『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 [科長]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科]

登録情報の数

有効な情報: 28件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 32件

全ての有効な情報 (28件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(28)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : 多田 恵曜, Seiji Kannuki, Kazuyuki Kuwayama, Yukio Kouyama : [Atypical presentation of a dermoid cyst with porencephaly], 脳神経外科, Vol.31, No.11, 1215-1220, (発行所), (都市), 2003年11月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji : Correlation between BNCT radiation dose and histopathological findings in BSH-based intra-operative BNCT for malignanat glioma, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji : Comparison and analysis of BNCT radiation dose between gold wire and JCDS measurement, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji : BNCT for malignant brain tumors in children, 12th International Congress on Neutron Capture Therapy, Takamatsu, Oct. 2006. ...
閲覧 影治 照喜 : 膠芽腫に対する非開頭BNCTの臨床経過, 平成18年度原子炉医療照射経過報告会, 2007年2月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji : Clinical trials in Japan(continued), Clinnical Traials for BNCT, Petten, Oct. 2007. ...
閲覧 影治 照喜 : Petroclival meningiomaに対する外科的治療と手術成績, 第67回日本脳神経外科学会学術総会, 2008年10月. ...
閲覧 影治 照喜 : 悪性胚細胞性腫瘍に対するneoadjuvant therapy後のsalvage surgery 意義と問題点, 第13回日本脳腫瘍の外科学会, 2008年10月. ...
閲覧 Teruyoshi Kageji : Clinical results and radiation dose of BSH,BPA-based non-operative BNCT with additional external beam irradiation, 13th International Congress on Neutron Capture Therapy, Florence, Nov. 2008. ...
閲覧 影治 照喜 : Intraosseous meningioma摘出時の頭蓋形成術, 第2回日本整容脳神経外科研究会, 2009年6月. ...
閲覧 影治 照喜 : 前頭蓋底部髄膜腫の手術アプローチ, 第14回日本脳腫瘍の外科学会, 2009年9月. ...
閲覧 影治 照喜 : Paraclinoidal meningioma に対する手術アプローチと治療成績-特にDolenc approachの有効性に関して-, 第68回日本脳神経外科学会総会, 2009年10月. ...
閲覧 中土井 芳弘 : 広汎性発達障害と併存精神障害, めんたる・へるす 徳島県精神保健福祉協会, Vol.59, 29-34, 2010年(0月). ...
閲覧 平澤 元浩 : 頚椎OPLLの再手術, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 多田 恵曜 : 新規マウス脳動脈瘤モデルを用いた,脳動脈瘤におけるマクロファージの役割, 第33回 日本バイオレオロジー学会, 2010年6月. ...
閲覧 多田 恵曜 : ラット脳動脈瘤モデルにおけるミネラルコルチコイド受容体の役割について, 第33回 日本バイオレオロジー学会, 2010年6月. ...
閲覧 中土井 芳弘 : 高機能広汎性発達障害における表情画像に対する前頭葉血液変化-多チャンネルNIRSを用いて-, 第51回日本児童青年精神医学会, 2010年10月. ...
閲覧 若松 成知 : 当院における超音波ガイド下神経ブロックの現状と問題点, 日本臨床麻酔学会第30回大会, 2010年11月. ...
閲覧 若松 成知 : くも膜嚢胞を合併した硬膜外膿瘍の一例, 日本臨床麻酔学会第30回大会, 2010年11月. ...
閲覧 中土井 芳弘 : てんかん精神病をきたした一例について, 徳島てんかんManagement Meeting, 2010年11月. ...
閲覧 平澤 元浩 : 脊髄硬膜動静脈瘻における術後ヘパリン化の必要性について, (誌名), (巻), (号), (頁), 2011年6月. ...
閲覧 平澤 元浩 : 胸椎変性疾患に対する後方除圧固定術の有用性, (誌名), (巻), (号), (頁), 2011年6月. ...
閲覧 石井 洋介, 入江 伸介, 稲垣 徹, 八木 謙次, 斉藤 修, 李 泰辰, 光木 徹, 中川 洋, 齋藤 孝次 : クリッピング後再発脳動脈瘤に対するクリッピング術:─Clip抜去による完全剝離と穿通枝温存─, 脳卒中の外科, Vol.42, No.6, 402-407, 2014年. ...
閲覧 Hiroshi Nakagawa, Koji Saito, Tohru Mitsugi, Kenji Yagi and Aya Kanno : Microdiscectomy and foraminotomy in cervical spondylotic myelopathy and radiculopathy: anterior versus posterior, microendoscopic surgery versus mini-open microsurgery., World Neurosurgery, Vol.81, No.2, 292-293, 2014. ...
閲覧 Hiroshi Nakagawa, Koji Saito, Tohru Mitsugi, Kenji Yagi and Aya Kanno : Unexpected neurological deterioration after spinal surgery., World Neurosurgery, Vol.81, No.5-6, 698-699, 2014. ...
閲覧 Hiroshi Nakagawa and Kenji Yagi : Advancement in atlantoaxial fixation., World Neurosurgery, Vol.82, No.1-2, e143-4, 2014. ...
閲覧 大北 真哉 : 不随意運動, 株式会社 医学書院, 東京, 2015年3月. ...
閲覧 平澤 元浩 : 腰椎変性疾患に対する経皮的椎弓根スクリューを用いた腰椎固定術の有用性と問題点, (誌名), (巻), (号), (頁), (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (4件)

閲覧 (種別) : Hao Liu, Keiko T. Kitazato, Masaaki Uno, Kenji Yagi, Yasuhisa Kanematsu, Tetsuya Tamura, Yoshiteru Tada, Tomoya Kinouchi and Shinji Nagahiro : Protective mechanisms of the angiotensin II type 1 receptor blocker candesartan against cerebral ischemia: in-vivo and in-vitro studies., Journal of Hypertension, Vol.26, No.7, 1435-1445, (発行所), (都市), July 2008.
閲覧 (種別) : Kenji Yagi, Keiko T. Kitazato, Masaaki Uno, Yoshiteru Tada, Tomoya Kinouchi, Kenji Shimada and Shinji Nagahiro : Edaravone, a free radical scavenger, inhibits MMP-9-related brain hemorrhage in rats treated with tissue plasminogen activator., Stroke, Vol.40, No.2, 626-631, (発行所), (都市), Dec. 2008.
閲覧 (種別) : Yoshiteru Tada, Keiko T. Kitazato, Tetsuya Tamura, Kenji Yagi, Kenji Shimada, Tomoya Kinouchi, Junichiro Satomi and Shinji Nagahiro : Role of mineralocorticoid receptor on experimental cerebral aneurysms in rats., Hypertension, Vol.54, No.3, 552-557, (発行所), (都市), July 2009.
閲覧 (種別) : Tetsuya Tamura, Mohammad A. Jamous, Keiko T. Kitazato, Kenji Yagi, Yoshiteru Tada, Masaaki Uno and Shinji Nagahiro : Endothelial damage due to impaired nitric oxide bioavailability triggers cerebral aneurysm formation in female rats., Journal of Hypertension, Vol.27, No.6, 1284-1292, (発行所), (都市), June 2010.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.48, Max(EID) = 382196, Max(EOID) = 1020944.