『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 [科長]/[徳島大学.病院.診療科.歯科] ([松香 芳三])

登録情報の数

有効な情報: 43件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 44件

全ての有効な情報 (43件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(14)
閲覧 (未定義) …(28)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 竹内 久裕, 藤村 哲也, 橋川 恵一, 鈴木 温, 坂東 永一 : 顎運動測定における生体の歪と解析への影響, 下顎運動とEMG論文集, Vol.6, 195-204, 1988年. ...
閲覧 山内 規進, 大石 慶二, 鈴木 茂人, 伊井 広, 西川 聖二, 笠原 信治, 石田 浩, 若野 洋一 : ラット頭蓋骨由来細胞の分化に及ぼすメチルチオアデノシン及びその代謝産物の影響, 日本歯周病学会会誌, Vol.32, No.0, 71, 1990年4月. ...
閲覧 竹内 久裕, 藤村 哲也, 坂東 永一 : 咬合力による顎口腔系の変形が顎運動解析に及ぼす影響, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.34, No.6, 1150-1161, 1990年. ...
閲覧 竹内 久裕 : オクルーザルピボット咬合時の下顎変位, 四国歯学会雑誌, Vol.4, No.1, 29-49, 1991年. ...
閲覧 坂東 永一, 竹内 久裕 : 顎運動の解析装置について, The Journal of Dental Engineering, Vol.102, (号), 27-32, 1992年(0月). ...
閲覧 竹内 久裕, 坂東 永一 : 下顎欠損患者の顎口腔機能 下顎運動について, 歯科ジャーナル, Vol.38, No.4, (頁), 1993年(0月). ...
閲覧 大石 慶二 : 甲状腺ホルモンがラット胎仔頭蓋冠由来骨原性細胞の分化に及ぼす影響, 四国歯学会雑誌, Vol.6, No.1, 93-104, 1993年. ...
閲覧 竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一, 池田 隆志, 藤村 哲也, 山本 伊一郎, 中野 雅德 : 6自由度顎運動測定による下顎切除患者の顎口腔機能評価, 顎顔面補綴, Vol.16, No.2, 63-76, 1993年. ...
閲覧 中野 雅德, 竹内 久裕, 坂東 永一 : 第4章 IV-3「咬合診断」, --- 顎機能障害 新しい診断システムと治療指針(坂東永一,三谷英夫,上村修三郎,中沢 勝宏 編) ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 1993年12月. ...
閲覧 YOSHIHIRO KUBO, Hisahiro Takeuchi and Eiichi Bando : Jaw Movements in Mandibulectomy Patients, First International Congress on Maxillofacial Prosthetics, 226-229, California, April 1994. ...
閲覧 Hisahiro Takeuchi, T Ikeda and G T CLARK : Valldity of an Intra-Spllnt-Force-Detector for simulated Bruxism, Journal of Dental Research, Vol.74, No.1051, 143, San Antonio, March 1995. ...
閲覧 Clark T. Glenn and Hisahiro Takeuchi : Temporomandibular Dysfunction, Chronic Orofacial Pain and Oral Motor Disorders in the 21st Century, Journal of the California Dental Association, Vol.23, No.4, 41-50, April 1995. ...
閲覧 Hisahiro Takeuchi, T Ikeda and G T CLARK : Development of new detecting system for bruxism, Journal of Dental Research, Vol.75, No.2585, 341, San Francisco, March 1996. ...
閲覧 Clark T. Glenn, 竹内 久裕, 窪木 拓男, 山下 敦 : 顎機能障害,慢性口腔顔面痛および顎口腔系運動疾患の診断, 日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 25-38, 1997年. ...
閲覧 坂東 永一, 竹内 久裕 : 補綴領域におけるコンピュータを利用した診断·治療機器, --- -特に顎運動解析を中心に- ---, The Journal of Dental Engineering, Vol.122, (号), 9-12, 1997年(0月). ...
閲覧 竹内 久裕 : 「顆頭点」,「顆頭間軸」,「顎運動の表示法」, 「アルコン型咬合器とコンダイラー型咬合器の比較, --- 臨床咬合学事典(長谷川成男,坂東永一 編) ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 1997年4月. ...
