『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

登録情報の数

有効な情報: 143149件 + 無効な情報: 10012件 = 全ての情報: 153161件

全ての有効な情報 (143149件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34082)
閲覧 閲覧 IOS Press …(4)
閲覧 閲覧 愛知学院大学 …(12)
閲覧 閲覧 株式会社アーツテックラボ …(14)
閲覧 閲覧 青山学院大学 …(71)
閲覧 閲覧 明石工業高等専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 秋田大学 …(6)
閲覧 閲覧 アジア教育史学会 …(2)
閲覧 閲覧 専門学校 穴吹カレッジ …(1)
閲覧 閲覧 阿南化成株式会社 …(6)
閲覧 閲覧 阿南工業高等専門学校 …(26)
閲覧 閲覧 天野製薬株式会社 …(6)
閲覧 閲覧 アメリカ化学会 …(3)
閲覧 閲覧 米国骨代謝学会 …(2)
閲覧 閲覧 阿波学会 …(8)
閲覧 閲覧 阿波スピンドル 株式会社 …(5)
閲覧 閲覧 株式会社 医学書院 …(2)
閲覧 閲覧 株式会社 医学生物学研究所 …(2)
閲覧 閲覧 石川島播磨重工業 株式会社 …(4)
閲覧 閲覧 伊勢谷研究所 …(1)
閲覧 閲覧 ウィーン大学東洋研究所 …(23)
閲覧 閲覧 宇宙航空研究開発機構 …(6)
閲覧 閲覧 英国王立化学会 …(2)
閲覧 閲覧 英国物理学会 …(4)
閲覧 閲覧 (株)エコー …(5)
閲覧 閲覧 NPO法人クラブネッツ …(1)
閲覧 閲覧 愛媛大学 …(3)
閲覧 閲覧 愛媛大学英文学会 …(1)
閲覧 閲覧 応用物理学会 …(15)
閲覧 閲覧 大分大学 …(1)
閲覧 閲覧 大阪教育大学 …(1)
閲覧 閲覧 大阪産業大学 …(6)
閲覧 閲覧 大阪市援助技術研究室 …(1)
閲覧 閲覧 大阪歯科大学 …(2)
閲覧 閲覧 大阪市立大学 …(31)
閲覧 閲覧 大阪市立大学大学院 …(2)
閲覧 閲覧 大阪体育大学 …(14)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(133)
閲覧 閲覧 大阪府立大学 …(26)
閲覧 閲覧 大妻女子大学 …(10)
閲覧 閲覧 株式会社 大林組 …(3)
閲覧 閲覧 岡山県立大学 …(8)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(12)
閲覧 閲覧 お茶の水女子大学 …(2)
閲覧 閲覧 帯広畜産大学 …(6)
閲覧 閲覧 独立行政法人 科学技術振興機構 (2003年10月1日〜/->組織[科学技術振興事業団]) …(1)
閲覧 閲覧 科学技術振興事業団 (1996年10月1日〜2003年9月30日) …(5)
閲覧 閲覧 香川医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 香川県産業技術センター …(9)
閲覧 閲覧 香川県歯科医師会 …(1)
閲覧 閲覧 香川県立中央病院 …(1)
閲覧 閲覧 香川高等専門学校 …(5)
閲覧 閲覧 香川大学 …(6)
閲覧 閲覧 学習院大学 …(10)
閲覧 閲覧 鹿児島大学 …(4)
閲覧 閲覧 可視化情報学会 …(1)
閲覧 閲覧 鹿島建設株式会社 …(24)
閲覧 閲覧 財団法人河川環境管理財団 …(1)
閲覧 閲覧 金沢大学 …(21)
閲覧 閲覧 川崎医科大学 …(4)
閲覧 閲覧 川崎医療福祉学会 …(1)
閲覧 閲覧 (有)環境とまちづくり …(1)
閲覧 閲覧 関西国際大学 …(5)
閲覧 閲覧 関西女学院短期大学 (1987年4月1日〜1998年3月31日) …(3)
閲覧 閲覧 関西大学 …(1)
閲覧 閲覧 関西保育福祉専門学校 …(24)
閲覧 閲覧 基礎生物学研究所 …(4)
閲覧 閲覧 北九州市立大学 …(10)
閲覧 閲覧 岐阜大学 …(1)
閲覧 閲覧 九州大学 …(212)
閲覧 閲覧 九州大学大学院英語学·英文学研究会 …(4)
閲覧 閲覧 教育システム情報学会 …(5)
閲覧 閲覧 株式会社 ぎょうせい …(46)
閲覧 閲覧 京都教育大学 …(1)
閲覧 閲覧 京都工芸繊維大学 …(10)
閲覧 閲覧 京都大学 …(203)
閲覧 閲覧 共立出版株式会社 …(1)
閲覧 閲覧 近畿大学 …(5)
閲覧 閲覧 クインテッセンス出版 株式会社 …(2)
閲覧 閲覧 熊本大学 …(54)
閲覧 閲覧 株式会社 グリーンネット …(1)
閲覧 閲覧 群馬大学 …(6)
閲覧 閲覧 慶應義塾大学 …(15)
閲覧 閲覧 芸術科学会 …(1)
閲覧 閲覧 計測自動制御学会 …(7)
閲覧 閲覧 言語処理学会 …(2)
閲覧 閲覧 (株)建設材料試験所 …(1)
閲覧 閲覧 株式会社 建帛社 …(1)
閲覧 閲覧 口腔病学会 …(1)
閲覧 閲覧 高速道路調査会 …(1)
閲覧 閲覧 硬組織再生生物学会 …(1)
閲覧 閲覧 高知医科大学 …(2)
閲覧 閲覧 高知大学 …(4)
閲覧 閲覧 社団法人 高分子学会 …(1)
閲覧 閲覧 神戸市立工業高等専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 神戸大学 …(14)
閲覧 閲覧 独立行政法人 港湾空港技術研究所 …(3)
閲覧 閲覧 国際協力事業団 …(12)
閲覧 閲覧 国際交流基金 ソウル文化センター …(1)
閲覧 閲覧 国際語用論学会 …(1)
閲覧 閲覧 国際歯科研究学会 …(2)
閲覧 閲覧 国土交通省国土地理院 …(1)
閲覧 閲覧 大学共同利用機関法人 情報·システム研究機構 国立遺伝学研究所 …(2)
閲覧 閲覧 独立行政法人 国立環境研究所 …(3)
閲覧 閲覧 国立がんセンター研究所 …(13)
閲覧 閲覧 材料試験所 …(2)
閲覧 閲覧 佐賀大学 …(6)
閲覧 閲覧 札幌医科大学 …(5)
閲覧 閲覧 財団法人 札幌国際プラザ …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(237)
閲覧 閲覧 三修社 …(2)
閲覧 閲覧 株式会社 シーエムシー出版 …(1)
閲覧 閲覧 自衛隊中央病院 …(1)
閲覧 閲覧 滋賀医科大学 …(24)
閲覧 閲覧 歯科基礎医学会 …(2)
閲覧 閲覧 史学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 四国建設弘済会 …(1)
閲覧 閲覧 四国歯学会 …(5)
閲覧 閲覧 四国地盤情報活用協議会 …(1)
閲覧 閲覧 株式会社 四国総合研究所 …(1)
閲覧 閲覧 四国大学 …(14)
閲覧 閲覧 静岡大学 …(1)
閲覧 閲覧 システム制御情報学会 …(15)
閲覧 閲覧 社団法人 自動車技術会 …(1)
閲覧 閲覧 株式会社シノテスト …(3)
閲覧 閲覧 芝浦工業大学・工学部 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 地盤工学会 …(14)
閲覧 閲覧 島根県立大学 …(1)
閲覧 閲覧 島根大学 …(15)
閲覧 閲覧 (社)地盤工学会四国支部 …(5)
閲覧 閲覧 種生物学会 …(1)
閲覧 閲覧 首都大学東京 …(2)
閲覧 閲覧 上越教育大学 …(6)
閲覧 閲覧 小学館 …(1)
閲覧 閲覧 上智大学 …(1)
閲覧 閲覧 情報処理学会 …(3)
閲覧 閲覧 昭和大学 …(5)
閲覧 閲覧 市立長浜病院 …(1)
閲覧 閲覧 信州大学 …(5)
閲覧 閲覧 人文地理学会 …(2)
閲覧 閲覧 (独法)水産工学研究所土木工学部 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 水産大学校 …(26)
