)for Postoperative Locoregional Recurrence of Esophageal Cancer, 58th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, (巻), (号), (頁), Boston, Sep. 2016. ...
閲覧 Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada : Long-Term Outcome of Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patients, 2017 ABS Annual Conference, (巻), (号), (頁), Boston, April 2017. ...
閲覧 Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada : Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patient: A Japanese Single Institutional Study, ASTRO's 59th Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Oct. 2017. ...
閲覧 川中 崇 : 当院にて行ったHybrid APBIの1例, 日本放射線腫瘍学会 第22回小線源治療部会学術大会, (巻), (号), (頁), 2020年5月. ...
閲覧 川中 崇 : Withコロナ・Postコロナ時代のSAVIの普及, Working Group of APBI with SAVIs in Japan, (巻), (号), (頁), 2020年6月. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 生島 仁史 : Single-entry applicatorとinterstitial needleを併用した小線源治療によるAPBIの1例, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, (巻), (号), (頁), 2020年10月. ...
閲覧 Takashi Kawanaka, Chisato Tonoiso, Akiko Kubo and Hitoshi Ikushima : Compatibility of SAVI applicator and resection cavity underwent cylindrical breast resection for early-stage breast cancer and its solution: initial experience of Hybrid APBI, RSNA2021, (巻), (号), (頁), Chicago, Nov. 2020. ...
閲覧 川中 崇 : 小線源治療部会ガイドラインに基づく 密封小線源治療 診療・物理QAマニュアル 第2版, --- 8章 乳腺 B マルチカテーテル ---, 金原出版 株式会社, (都市), 2022年5月. ...
閲覧 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 生島 仁史, 原田 雅史 : SAVIアプリケーターと乳房部分切除後の切離腔の検討とその 改善方法, 第30回日本乳癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2022年6月. ...
閲覧 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 : APBI臨床における最新の知見(SAVIハイブリッド照射ほか), 第11回WASAVlsの会, (巻), (号), (頁), 2022年7月. ...
閲覧 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 : 再度の乳房加速部分照射を行った温存乳房内再発の1例, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, (巻), (号), (頁), 2022年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (4件)

閲覧 (種別) : Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Chemoradiation therapy for cervical cancer: toxicity of concurrent weekly cisplatin., Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, (発行所), (都市), Feb. 2006.
閲覧 (種別) : Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani : Radiation therapy for cervical cancer in the elderly., Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, (発行所), (都市), Aug. 2007.
閲覧 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 生島 仁史 : Single-entry applicatorとinterstitial needleを併用した小線源治療によるAPBIの1例, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, (巻), (号), (頁), (年月日).
閲覧 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 生島 仁史 : Single-entry applicatorとinterstitial needleを併用した小線源治療によるAPBIの1例, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, (巻), (号), (頁), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.49, Max(EID) = 408904, Max(EOID) = 1108057.