閲覧 佐藤 裕 : 側方滑走運動のガイド面の方向が顎運動に及ぼす影響, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, (号), 298-306, 1998年. ...
閲覧 Takashi Nishida, Tohru Nakanishi, Tsuyoshi Shimo, Masahiro Asano, Takako Hattori, Takuya Tamatani, Katsunari Tezuka and Masaharu Takigawa : Demonstration of Receptors Specific for Connective Tissue Growth Factor on a Human Chondrocytic Cell Line (HCS-2/8), Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.247, No.3, 905-909, 1998. ...
閲覧 久保 吉廣, 坂東 永一, 竹内 久裕 : 無歯顎,硬·軟口蓋欠損患者の機能回復とその評価, 顎顔面補綴, Vol.21, No.2, 23-32, 1998年. ...
閲覧 Tsuyoshi Shimo, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Masahiro Asano, Manabu Kanyama, Takuo Kuboki, Takuya Tamatani, Katsunari Tezuka, Motohide Takemura, Tomohiro Matsumura and Masaharu Takigawa : Connective tissue growth factor induces the proliferation, migration, and tube formation of vascular endothelial cells in vitro, and angiogenesis in vivo., The Journal of Biochemistry, Vol.126, No.1, 137-145, 1999. ...
閲覧 Takashi Nishida, Tohru Nakanishi, Masahiro Asano, Tsuyoshi Shimo and Masaharu Takigawa : Effects of CTGF/Hcs24, a hypertrophic chondrocyte-specific gene product, on the proliferation and differemtiation of osteoblastic cells in vitro., Journal of Cellular Physiology, Vol.184, No.2, 197-206, 2000. ...
閲覧 Shimo Tsuyoshi, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Masahiro Asano, Akira Sasaki, Manabu Kanyama, Takuo Kuboki, Tomohiro Matsumura and Masaharu Takigawa : Involvement of CTGF, a hypertrophic chondrocyte-specific gene product, in tumor angiogenesis., Oncology, Vol.61, No.4, 315-322, 2001. ...
閲覧 堀部 ますみ : 培養歯髄細菌におけるテネイシンの発現と機能に及ぼす成長因子の影響, 四国歯学会雑誌, Vol.14, No.1, 191-203, 2001年. ...
閲覧 S Saku, S Yamamoto, T Yamada, Hisahiro Takeuchi and Y Yamamoto : Ultrastructural analysis of dental plaque on synthetic carbonate apatite applied to human teeth surface, Journal of Dental Research, Vol.80, No.1530, 718, Chiba, June 2001. ...
閲覧 Hisahiro Takeuchi, Takashi Ikeda and T. Glenn Clark : A piezoelectric film-based intrasplint detection method for bruxism., The Journal of Prosthetic Dentistry, Vol.86, No.2, 195-202, 2001. ...
閲覧 中野 雅德, 竹内 久裕, 西川 啓介 : 第3章 4「咬合検査」, --- 顎関節症入門 (森本俊文,松矢篤三,野首孝祠,小林義典 編) ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2001年10月. ...
閲覧 坂東 永一, 竹内 久裕 : 老化抑制と食品 = 抗酸化·脳·咀嚼 = (独立行政法人 食品総合研究所 編), --- 4.6 「食品の物性と顎運動」 ---, 株式会社 アイピーシー, 東京, 2002年2月. ...
閲覧 E Nakata, T Nakanishi, A Kawai, K Asaumi, T Yamaai, Masahiro Asano, T Nishida, S Mitani, H Inoue and M Takigawa : Expression of connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte-specific gene product 24(CTGF/Hcs24) during fracture healing., Bone, Vol.31, No.4, 441-447, 2002. ...
閲覧 T Ishikawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi and Eiichi Bando : The Quantitative Evaluation of Occlusal Contacts with Add-Picture Method, THE KOREAN ACADEMY OF PROSTHODONTICS, (巻), No.P-8, 111, Seoul, April 2003. ...