閲覧 閲覧 聖学院大学 …(1)
閲覧 閲覧 清華大学 …(1)
閲覧 閲覧 生態系工学研究会 …(1)
閲覧 閲覧 政府 …(30)
閲覧 閲覧 世界思想社 …(1)
閲覧 閲覧 欧州工学教育協会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 セメント協会 …(2)
閲覧 閲覧 全国英語教育学会 …(1)
閲覧 閲覧 全国語学教育学会 …(15)
閲覧 閲覧 創元社 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人労働者健康福祉機構 総合せき損センター …(1)
閲覧 閲覧 大学教育学会 …(1)
閲覧 閲覧 大学等環境安全協議会 …(1)
閲覧 閲覧 大昭和精機 株式会社 …(2)
閲覧 閲覧 (財)ダイヤ高齢社会研究財団 …(3)
閲覧 閲覧 高松工業高等専門学校 …(7)
閲覧 閲覧 詫間電波高等専門学校 …(14)
閲覧 閲覧 地球惑星科学関連学会合同大会 …(2)
閲覧 閲覧 千葉県水産研究センター …(1)
閲覧 閲覧 千葉大学 …(1)
閲覧 閲覧 中·四国矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 筑波大学 …(67)
閲覧 閲覧 鶴見大学 …(5)
閲覧 閲覧 財団法人 鉄道総合技術研究所 …(1)
閲覧 閲覧 電気学会 …(5)
閲覧 閲覧 電気通信大学 …(5)
閲覧 閲覧 財団法人 電気通信普及財団 …(1)
閲覧 閲覧 電子情報通信学会 …(17)
閲覧 閲覧 株式会社 デンタルダイヤモンド社 …(1)
閲覧 閲覧 電力中央研究所 …(11)
閲覧 閲覧 東海大学 …(3)
閲覧 閲覧 東京医科歯科大学 …(40)
閲覧 閲覧 東京教育大学 (1949年6月1日〜1978年3月31日) …(1)
閲覧 閲覧 東京芸術大学 …(32)
閲覧 閲覧 東京工業大学 …(3)
閲覧 閲覧 東京大学 …(42)
閲覧 閲覧 東京大学出版会 …(1)
閲覧 閲覧 東京都立大学 …(66)
閲覧 閲覧 東京都臨床医学総合研究所 …(5)
閲覧 閲覧 東京都老人総合研究所 …(4)
閲覧 閲覧 東京農工大学 …(14)
閲覧 閲覧 東京理科大学 …(8)
閲覧 閲覧 同志社大学 …(3)
閲覧 閲覧 中国·同済大学 …(3)
閲覧 閲覧 東邦大学·医学部 …(1)
閲覧 閲覧 東北大学 …(84)
閲覧 閲覧 財団法人とくしま``あい''ランド推進協議会 …(2)
閲覧 閲覧 徳島医学会 …(3)
閲覧 閲覧 徳島県 …(54)
閲覧 閲覧 徳島県企業スポーツ協議会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島県歯科医師会 …(1)
閲覧 閲覧 財団法人 徳島県スポーツ振興財団 …(1)
閲覧 閲覧 財団法人徳島県体育協会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島県立城南高等学校 …(2)
閲覧 閲覧 徳島市 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 徳島新聞社 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(34082)
閲覧 閲覧 徳島大学英語英文学会 …(3)
閲覧 閲覧 財団法人 とくしま地域政策研究所 …(3)
閲覧 閲覧 徳島地域文化研究会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島地方史研究会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島地理学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島乳腺研究会 …(4)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(49)
閲覧 閲覧 戸田工業株式会社 …(1)
閲覧 閲覧 鳥取大学 …(7)
閲覧 閲覧 社団法人 土木學會 …(56)
閲覧 閲覧 富山医科薬科大学 …(1)
閲覧 閲覧 富山大学 …(5)
閲覧 閲覧 財団法人 豊田理化学研究所 …(1)
閲覧 閲覧 豊橋技術科学大学 …(155)
閲覧 閲覧 トロント大学化学科 …(3)
閲覧 閲覧 株式会社 永井書店 …(1)
閲覧 閲覧 長崎大学 …(14)
閲覧 閲覧 株式会社 ナカテツ …(1)
閲覧 閲覧 株式会社 中山書店 …(4)
閲覧 閲覧 名古屋市立大学 …(4)
閲覧 閲覧 名古屋工業大学 …(17)
閲覧 閲覧 名古屋大学 …(56)
閲覧 閲覧 浪速短期大学 (〜2000年3月31日) …(1)
閲覧 閲覧 奈良女子大学 …(3)
閲覧 閲覧 奈良先端科学技術大学院大学 …(2)
閲覧 閲覧 鳴門教育大学 …(17)
閲覧 閲覧 鳴門市 …(4)
閲覧 閲覧 鳴門市ドイツ館史料研究会 …(1)
閲覧 閲覧 西村器械 …(1)
閲覧 閲覧 日本女子大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本薬学会 …(19)
閲覧 閲覧 社団法人 日本医学放射線学会 …(6)
閲覧 閲覧 日本医歯薬専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 日本医用画像工学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本英文学会 …(4)
閲覧 閲覧 日本栄養改善学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本NIE学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本ME学会 (2001年4月1日〜/->組織[日本ME学会]) …(6)
閲覧 閲覧 日本応用地質学会 …(5)
閲覧 閲覧 日本オペレーションズ·リサーチ学会 …(7)
閲覧 閲覧 日本音響学会 …(4)
閲覧 閲覧 日本外傷歯学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本解剖学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本化学会 …(38)
閲覧 閲覧 日本科学者会議 …(2)
閲覧 閲覧 日本顎関節学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本家政学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本家族看護学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本学校保健学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本火薬学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本癌学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本看護科学学会 …(4)
閲覧 閲覧 日本看護学教育学会 …(3)
閲覧 閲覧 社団法人 日本看護協会 …(3)
閲覧 閲覧 日本看護研究学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本機械学会 …(22)
閲覧 閲覧 日本技術士会 …(1)
閲覧 閲覧 日本教育工学会 (1983年0月初日〜) …(7)
