『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 倉科 昌 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])

登録情報の数

有効な情報: 71件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 73件

全ての有効な情報 (71件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(20)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(2)
閲覧 閲覧 筑波大学 …(5)
閲覧 閲覧 電気通信大学 …(1)
閲覧 閲覧 東京大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(20)
閲覧 閲覧 日立製作所 基礎研究所 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 理化学研究所 …(1)
閲覧 (未定義) …(7)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Hiroshi Nishihara, Masashi Kurashina and Masaki Murata : Organometallic Conducting Polymers Synthesized by Metallacycling Polymerization, Macromolecular Symposia, Vol.196, No.1, 27-38, 2003. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Masaki Murata, Noriko Watanabe and Hiroshi anishihara : Synthesis of Poly(biphenylene ruthenacyclopentatrienylene), a New Organometallic Conducting Polymer with Ferromagnetic Interaction in Its Reduced State, Journal of the American Chemical Society, Vol.125, No.41, 12420-12421, 2003. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Masaki Murata and Hiroshi Nishihara : Synthesis and Physical Properties of p-Conjugated Metallacycle Polymers of Cobalt and Ruthenium, Macromolecular Symposia, Vol.209, No.1, 141-162, 2004. ...
閲覧 浜田 剛志, 大嶋 紀一, 倉科 昌, 長谷川 雄大, 山野井 慶徳, 西原 寛, 有田 亮太郎, 諏訪 雄二, 黒木 和彦, 青木 秀夫 : 平坦バンド強磁性体として設計されたオリゴ[1-(ジメチルアミノ)ピロール]の電気化学及び磁気特性, 第52回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, (巻), (号), (頁), 2006年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二 : ニッケル層状水酸化物の合成と層剥離の検討, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月. ...
閲覧 若松 秀美, 倉科 昌, 金崎 英二 : Mg/Al層状複水酸化物へのインターカレーションによるオレンジIIの不溶化, 日本化学会第87春季年会, (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 嶋村 彰紘, 倉科 昌, 金崎 英二 : リン酸イオンを層間に含むMg/Al 層状複水酸化物の合成と物性, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月. ...
閲覧 江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二 : コバルト層状水酸化物の合成と微粒子化, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月. ...
閲覧 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルの調製と光化学特性, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月. ...
閲覧 Satoshi Yamashita, Takuya Shiga, Masashi Kurashina, Masayuki Nihei, Hiroyuki Nojiri, Hiroshi Sawa, Toru Kakiuchi and Hiroki Oshio : Manganese(III,IV) and Manganese(III) Oxide Clusters Trapped by Copper(II) Complexes, Inorganic Chemistry, Vol.46, No.10, 3810-3812, 2007. ...
閲覧 嶋村 彰紘, 杉原 紗矢, 倉科 昌, 金崎 英二 : 層間に有機物を含むMg-Al系層状複水酸化物の調製と特性評価, 第51回粘土科学討論会, 2007年9月. ...
閲覧 倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト,ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁性の検討, 第57回錯体化学討論会, 2007年9月. ...
閲覧 片山 周平, 三谷 恵理子, 三好 弘一, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包したメチルビオロゲンの光化学, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月. ...
閲覧 Toshiyuki Nakaya, Kosuke Namiki, Masaki Murata, Katsuhiko Kanaizuka, Masashi Kurashina, Takako Fujita and Hiroshi Nishihara : Electronic Communication in the Mixed-valence States of Cyclobutadienecobalt Complexes having Two Ferrocenes and Two Anthraquinones, Journal of Inorganic and Organometallic Polymers and Materials, Vol.18, No.1, 124-130, 2008. ...
閲覧 片山 周平, 三好 弘一, 三谷 恵理子, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包された長寿命メチルビオロゲンラジカルカチオンの生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Akio Eguchi, Eiji Kanezaki, Takuya Shiga and Hiroki Oshio : Syntheses and Properties of Cobalt and Nickel Hydroxide Nanosheets, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008. ...
閲覧 Yuichi Kamo, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Intercalation and De-intercalation of [Cu(EDTMP)]3- in Mg/Al-Layered Double Hydroxide, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008. ...
閲覧 Akihiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Thermal Behavior of Phosphate Intercalated Mg/Al-Layered Double Hydroxides, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008. ...
閲覧 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノ構造体に被包したメチルビオロゲンの光化学的挙動, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月. ...
閲覧 櫂谷 繁広, 日浦 宏一, 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : ルテニウム錯体を内部に高密度に固定し被包した酸化チタンナノ構造体の調製, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 井上 直紀, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : 遷移金属層状水酸化物のナノシート化による磁気的性質の変化, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月. ...
閲覧 加茂 佑一, 金崎 英二, 倉科 昌 : Cu(edtmp)錯体を含むMg/Al層状複水酸化物の可逆的な層構造変化, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月. ...
閲覧 舟越 俊弘, 倉科 昌, 金崎 英二 : 層状複水酸化物への[Eu(EDTMP)]錯体のインターカレーション, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月. ...
閲覧 武田 裕次, 久次米 博文, 江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二 : ニッケル及びコバルト水酸化物ナノシートの積層, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月. ...