閲覧 Hisahiro Takeuchi, Eiichi Bando, T Fujimura, Masanori Nakano, K Koori, E Yamauchi and Yutaka Sato : An Investigation of Jaw Movement Parameters for the Stomatognathic Function Database, Journal of Dental Research, Vol.82, No.2292, B-297, Goteborg, June 2003. ...
閲覧 Margarita Zeichner-David, Keiji Oishi, Zhengyan Su, Vassili Zakartchenko, Li-Sha Chen, Higinio Arzate and Pablo Bringas : Role of Hertwig's epithelial root sheath cells in tooth root development., Developmental Dynamics, Vol.228, No.4, 651-663, 2003. ...
閲覧 坂東 永一, 竹内 久裕 : 食感創造ハンドブック, --- 咀嚼運動の計測 ---, サイエンスフォーラム, 東京, 2005年4月. ...
閲覧 Tomoichiro Yamaai, Tohru Nakanishi, Masahiro Asano, Kumiko Nawachi, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Toshifumi Komori, Tomosada Sugimoto and Masaharu Takigawa : Gene expression of connective tissue growth factor (CTGF/CCN2) in calcifying tissues of normal and cbfa1-null mutant mice in late stage of embryonic development, Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.23, No.4, 280-288, 2005. ...
閲覧 竹内 久裕 : 顎運動の標準データ, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月. ...
閲覧 Masahiro Asano, Satoshi Kubota, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Tomoichiro Tamaai, Gen Yoshimichi, Kazumi Ohyama, Tomosada Sugimoto, Yoji Murayama and Masaharu Takigawa : Effect of connective tissue growth factor (CCN2/CTGF) on proliferation and differentiation of mouse periodontal ligament-derived cells, Cell Communication & Signaling, Vol.3, 11, 2005. ...
閲覧 後藤 昌昭, 小野 高裕, 松浦 正朗, 尾澤 昌悟, 塩入 重彰, 久保 吉廣, 石上 友彦, 谷口 尚, 下郷 和雄 : わが国における顎顔面補綴治療の現状分析と診療ガイドラインの作成, 日本歯科医学会誌, Vol.30, No.1, 75-79, 2011年. ...
閲覧 後藤 昌昭, 小野 高裕, 松浦 正朗, 尾澤 昌悟, 塩入 重彰, 久保 吉廣, 石上 友彦, 谷口 尚, 下郷 和雄 : わが国における顎顔面補綴治療の現状分析と診療ガイドラインの作成, 顎顔面補綴, Vol.34, No.2, 95-96, 2011年6月. ...
閲覧 竹内 久裕 : 1. 咀嚼運動 (中野雅徳,坂東永一 編:咬合学と歯科臨床,第Ⅰ編,第4章), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 竹内 久裕 : 2. 歯のガイド (中野雅徳,坂東永一 編:咬合学と歯科臨床,第Ⅱ編,第3章), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 竹内 久裕 : 1. 顎機能障害の病因論と咬合異常(中野雅徳,坂東永一 編:咬合学と歯科臨床,第Ⅱ編,第4章), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 竹内 久裕 : 4. 歯科心身症と咬合(中野雅徳,坂東永一 編:咬合学と歯科臨床,第Ⅱ編,第4章), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 塩入 重彰, 久保 吉廣 : 「上顎欠損に対する新たなストラテジーー外科と補綴のコラボレーションー ーシンポジウムモデレーター総括ー, 顎顔面補綴, Vol.34, No.2, 55-58, 2011年12月. ...
閲覧 竹内 久裕 : 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査ー男女比,年齢構成と受診期間ー, 日本顎関節学会雑誌, Vol.25, 69, 2013年7月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 Tohru Nakanishi, Tomoichiro Yamaai, Masahiro Asano, Kumiko Nawachi, Misao Suzuki, Tomosada Sugimoto and Masaharu Takigawa : Overevpression of connective tissue growth factor/hypertrophic chondrocyte-specific gene product 24 decreases bone density in adult mice and induces dwarfism., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.281, No.3, 678-681, 2001.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.26, Max(EID) = 382216, Max(EOID) = 1020976.