閲覧 閲覧 日本矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本金属学会 …(10)
閲覧 閲覧 日本経営システム学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本結晶学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本結晶成長学会 …(4)
閲覧 閲覧 社団法人 日本建築学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本高圧力学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本工学教育協会 …(13)
閲覧 閲覧 日本光学会 …(8)
閲覧 閲覧 日本工業出版 株式会社 …(6)
閲覧 閲覧 日本口腔インプラント学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本航空宇宙学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本口腔衛生学会 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 日本口腔外科学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本行動計量学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本語教育史研究会 …(1)
閲覧 閲覧 日本語文学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本細菌学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本材料学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本歯科医学教育学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本歯科放射線学会 …(6)
閲覧 閲覧 日本歯科保存学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本磁気歯科学会 …(11)
閲覧 閲覧 日本歯周病学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本地すべり学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本社会教育学会 …(8)
閲覧 閲覧 財団法人 日本消化器病学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本小児歯科学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本植民地教育史研究会 …(3)
閲覧 閲覧 日本助産学会 …(5)
閲覧 閲覧 日本睡眠学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本数学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本生化学会 …(17)
閲覧 閲覧 社団法人 日本生体医工学会 (->組織[日本ME学会]) …(3)
閲覧 閲覧 日本生態学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本生物物理学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本生理学会 …(4)
閲覧 閲覧 財団法人 日本体育協会 …(13)
閲覧 閲覧 日本大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本第四紀学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本地域学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本地球化学会 …(20)
閲覧 閲覧 日本地形学連合 …(1)
閲覧 閲覧 日本地質学会 …(34)
閲覧 閲覧 「日本·中東イスラーム関係の再構築」研究会 …(1)
閲覧 閲覧 日本地理学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本鉄鋼協会 …(2)
閲覧 閲覧 日本電気(株) …(1)
閲覧 閲覧 日本電池 株式会社 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本糖尿病学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本糖尿病教育·看護学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本独文学会 …(10)
閲覧 閲覧 社団法人 日本内科学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本乳癌学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本燃焼学会 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 日本農芸化学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本比較教育学会 …(4)
閲覧 閲覧 社団法人 日本非破壊検査協会 …(3)
閲覧 閲覧 日本表面科学会 …(4)
閲覧 閲覧 社団法人 日本病理学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本ファジィ学会 …(6)
閲覧 閲覧 日本物理学会 …(15)
閲覧 閲覧 日本フランス語フランス文学会 …(3)
閲覧 閲覧 社団法人 日本分光学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本分子生物学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本分析化学会 …(4)
閲覧 閲覧 日本分析化学会 中国四国支部 …(1)
閲覧 閲覧 日本ベントス学会 …(2)
閲覧 閲覧 日本放射線安全管理学会 …(3)
閲覧 閲覧 社団法人 日本放射線技術学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本放射線腫瘍学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本母性衛生学会 …(5)
閲覧 閲覧 日本補綴歯科学会 …(4)
閲覧 閲覧 日本免疫学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本薬理学会 …(3)
閲覧 閲覧 日本リハビリテーション工学協会 …(1)
閲覧 閲覧 日本流星研究会 …(1)
閲覧 閲覧 ニューヨーク州保健局ワズワース研究所 …(6)
閲覧 閲覧 ハーバード大学医学部 …(1)
閲覧 閲覧 橋本特殊工業(株) …(10)
閲覧 閲覧 日立製作所 基礎研究所 …(1)
閲覧 閲覧 一橋大学 …(4)
閲覧 閲覧 兵庫県 …(1)
閲覧 閲覧 兵庫地理学協会 …(1)
閲覧 閲覧 弘前大学 …(8)
閲覧 閲覧 広島修道大学 …(4)
閲覧 閲覧 広島大学 …(100)
閲覧 閲覧 福井大学 …(3)
閲覧 閲覧 福岡教育大学 …(2)
閲覧 閲覧 福岡大学 …(31)
閲覧 閲覧 独立行政法人 物質·材料研究機構 …(25)