閲覧 越智 貴亮, 倉科 昌, 金崎 英二 : リン酸イオンを含むMg-Fe層状複水酸化物からのリン酸溶出挙動, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月. ...
閲覧 舟越 俊弘, 倉科 昌, 金崎 英二 : Mg/Al層状複水物層間のEu3+からの発光強度の温度変化, 日本化学会第90春季年会, 2010年3月. ...
閲覧 AkIhiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Thermal behavior of phosphate intercalated Mg/Al-layered double hydroxides, International Journal of Modern Physics B, Vol.24, No.15n16, 3226-3229, 2010. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Akio Eguchi, Eiji Kanezaki, Takuya Shiga and Hiroki Oshio : Synthesis and Properties of Cobalt and Nickel Hydroxide Nanosheets, International Journal of Modern Physics B, Vol.24, No.15n16, 2291-2296, 2010. ...
閲覧 天津 智大, 倉科 昌, 金崎 英二 : リン酸を含むZn/Fe層状複水酸化物での層間イオンのイオン交換, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月. ...
閲覧 Kennichi Muranishi, Akihiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Grafting interlayer MoO4 2- in Mg/Al layered double hydroxide by thermal treatment below collapsing the layered structure, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2011, Tokushima, July 2011. ...
閲覧 Hirokazu Miyoshi, Kensho Sakamoto, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Photo-induced Electron Accumulation of Titanium Dioxide Nanoparticle Modified Electrodes, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2011, Tokushima, July 2011. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Tomohiro Amatsu, Takaaki Ochi, Nozomi Ohigashi and Eiji Kanezaki : Elution Behavior of Phosphate Contained in Mg/Fe and Zn/Fe Layered Double Hydroxides, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2011, Tokushima, July 2011. ...
閲覧 増田 真之, 倉科 昌, 金崎 英二 : FeII/FeIII層状複水酸化物(Green rust)を経由したナノシートの合成, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月. ...
閲覧 Kennichi Muranishi, Akihiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Grafting interlayer MoO4 2- in Mg/Al layered double hydroxide by thermal treatment below collapsing the layered structure, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, No.1, 127-132, 2012. ...
閲覧 Hirokazu Miyoshi, Kensho Sakamoto, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Photoinduced Electron Accumulation of Titanium Dioxide Nanoparticle Modified Electrodes, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, No.1, 61-66, 2012. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Tomohiro Amatsu, Takaaki Ochi, Nozomi Ohigashi and Eiji Kanezaki : Elution Behavior of Phosphate Contained in Mg/Fe and Zn/Fe Layered Double Hydroxide, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, No.1, 156-161, 2012. ...
閲覧 倉科 昌 : リン酸を含むMg/FeおよびZn/Fe層状複水酸化物の溶出挙動, エンジニアリングフェスティバル2012, 2012年9月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Yuuji Taketa, Eri Yasui, Hirohumi Kujime, Akio Eguchi and Eiji Kanezaki : Assembly of Nickel and Cobalt Hydroxide Nanosheets by Stacking, International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN) 2012, Brisbane, Oct. 2012. ...
閲覧 Masashi Kurashina : Removal of oxyanions by use of layered double hydroxides, Bilateral Research Symposium, (巻), (号), (頁), Auckland, Oct. 2012. ...
閲覧 田中 惇浩, 倉科 昌, 金崎 英二 : 層状複水酸化物を用いたモリブデン酸イオンの吸着, 2012年日本化学会西日本大会, 2012年11月. ...
閲覧 増田 真之, 倉科 昌, 金崎 英二 : Fe(II)/Fe(III)層状複水酸化物の層剥離を経由したレピドクロサイト(γ-FeOOH)ナノシートの合成, 日本化学会第93春季年会, 2013年3月. ...
閲覧 倉科 昌 : 注目の論文 100倍に膨らむ無機層状物質, --- 瞬く間に膨らんで,またもとどおり ---, 化学, Vol.68, No.8, 61-62, 2013年8月. ...
閲覧 小川 友希, 倉科 昌, 金崎 英二 : 粘土層間にあるリン酸イオンの肥料への応用, 第3回CSJ化学フェスタ2013, 2013年10月. ...
閲覧 倉科 昌 : 遷移金属層状水酸化物からのナノシート合成, 錯体化学会第63回討論会, 2013年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 田中 惇浩, 大西 孝二, 金崎 英二 : Mg/Al層状複水酸化物によるモリブデン酸イオンの吸着, 日本海水学会第65年会, 2014年6月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Tatsuki Inoue, Chihiro Tajima and Eiji Kanezaki : Removal of borate by coprecipitation with Mg/Al layered double hydroxide, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, July 2014. ...
閲覧 Yuki Ogawa, Masashi Kurashina, Eiji Kanezaki and Takashi Yamamoto : Effect of aging method on adsorption and elution of phosphate in Mg/Fe layered double hydroxide, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2014, Busan, July 2014. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物を用いたオキソ酸の除去と利用 ∼モリブデン酸・ホウ酸・リン酸∼, 日本海水学会若手会 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2014年9月. ...
