『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 美原(和田) 智恵 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])

登録情報の数

有効な情報: 21件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (21件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 国際歯科研究学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(20)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Noriko Hayashi, Jun-ichi Kido, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : High-turnover osteoporosis is induced by cyclosporin A in rats., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, 2006. ...
閲覧 (種別) : 美原(和田) 智恵, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンAがラット骨代謝に及ぼす影響 : 歯槽骨と脛骨の形態学的分析, 日本歯科保存学雑誌, Vol.50, No.0, 133, (発行所), (都市), 2007年10月. ...
閲覧 (種別) : 徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 美原(和田) 智恵, 永田 俊彦 : 低カルシウム飼育ラット実験的歯周炎における歯槽骨吸収量の増加, 日本歯科保存学雑誌, Vol.50, No.0, 43, (発行所), (都市), 2007年10月. ...
閲覧 (種別) : 美原(和田) 智恵, 瀬戸 浩行, 堀部 ますみ, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : サイクロスポリンA投与ラットにおける歯槽骨の組織学的解析, 日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.3, 246-255, 日本歯科保存学会, (都市), 2008年6月. ...
閲覧 (種別) : 美原(和田) 智恵, 板東 美香, 片岡 正俊, 久保田 健彦, 板垣 真奈美, 島田 靖子, 田井 秀明, 吉江 弘正, 西村 英紀, 曽我 賢彦, 高柴 正悟, 永田 俊彦, 木戸 淳一 : Examination of α2 Integrin Polymorphism in Drug-induced Gingival Overgrowth : α2 Integrin+1648 G/A Polymorphism, 日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.4, 464-471, 日本歯科保存学会, (都市), 2008年8月. ...
閲覧 美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 大場 博史, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの骨吸収と炎症におよぼす効果, 第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, (号), 93, 2009年10月. ...
閲覧 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵 : 糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中のバイオマーカーの分析, 第53回 日本糖尿病学会, 2010年5月. ...
閲覧 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 廣島 佑香 : ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの影響, 第53回秋季日本歯周病学会 高松, (巻), (号), (頁), 2010年9月. ...
閲覧 Kaku Tokunaga, Hiroyuki Seto, Hirofumi Ohba, Chie Mihara-Wada, Hideki Hama, Masumi Horibe, Satoshi Yoneda and Toshihiko Nagata : Topical and intermittent application of parathyroid hormone recovers alveolar bone loss in rat experimental periodontitis., Journal of Periodontal Research, Vol.46, No.6, 655-662, 2011. ...
閲覧 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 米田 哲, 廣島 佑香, 瀬戸 浩行, 永田 俊彦 : 上顎前歯の著しいフレアアウトを伴った薬物性歯肉増殖症患者の一症例, 日本歯周病学会会誌, (巻), (号), (頁), 2011年5月. ...
閲覧 美原(和田) 智恵, 徳永 格, 瀬戸 浩行, 坂本 英次郎, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの局所投与による歯槽骨吸収抑制効果, 日本歯周病学会会誌, Vol.54, No.2, 167-174, 2012年. ...
閲覧 坂本 英次郎,美原 智恵,生田 貴久,稲垣 裕司,木戸 淳一,永田 俊彦 : ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響, 136, (巻), (号), (頁), 2012年6月. ...
閲覧 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物及びリポ多糖の影響, 第136回 春季日本歯周病学会, 2012年6月. ...
閲覧 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット骨芽細胞の分化に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響, 第19回 徳島骨代謝研究会, 2012年11月. ...
閲覧 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : ラット骨芽細胞の分化発現に及ぼす最終糖化産物とリポ多糖の影響, 第56回春季歯周病学会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 美原(和田) 智恵 : ラット実験的歯周炎におけるオステオプロテジェリンの局所投与による歯槽骨吸収抑制効果, 薫風会セミナー, (巻), (号), (頁), 2014年3月. ...
閲覧 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : 歯肉増殖によって歯の移動を伴った重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果, 日本歯周病学会会誌, Vol.58, No.9, 145, 2016年10月. ...
閲覧 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Hwan Jung Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : アドバンスドOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要, 四国歯学会雑誌, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年6月. ...
閲覧 Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki and Chie Mihara-Wada : Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide., IADR (International Association of Dental Research) Barcelona, Spain, July 14-17, 2010, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日). ...
閲覧 E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, K Tokunaga, H Seto and Yuka Hiroshima : Topical application of osteoprotegerin inhibits alveolar bone loss in rat experimental periodontitis, International Joint Symposium on Oral Science, Bali, Indonesia, Dec 17-19, 2010, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日). ...
閲覧 E Sakamoto, Chie Mihara-Wada, T Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Age and LPS inhibit osteoblastic differentiation in rat bone marrow cells., international Associatuin of dental Research, (巻), (号), (頁), Seattle, (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (7件)

閲覧 (種別) : Masatoshi Kataoka, Hiroyuki Seto, Chie Mihara-Wada, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Decreased expression of alpha2 integrin in fibroblasts isolated from cyclosporin A- induced gingival overgrowth in rats., Journal of Periodontal Research, Vol.38, No.5, 533-537, (発行所), (都市), Oct. 2003.
閲覧 Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : α2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth, Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
閲覧 (種別) : M Ogino, J Kido, M Bando, N Hayashi, Chie Mihara-Wada, T Nagata, F Nishimura, Y Soga, S Takashiba, T Kubota, M Itagaki, Y Shimada, H Tai, H Yoshie, N Yamazaki, Y Shinohara and M Kataoka : Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth., Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, (発行所), (都市), Dec. 2005.
閲覧 (種別) : N Hayashi, J Kido, R Kido, Chie Mihara-Wada, M Kataoka, Y Shinohara and T Nagata : Regulation of calprotectin expression by interleukin-1alpha and transforming growth factor-beta in human gingival keratinocytes., Journal of Periodontal Research, Vol.42, No.1, 1-7, (発行所), (都市), Feb. 2007.
閲覧 Eijirou Sakamoto, Chie Mihara-Wada, Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata : Inhibitory effects of advanced glycation end-products and Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide on the expression of osteoblastic markers of rat bone marrow cells in culture, Journal of Periodontal Research, Vol.51, No.3, 313-320, 2016.
閲覧 (種別) : (著者) : High-turnover osteoporosis induced by cyclosporin A in rats, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.24, No.3, 199-205, (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 二宮 雅美, 米田 哲, 堀部 ますみ, 美原(和田) 智恵, 稲垣 裕司 : FGF-2による歯周組織再生療法, 第10回 徳島 Bone Forum,徳島,12月, (巻), (号), (頁), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 0.71, Max(EID) = 377542, Max(EOID) = 1010520.