閲覧 閲覧 物性デバイス講座 …(17)
閲覧 閲覧 物理系学術誌刊行協会 …(1)
閲覧 閲覧 文教大学人間科学部 …(5)
閲覧 閲覧 文光堂 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 放射線医学総合研究所 …(6)
閲覧 閲覧 放送大学 …(2)
閲覧 閲覧 星薬科大学 …(5)
閲覧 閲覧 北海道大学 …(56)
閲覧 閲覧 株式会社松浦機械製作所 …(6)
閲覧 閲覧 松山大学 …(18)
閲覧 閲覧 三重大学 …(40)
閲覧 閲覧 三菱ウェルファーマ 株式会社 …(2)
閲覧 閲覧 宮崎大学 …(6)
閲覧 閲覧 株式会社 メディカ出版 …(1)
閲覧 閲覧 森永乳業株式会社 …(3)
閲覧 閲覧 八洲電業株式会社 …(1)
閲覧 閲覧 山形大学 …(10)
閲覧 閲覧 山口県立大学 …(7)
閲覧 閲覧 山口大学 …(6)
閲覧 閲覧 山梨大学 …(9)
閲覧 閲覧 ユタ大学 …(6)
閲覧 閲覧 横浜国立大学 …(4)
閲覧 閲覧 株式会社 吉川弘文館 …(1)
閲覧 閲覧 株式会社 四電技術コンサルタント …(3)
閲覧 閲覧 独立行政法人 理化学研究所 …(1)
閲覧 閲覧 立命館大学 …(11)
閲覧 閲覧 琉球大学 …(1)
閲覧 閲覧 流通科学大学 …(3)
閲覧 閲覧 社団法人 レーザー学会 …(2)
閲覧 閲覧 歴史地理学会 …(1)
閲覧 閲覧 和歌山工業高等専門学校 …(12)
閲覧 閲覧 和歌山大学 …(111)
閲覧 閲覧 和歌山大学大学院システム工学研究科 …(15)
閲覧 閲覧 早稲田大学 …(23)
閲覧 閲覧 広島大学原爆放射線医科学研究所 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学総合科学部 …(9)
閲覧 閲覧 産業技術短大 …(1)
閲覧 閲覧 韓国海洋大学 …(3)
閲覧 閲覧 首都大学東京 …(10)
閲覧 閲覧 Academy of Russia …(1)
閲覧 閲覧 American Dental Association …(1)
閲覧 閲覧 American Institute of Physics …(7)
閲覧 閲覧 American Physical Society …(8)
閲覧 閲覧 Chang-Gung Memorial Hospital,Taiwan …(2)
閲覧 閲覧 Computer Assisted Radiology and Surgery …(1)
閲覧 閲覧 Elsevier (->組織[Elsevier Science]) …(4)
閲覧 閲覧 Elsevier Science …(5)
閲覧 閲覧 Elsevier Science B.V. …(16)
閲覧 閲覧 Elsevier Science Inc. USA …(2)
閲覧 閲覧 English Teachers in Japan …(1)
閲覧 閲覧 European Society for Research on the Education of Adults …(5)
閲覧 閲覧 Gordon and Breach Science Publishers (->組織[Taylor & Francis]) …(6)
閲覧 閲覧 IEEE …(13)
閲覧 閲覧 Institut d'histoire et de philosophie des sciences et des techniques …(1)
閲覧 閲覧 International Association for Statistical Computing …(2)
閲覧 閲覧 International Conference on Higher Education …(3)
閲覧 閲覧 International Conference on Lifelong Learning …(1)
閲覧 閲覧 Johns Hopkins University School of Medicine …(1)
閲覧 閲覧 Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) …(2)
閲覧 閲覧 Korea Institute of Construction Technology …(2)
閲覧 閲覧 Medical College of Wisconsin …(9)
閲覧 閲覧 Nizhny Novgorod University …(6)
閲覧 閲覧 Optical Society of America …(18)
閲覧 閲覧 Oxford University Press …(1)
閲覧 閲覧 Slovenian Institute for Adult Education …(1)
閲覧 閲覧 SPIE The International Society for Optical Engineering …(2)
閲覧 閲覧 Springer …(3)
閲覧 閲覧 Springer New York …(1)
閲覧 閲覧 Springer-Verlag …(3)
閲覧 閲覧 Teachers of English to Speakers of Other Languages …(3)
閲覧 閲覧 The Centre for Religious, Canon and Juridical Studies and Research of the Three Monotheist Religions …(1)
閲覧 閲覧 The Cleveland Clinic Foundation …(14)
閲覧 閲覧 The Forsyth Institute, Department of Immunology …(3)
閲覧 閲覧 The Scripps Research Institute …(6)
閲覧 閲覧 Universite de Claude Bernard …(8)
閲覧 閲覧 Universiti Teknikal Malaysia Melaka …(35)
閲覧 閲覧 University of Alberta …(7)
閲覧 閲覧 University of Amsterdam …(3)
閲覧 閲覧 University of Connecticut …(3)
閲覧 閲覧 University of Hawaii at Manoa …(8)
閲覧 閲覧 University of Kansas …(6)
閲覧 閲覧 World Scientific and Engineering Academy and Society …(4)
閲覧 (未定義) …(85971)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

143149件の情報を発見しました.(表示情報数の上限を越えたため表示を省略します.)

表示する情報数の上限を増やすには,[BROWSER]→[環境設定]で,[閲覧&編集変数の設定]の閲覧モードの「1頁に表示する情報の件数の上限」を増やして下さい.

過去3日以内に登録・変更された情報 (140件)

閲覧 Hirotoshi Iuchi, Toshihide Horikawa and Ken-Ichiro Sotowa : Synthesis and electrochemical performance of a nanocrystalline Li4Ti5O12/C composite for lithium-ion batteries prepared using resorcinol-formaldehyde resins, Electrochimica Acta, Vol.295, 540-549, 2019.---(Modified by 堀河 俊英 at 2019年3月23日(土) 10:42:40) ...