閲覧 山城 美咲, 倉科 昌, 金崎 英二 : ドデシルベンゼンスルホン酸を含む銅水酸化物ナノシートの合成, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月. ...
閲覧 小川 友希, 倉科 昌, 金崎 英二 : Mg/Fe層状複水酸化物からのリン酸イオンの溶出, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 田中 惇浩, 大西 孝二, 井上 樹, 田嶋 千裕, 金崎 英二 : Mg/Al層状複水酸化物を用いたモリブデン酸・ホウ酸の吸着, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Tatsuki Inoue, Chihiro Tajima and Eiji Kanezaki : Removal of borate by coprecipitation with Mg/Al layered double hydroxide, Modern Physics Letters. B, Vol.29, No.6 & 7, 1540031, 2015. ...
閲覧 Yamanoi Yoshinori, Takahashi Kazuhiro, Hamada Takeshi, Ohshima Norikazu, Masashi Kurashina, Hattori Yohei, Kusamoto Tetsuro, Sakamoto Ryota, Miyachi Mariko and Nishihara Hiroshi : Synthesis, characterization, and physical properties of oligo(1-(N,N-dimethylamino)pyrrole)s and their doped forms, precursors of candidates for molecular flat-band ferromagnets, Journal of Materials Chemistry. C, Materials for Optical and Electronic Devices, Vol.3, No.17, 4316-4320, 2015. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物を用いたオキソ酸の除去と利用, 日本海水学会第66年会, 2015年6月. ...
閲覧 Yuki Ogawa, Masashi Kurashina, Eiji Kanezaki and Takashi Yamamoto : Effect of Aging Method on Adsorption and Elution of Phosphate in Mg/Fe Layered Double Hydroxide, Advanced Materials Research, Vol.1110, 287-290, 2015. ...
閲覧 倉科 昌, 小川 友希, 金崎 英二 : Mg/Fe層状複水酸化物の熟成方法によるリン酸イオン吸脱着と結晶子サイズの変化, 第59 回粘土科学討論会, 2015年9月. ...
閲覧 倉科 昌, 小川 友希, 金崎 英二 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の制御, 第2回日本海水学会若手会 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2015年10月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Yuki Ogawa and Eiji Kanezaki : Effect of aging method on adsorption and elution of phosphate in Mg/Fe layered double hydroxide, Pacifichem 2015, Honolulu, Dec. 2015. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 日本海水学会第67年会, 2016年6月. ...
閲覧 倉科 昌 : レーダー 無機層状化合物の剥離ナノシートの複合体と機能, 化学と教育, Vol.64, No.9, 446-447, 2016年9月. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 第3回日本海水学会若手会 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2016年10月. ...
閲覧 倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 日本海水学会第68年会, 2017年6月. ...
閲覧 倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 第4回海水・生活・化学連携シンポジウム, 2017年10月. ...
閲覧 倉科 昌, 約150名以上 共同執筆 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 鈴鹿 史明, 安澤 幹人 : 酵素または銅ナノ構造を用いたグルコース酸化電極, 日本海水学会第69年会, 2018年6月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Ikeuchi Daiki, Ohara Masaki, Toshio Takayanagi and Mikito Yasuzawa : Syntheses and properties of copper hydroxide nanosheets and controlled deposition, International Journal of Modern Physics B, Vol.32, No.19, 1840047-1-1840047-5, 2018. ...
閲覧 Mikito Yasuzawa, Nakataki Shinsaku, Li Jiang, Masashi Kurashina and Harada Toshihiko : Sensitivity Improvement of a Low-Invasive Type Amperometric Glucose Sensor, Americas International Meeting on Electrochemistry and Solid State Science (AiMES 2018), (巻), (号), (頁), Cancun, Oct. 2018. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Suzuka Fumiaki and Mikito Yasuzawa : Electrochemical Oxidation of Glucose Using Copper Hydroxide Nanosheets, Americas International Meeting on Electrochemistry and Solid State Science (AiMES 2018), (巻), (号), (頁), Cancun, Oct. 2018. ...
閲覧 HO HONG QUYEN, 森下 雄太, 柴田 和希, 倉科 昌, 安澤 幹人, 平賀 由起, 梶浦 平旭 : Synthesis of borate adsorbent using chitosan nanofiber, 日本海水学会第70年会, (巻), (号), (頁), 2019年6月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 (種別) : 倉科 昌, 江口顕生 (名), 金崎 英二 : ニッケル層状水酸化物の合成と層剥離の検討, 日本化学会第87春季年会, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), 2007年3月.
閲覧 河村 保彦, 高木 均, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 上田 隆雄, 上野 勝利, 渦岡 良介, 岡部 健士, 木戸 崇博, 塚越 雅幸, 野田 稔, 橋本 親典, 三神 厚, 武藤 裕則, 渡邉 健, 倉科 昌, 中村 真紀, 鈴木 良尚, 岡本 敏弘, 黒田 トクエ, 山下 陽子, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香, 武政 康平 : 安全マニュアル, 徳島大学 工学部, 徳島, 2015年3月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 360453, Max(EOID) = 965402.