『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 [教務委員会委員]/[徳島大学.医学部.保健学科]

登録情報の数

有効な情報: 4件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 5件

全ての有効な情報 (4件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(3)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Takashi Yamakawa, Mitsuaki Shinotoh, Toshikatsu Taniki, Osamu Yasuda, Masaki Hamagaki, Kan Kondoh, Akiyosi Yamamoto, Satoshi Mumoto, Sueyoshi Itoh, Mitsunori Sasa and Tadaoki Morimoto : carcinoma in situ of the breast, --- Is breast conserving treatmart feasible ? ---, Breast Cancer, Vol.3, No.2, 119-123, 1996. ...
閲覧 Tadaoki Morimoto, Michio Ogawa, Kunzo Orita, Keizo Sugimachi, Tetsuya Toge, Kiyohiko Dohi, Yasuo Nomura, Yasumasa Monden and Nobuya Ogawa : Postoperative adjuvant randomized trial comparing chemoendocrine therapy, chemotherapy and immunotherapy for patients with stageII breast cancer, --- 5-year results from The Nishinihon cooperative study group of Adjuvant Chemoendocrine Therapy for Breast Cancer (ACETBC) of Japan ---, European Journal of Cancer, Vol.32A, No.2, 235-242, 1996. ...
閲覧 Takashi Yamakawa, Mitsuaki Shinotoh, Toshikatsu Taniki, Osamu Yasuda, Masaki Hamagaki, Kan Kondoh, Akiyosi Yamamoto, Satoshi Mumoto, Sueyoshi Itoh, Mitsunori Sasa and Tadaoki Morimoto : Ductal Carcinoma In Situ of the Breast: Is Breast Conserving Treatment Feasible?, Breast Cancer, Vol.3, No.2, 119-123, 1996. ...
閲覧 H Blaszyk, A Hartmann, Y Tamura, S Saitoh, JM Cunningham, RM McGovern, JJ Schroeder, DJ Schaid, K Ii, Y Monden, Tadaoki Morimoto, Kansei Komaki, M Sasa, K Hirata, M Okazaki, JS Kovach and SS Sommer : Molecular epidemiology of breast cancers in northern and southern Japan: the frequency, clustering, and patterns of p53 gene mutations differ among these two low-risk populations, Oncogene, Vol.13, No.10, 2159-2166, 1996. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 Tadaoki Morimoto, Michio Ogawa, Kunzo Orita, Keizo Sugimachi, Tetsuya Toge, Kiyohiko Dohi, Yasuo Nomura, Yasumasa Monden and Nobuya Ogawa : Postoperative adjuvant randomised trial comparing chemoendocrine therapy, chemotherapy and immunotherapy for patients with stage II breast cancer: 5-year results from the Nishinihon Cooperative Study Group of Adjuvant Chemoendocrine Therapy for Breast Cancer (ACETBC) of Japan, European Journal of Cancer, Vol.32A, No.2, 235-242, 1996.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.47, Max(EID) = 377115, Max(EOID) = 1009916.