閲覧 Masaki GOTO, Yuka Ito, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Hydrostatic Pressure Reveals Bilayer Phase Behavior of Dioctadecyldimethylammonium Bromide and Chloride, Langmuir, Vol.27, No.5, 1592-1598, 2011.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:23:36) ...
閲覧 Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Akira Kazama, Shirish Chodankar, Joachim Kohlbrecher and Hitoshi Matsuki : Chain elongation of diacylphosphatidylcholine induces fully bilayer interdigitation under atmospheric pressure, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 44-48, 2011.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:22:29) ...
閲覧 Masaki GOTO, Takayuki Matsui, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Prodan fluorescence detects the bilayer packing of asymmetric phospholipids, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 55-62, 2011.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:21:46) ...
閲覧 Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Yuka Ito, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Dialkyldimethylammonium Bromide Bilayer Membranes: Effect of Chain Length, Langmuir, Vol.27, No.10, 5824-5831, 2011.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:20:53) ...
閲覧 Makoto Nishimoto, Ukyo Komatsu, Nobutake Tamai, Michio Yamanaka, Shoji Kaneshina, Kenji Ogli and Hitoshi Matsuki : Intrinsic interaction mode of an inhalation anesthetic with globular proteins: a comparative study on ligand recognition, Colloid and Polymer Science, Vol.289, No.17-18, 1785-1797, 2011.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:19:14) ...
閲覧 Saeko Tanaka, Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki : Morphological Change of Vesicle Particle can Produce a Peculir Stepwise Transition in Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer at High NaCl Concentration, Chemistry Letters, Vol.41, No.3, 304-306, 2012.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:18:18) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Volumetric characterization of ester- and ether-linked lipid bilayers by pressure perturbation calorimetry and densitometry, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.92, No.1, 232-239, 2012.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:17:37) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Volumetric Study on Dioleoylphosphatidylcholine Bilayer by Pressure Perturbation Calorimetry, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 762-767, 2012.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:16:05) ...
閲覧 Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer Membrane in Saline Water under High Pressure, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 727-732, 2012.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:15:10) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Daiki Fujiwara, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Thermotropic Phase Behavior of Binary Bilayer Membrane of Dipalmitoylphosphatidylcholine and Ergosterol, Chemistry Letters, Vol.41, No.10, 1087-1089, 2012.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:14:16) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Sayuri Kakibe, Tanaka Saeko, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : An Attempt to Reveal Viscoelastic Behavior of Lipid Bilayer Membrane by Pressure Perturbation Calorimetry, High Pressure Research, Vol.33, No.2, 271-277, 2013.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:12:54) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Suguru Fukui, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : How Does Acyl-chain Length Affect Thermotropic Phase Behavior of Saturated Diacylphosphatidylcholine-chloresterol Binary Bilayers?, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1828, No.11, 2513-2523, 2013.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:11:32) ...
閲覧 Masaki GOTO, Takuya Endo, Takahiro Yano, Nobutake Tamai, Joachim Kohlbrecher and Hitoshi Matsuki : Comprehensive characterization of temperature- and pressure-induced bilayer phase transitions for saturated phosphatidylcholines containing longer chain homologs, Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.128, 389-397, 2015.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:09:58) ...
閲覧 Masaki GOTO, Yuya Aoki, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki : Effect of pressure on bilayer phase behavior of N-methylated di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines: relevance of head-group modification on the bilayer interdigitation, Biophysical Chemistry, Vol.231, 64-70, 2017.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:08:15) ...
閲覧 Hitoshi Matsuki, Kentaro Kato, Hirotsugu Okamoto, Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Ligand partitioning into lipid bilayer membranes under high pressure: implication of variation in phase-transition temperatures, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.209, 9-18, 2017.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:07:10) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Takuya Izumikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Phase Behavior of Cholesterol-Containing Binary Membrane of an Ether-Linked Phospholipid, Dihexadecylphosphatidylcholine, Colloid and Polymer Science, Vol.296, No.4, 697-711, 2018.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:05:31) ...
閲覧 Masaki GOTO, Hirotsugu Okamoto, Nobutake Tamai, Kazuhiro Fukada and Hitoshi Matsuki : Salt effect on bilayer phase transitions of dipalmitoylphosphatidylglycerol in saline water under high pressure, High Pressure Research, (巻), (頁), 2019.---(Created by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 10:03:32) ...
閲覧 Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Saori Takeuchi, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki : Phase Behavior of Binary Bilayer Membrane of Dipalmitoylphosphatidylcholine and Stigmasterol, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, Vol.135, No.5, 2635-2645, 2019.---(Modified by 松木 均 at 2019年3月23日(土) 09:40:28) ...
閲覧 中野 晋 : とくしま学校防災「ゼロ」作戦, --- 災害時のヒヤリ・ハットから学ぶ ---, 徳島教育, No.1186, 42-43, 2019年3月.---(Created by 中野 晋 at 2019年3月23日(土) 08:57:58) ...
閲覧 Takuma Iwasa, S Afroz, Miho Inoue, Rieko Arakaki, Masamitsu Ohshima, R Raju, Arief Waskitho, Inoue Masahisa, Otto Baba and Yoshizo Matsuka : IL-10 and CXCL2 in trigeminal ganglia in neuropathic pain, Neuroscience Letters, Vol.(in press), (号), (頁), 2019.---(Created by 松香 芳三 at 2019年3月23日(土) 07:57:08) ...
閲覧 Ayaka Kuroki, Urushihara Yoshitomo, Toshihide Horikawa, Ken-Ichiro Sotowa and Jesus Rafael Alcantara Avila : Adsorption mechanism of metal ions on activated carbon, Adsorption, Vol.in Press, 2019.---(Created by 堀河 俊英 at 2019年3月22日(金) 22:53:36) ...
閲覧 Tomohiko Kuwabara, Masahiko Isobe, Hirotada Gotou, Takehiko Yagi, Daisuke Nishio-Hamane and Yutaka Ueda : Synthesis, Structure, and Electromagnetic Properties of Manganese Hollandite, KxMn8O16, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.81, No.10, 104701, 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:06:58) ...
