『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 淺岡 憲三

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 9件 = 全ての情報: 9件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (9件)

閲覧 淺岡 憲三 : 計算機シミュレーション法の歯科への応用, 口腔病学会誌, Vol.41, No.4, 81, 1974年.
閲覧 Kenzo Asaoka, Kenichi Yoshida, Kenichi Hamada and Masayuki Kon : Acoustic Emission and Thermal Expansion Measurements for Gypsum-bonded Investment in Casting Flask during Thermal Processing, Dentistry in Japan, Vol.35, No.3, 89-93, 1999.
閲覧 (著者) : Calcium phosphate cements prepared utilizing calcium carbonate whiskers, Journal of Dental Research, Vol.81, No.Spec A, 193, San Diego, March 2002.
閲覧 Miho Tomita, Ken'ichi Yokoyama, Kenzo Asaoka and Junichi Sakai : Hydrogen thermal desorption behavior of Ni-Ti superelastic alloy subjected to tensile deformation after hydrogen charging, Materials Science and Engineering A, Vol.476, No.1, 308-315, 2008.
閲覧 淺岡 憲三 : コア歯科理工学, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年3月.
閲覧 Kenzo Asaoka : Hydrogen related delayed fracture of medical and dental titanium devices, The 6th Asian Science Seminar in Taiwan, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2010.
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系微粒子の現状と課題, 日本歯科理工学会誌, Vol.30, No.2, 6, 2011年4月.
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系微粒子の現状と課題, 日本歯科理工学会誌, Vol.30, No.2, 6, 2011年4月.
閲覧 Kenzo Asaoka : Porosity of dental gypsum investments in setting and heating process, International Dental Materials Congress 2011, (巻), (号), (頁), (都市), May 2011.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 377926, Max(EOID) = 1011309.