閲覧 細木 眞紀, 西川 啓介, 前田 直樹, 細木 秀彦, 松香 芳三 : 咬合不全を伴った重度変形性顎関節症症例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.3, 261-265, 2018年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:05:15) ...
閲覧 松香 芳三, 西山 暁, 湯浅 秀道, 水口 一, 髙野 直久, 羽毛田 匡, 鈴木 善貴, Dalanon Junhel, 久保田 英朗, 杉崎 正志, 木野 孔司, 古谷野 潔 : 特別養護老人ホーム入所者における顎関節脱臼の実態調査, 日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.3, 249-254, 2018年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:04:59) ...
閲覧 (種別) : 田中 栄二 : ICRとOAを考える, 日本顎関節学会雑誌, Vol.29, No.3, 156-161, 一般社団法人 日本顎関節学会, (都市), 2017年(0月).---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:04:39) ...
閲覧 松井 義郎, 大野 康亮, 福田 雅幸, 高橋 哲, 立川 敬子, 朝波 惣一郎, 山本 一彦, 藤澤 健司, 白土 雄司, 富永 和宏, 松浦 正朗 : 顎裂患者に対する歯科インプラント治療, --- ーアンケートによる多施設共同研究ー ---, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.29, No.1, 40-47, 2004年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:04:07) ...
閲覧 Takeda Yuri, Suzuki Shiro, Tobimatsu Yuki, Keishi Osakabe, Yuriko Osakabe, Ragamustari Komara Safendrri, Sakamoto Masahiro and Umezawa Toshiaki : Lignin characterization of rice CONIFERALDEHYDE 5-HYDROXYLASE loss-of-function mutants generated with the CRISPR/Cas9 system, The Plant Journal : for Cell and Molecular Biology, Vol.97, No.3, 543-554, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:02:07) ...
閲覧 Takeda Yuri, Tobimatsu Yuki, Karlen D. Steven, Koshiba Taichi, Suzuki Shiro, Yamamura Masaomi, Murakami Shinya, Mukai Mai, Takefumi Hattori, Keishi Osakabe, Ralph John, Sakamoto Masahiro and Umezawa Toshiaki : Downregulation of p-COUMAROYL ESTER 3-HYDROXYLASE in rice leads to altered cell wall structures and improves biomass saccharification., The Plant Journal : for Cell and Molecular Biology, Vol.95, No.5, 796-811, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:01:26) ...
閲覧 Akiko Shimada, Shoichi Ishigaki, Yoshizo Matsuka, Osamu Komiyama, T Torisu, Yoko Oono, Hitoshi Sato, Takuya Naganawa, Atsushi Mine, Yoko Yamazaki, Kazuo Okura, Yasushi Sakuma and Keiichi Sasaki : The effects of exercise therapy on painful temporomandibular disorders, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.(in press), (号), (頁), 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 20:00:20) ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses., Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:59:02) ...
閲覧 Tomohiro Kubo : Exponential stability assignment of neutral delay-differential systems by a class of linear-quadratic regulators, International Journal of Systems Science, Vol.35, No.3, 159-166, 2004.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:55:53) ...
閲覧 Nakashi Nakamura, Hongze Gao, Kento Ohta, Yuta Kimura, Yusuke Tamenori, Kiyofumi Nitta, Toshiaki Ina, Masatsugu Oishi and Koji Amezawa : Defect chemical studies on oxygen release from the Li-rich cathode material Li1.2Mn0.6Ni0.2O2δ, Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.7, 5009-5019, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:55:05) ...
閲覧 Hsu Yuchin, Chuang Mingyeh, Tomohiro Hirano and Koichi Ute : Multivariate analysis of 13C NMR spectra to extract information about monomer sequences in poly(methyl methacrylate-co-benzyl methacrylate)s prepared by various polymer reactions, Polymer Journal, Vol.50, No.5, 355-363, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:53:43) ...
閲覧 Mitsuhiro Ohta, Furukawa Tomohiro, Yoshida Yutaka and Sussman Mark : A Three-Dimensional Numerical Study on the Dynamics and Deformation of a Bubble Rising in a Hybrid Carreau and FENE-CR Modeled Polymeric Liquid, Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics, Vol.265, (号), 66-78, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:52:45) ...
閲覧 Xiangmeng Lu, Yasuo Minami and Takahiro Kitada : Sublattice reversal in GaAs/Ge/GaAs and AlAs/Ge/AlAs heterostructures grown on (113)A and (113)B GaAs substrates, Journal of Crystal Growth, Vol.512, (号), 74-77, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:52:13) ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Greener Preparation of 5-Ethyl-4a-hydroxyisoalloxazine and Its Use for Catalytic Aerobic Oxygenations, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1791-1795, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:50:34) ...
閲覧 横光 健吾, 金井 嘉宏, 松木 修平, 平井 浩人, 飯塚 智規, 若狭 功未大, 赤塚 智明, 佐藤 健二, 坂野 雄二 : 嗜好品摂取によって獲得できる心理学的効果の探索的検討, 心理學研究, Vol.86, No.4, 354-360, 2015年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:46:38) ...
閲覧 Rozzano De Castro Locsin, Hirokazu Ito, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kyoko Osaka and Schoenhofer O. Savina : Humanoid Nurse Robots as Caring Entities: A Revolutionary Probability?, International Journal of Studies in Nursing, Vol.3, No.2, 146-154, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:46:05) ...
閲覧 (種別) : 鴨居 浩平, 清水 裕次, 永尾 寛, 市川 哲雄 : 病院歯科技工と大学教育, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.2, 45-48, 四国歯学会, (都市), 2018年(0月).---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:44:03) ...
閲覧 山本 哲也 : ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性, 脳循環代謝, Vol.28, No.2, 291-295, 2017年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:41:33) ...
閲覧 田積 匡平, 鳥居 行雄 : 急性期に誤嚥性肺炎を合併した大腿骨近位部骨折患者の臨床的特徴と帰結, 保健医療学雑誌, Vol.8, No.2, 96-103, 2017年.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:41:03) ...
閲覧 Malik Ahmed Sameen, Swee Tian Tan, Malek Ahmad Nizam Nik Nik, Kadir Rafiq Abdul Mohammed, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Meng Kah Leong, Hou Jia Tan and Alang Ahmad Iskandar Tengku Tengku : Comparison of standard light-emitting diode (LED) and 385 nm ultraviolet A LED (UVA-LED) for disinfection of Escherichia coli, Malaysian Journal of Fundamental and Applied Sciences, Vol.13, No.(4-2), 430-437, 2017.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:37:33) ...
閲覧 Rozzano De Castro Locsin and Hirokazu Ito : Can humanoid nurse robots replace human nurses?, Journal of Nursing, Vol.5, No.1, 1-6, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:35:01) ...
閲覧 Tsuyoshi Aburai, Akane Okubo, Daisuke Suzuki and Kazuhiro Takeyasu : Bayesian Network Analysis for the Questionnaire Investigation on the Needs at Fuji Shopping Street Town, Journal of Management and Strategy, Vol.9, No.2, 46-68, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:34:09) ...
閲覧 Tomoko Otani, Yasuko Kase, Kazufumi Kunitomo, Kazumi Shimooka, Mitsugu Naoe, Hiroko Yamamoto, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato and Aiko Yamauchi : What is the correct adjustment protocol for serum creatinine value to reflect renal function in bedridden elderly patients?, The Japanese Journal of Nephrology and Pharmacotherapy, Vol.7, No.1, 3-12, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:31:30) ...
閲覧 Teruaki Ito and Watanabe Tomio : Cyber-physical motion of digital human model for connected society, International Journal of the Digital Human, Vol.2, No.1, 57-69, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:27:15) ...
閲覧 Joseph Andrew Pepito and Rozzano De Castro Locsin : Can nurses remain relevant in a technologically advanced future?, International Journal of Nursing Sciences, Vol.6, No.1, 106-110, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:24:02) ...
閲覧 Kongsuwan Waraporn, Borvornluck Pongpaka and Rozzano De Castro Locsin : The lived experience of family caregivers caring for patients dependent on life-sustaining technologies, International Journal of Nursing Sciences, Vol.5, No.4, 365-369, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:22:56) ...
閲覧 Kozo Mayumi and Mario Giampietro : Money as the Potential Cause of The Tragedy of the Commons, Romanian Journal of Economic Forecasting, Vol.21, No.2, 151-156, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:17:55) ...
閲覧 B. Forouzan, K. Shaloudegi and Narutoshi Nakata : Force-Based Hybrid Simulation: Concept, Numerical Algorithm and Experimental Verification, Proc. of the 13th International Workshop on Advanced Smart Materials and Smart Structures Technology, (巻), (号), (頁), (都市), July 2017.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:25) ...
閲覧 B. Forouzan and Narutoshi Nakata : An Explicit Quadratic Alpha Numerical Integration Algorithm for Force-Based Hybrid Simulation, Proc. of 16th World Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Jan. 2017.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:24) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : IIR Compensation in Real-Time Hybrid Simulation using Shake Tables with Complex Control-Structure-Interaction, Journal of Earthquake Engineering, Vol.20, No.4, 633-653, 2016.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:24) ...
閲覧 B. Forouzan and Narutoshi Nakata : A New Force-Based Formulation of Equations of Motion for Hybrid Simulation, Proc. of 6th International Conference on Advances in Experimental Structural Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Aug. 2015.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:22) ...
閲覧 M. Stehman, R. Erb and Narutoshi Nakata : Mixed Force and Displacement Control for Testing of Base-Isolation Bearings in Real-Time Hybrid Simulation, Proc. of 6th International Conference on Advances in Experimental Structural Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Aug. 2015.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:22) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and E. Krug : Validation of loop shaping force feedback controller for nonlinear effective force testing, Journal of Vibration and Control, Vol.21, No.14, 2773-2786, 2015.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:21) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Substructure Shake Table Testing with Force Controlled Actuators, Proc. of the 10th U.S. National Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), July 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:20) ...
閲覧 K. Peterman, M. Stehman, R. Madsen, S. Buonopane and Narutoshi Nakata : Seismic Performance of Full-Scale Cold-Formed Steel Buildings, Proc. of the 10th U.S. National Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), July 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:19) ...
閲覧 B. Schafer, D. Ayhan, J. Leng, P. Liu and Narutoshi Nakata : The CFS-NEES Efforts: Advancing Cold-Formed Steel Earthquake Engineering, Proc. of the 10th U.S. National Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), July 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:18) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Compensation of Control-Structure-Interaction in Real-Time Hybrid Simulation using Shake Tables, Proc. of the 6th World Conference on Structural Control and Monitoring, (巻), (号), (頁), (都市), July 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:17) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, M. Dove and M. Lijoi : Validation of the Effective Force Test Method with A Three- Dimensional Steel Frame Structure, Proc. of the 6th World Conference on Structural Control and Monitoring, (巻), (号), (頁), (都市), July 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:16) ...
閲覧 K. Peterman, M. Stehman, S. Buonopane, Narutoshi Nakata and R. Madsen : Stability behavior of full-scale cold-formed steel buildings under seismic excitations, Proc. of the Annual Stability Conference, (巻), (号), (頁), (都市), March 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:15) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and M. Stehman : Substructure Shake Table Testing with Force Controlled Actuators, Proc. of the ASCE 2013 Structures Congress, (巻), (号), (頁), (都市), March 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:14) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and M. Stehman : Compensation techniques for experimental errors in real-time hybrid simulation using shake tables, Smart Structures and Systems, Vol.14, No.6, 1055-1079, 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:13) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and E. Krug : Computational framework for effective force testing and a compensation technique for nonlinear actuator dynamics, Structural Control and Health Monitoring, Vol.21, No.5, 756-773, 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:12) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, E. Krug and A. King : Experimental implementation and verification of multidegreesoffreedom effective force testing, Earthquake Engineering & Structural Dynamics, Vol.43, No.3, 413-428, 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:11) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : A New Approach For Acceleration Tracking of Shake Tables Using Combined Acceleration and Force Feedback Control, Proc. of the ASCE 2013 Structures Congress, (巻), (号), (頁), (都市), April 2013.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:10) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and E. Krug : Restoring Force Correction for Nonlinear Structures in Real-Time Hybrid Simulation, Proc. of the ASCE 2013 Structures Congress, (巻), (号), (頁), (都市), April 2013.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:09) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Direct Acceleration Feedback Control of Shake Tables with Force Stabilization, Journal of Earthquake Engineering, Vol.17, No.5, 736-749, 2013.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:08) ...
閲覧 K. Peterman, Narutoshi Nakata and B. Schafer : Cyclic Behavior of Cold-Formed Steel Stud-to-Sheathing Connections, Proc. of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:07) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Experimental Investigation of Inertial Force Control for Substructure Shake Table Tests, Proc. of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:07) ...
閲覧 S. Combs and Narutoshi Nakata : Substructure Effective Force Testing Incorporating Acceleration Feedback for Simulated Mass, Proc. of the 2012 Asian-Pacific Network of Centers for Research in Smart Structures Technology, (巻), (号), (頁), (都市), July 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:06) ...
閲覧 R. Erb, J. Hinchcliffe and Narutoshi Nakata : Air-Isolated Support System for Seismic Protection of Building Contents, Proc. of the International Conference on Earthquake Engineering Research Challenges in the 21st Century, (巻), (号), (頁), (都市), May 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:05) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, B. Schafer and R. Madsen : Seismic Assessment of State-of-the-Practice Multi-Story Cold-Formed Steel Structures: Structural Design and Implementation Plan, Proc. of the ASCE 2012 Structures Congress, (巻), (号), (頁), (都市), April 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:04) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Experimental Investigation of Inertial Force Control for Substructure Shake Table Tests, Proc. of the International Conference on Earthquake Engineering Research Challenges in the 21st Century, (巻), (号), (頁), (都市), May 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:04) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Real-Time Substructure Shake Table Test Incorporating Interaction Forces by an Inertial Mass, Proc. of the 2012 ASCE Structures Congress, (巻), (号), (頁), (都市), March 2012.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:03) ...
閲覧 Narutoshi Nakata and K. Coleman : Experimental Investigation of the Excitation Level in System Identification of Frame Structures Using Linear Shakers, Proc. of the 8th International Workshop on Structural Health Monitoring, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2011.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:02) ...
閲覧 X. Zhao and Narutoshi Nakata : Numerical Simulation of Model-Based Control Strategy for Hydraulic Actuators in Dynamic Tests for Structures, Proc. of the Asian-Pacific Network of Centers for Research in Smart Structures Technology, (巻), (号), (頁), (都市), July 2011.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:01) ...
閲覧 M. Stehman and Narutoshi Nakata : Numerical Simulation of a Substructure Shake Table Test Using Controlled Masses, Proc. of the 4th International Conference on Advances in Experimental Structural Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), June 2011.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:01) ...
閲覧 B. Schafer, Narutoshi Nakata, S. Buonopane and R. Madsen : CFS-NEES: Advancing Cold-Formed Steel Earthquake Engineering, 2011 NSF CMMI Research and Innovation Conference, (巻), (号), (頁), (都市), Jan. 2011.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:16:00) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, B. Spencer and A. Elnashai : Sensitivity-Based External Calibration Method for Multi-Axial Loading Systems, Journal of Engineering Mechanics, Vol.136, No.2, 189-198, 2010.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:59) ...
閲覧 E. Goldstein and Narutoshi Nakata : Damage Characterization Using Flexibility Sensitivities Technique, Proc. of the 2009 Asian-Pacific Network of Centers for Earthquake Engineering Research (ANCER) Workshop, (巻), (号), (頁), (都市), June 2009.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:58) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, B. Spencer and A. Elnashai : Multi-Dimensional Hybrid Simulation Using A Six-Actuator Self-Reaction Loading System, Proc. of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2008.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:57) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, B. Spencer and A. Elnashai : Multi-Dimensional Mixed-Mode Hybrid Simulation, Application to Skew RC Bridge, Proc. of the 5th International Conference on Urban Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), March 2008.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:56) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, B. Spencer and A. Elnashai : Mixed Load / Displacement Control Strategy for Hybrid Simulation, Proc. of the 4th International Conference on Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Oct. 2006.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:55) ...
閲覧 Narutoshi Nakata, A. Elnashai and B. Spencer : Assessment of Skew Bridges with Emphasis on Torsional Effects, Proc. of the Asian-Pacific Network of Centers for Earthquake Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), July 2005.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:55) ...
閲覧 Oh-Sung Kwon, Narutoshi Nakata, Amr Elnashai and Bill Spencer : A Framework for Multi-Site Distributed Simulation and Application to Complex Structural Systems, Journal of Earthquake Engineering, Vol.9, No.5, 741-753, 2005.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:54) ...
閲覧 H. Iemura, A. Igarashi and Narutoshi Nakata : Full-Scale Verification Tests of Semi-Active Control of Structures Using Variable Joint Damper System, Proc. of the 3rd World Conference on Structural Control, (巻), (号), (頁), (都市), April 2002.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:15:52) ...
閲覧 K. Peterman, M. Stehman, R. Madsen, S. Buonopane and Narutoshi Nakata : Experimental Seismic Response of a Full-Scale Cold-Formed Steel-Framed Building. II: Subsystem-Level Response, Journal of Structural Engineering, Vol.142, No.12, 04016128, 2016.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:11:21) ...
閲覧 K. Peterman, M. Stehman, R. Madsen, S. Buonopane and Narutoshi Nakata : Experimental Seismic Response of a Full-Scale Cold-Formed Steel-Framed Building. I: System-Level Response, Journal of Structural Engineering, Vol.142, No.12, 04016127, 2016.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:10:34) ...
閲覧 K. Peterman, Narutoshi Nakata and B. Schafer : Hysteretic characterization of cold-formed steel stud-to-sheathing connections, Journal of Constructional Steel Research, Vol.101, (号), 254-264, 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:07:13) ...
閲覧 (種別) : Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Entry points of nutrient arteries at risk during osteotomy of the lesser metatarsals: a fresh cadaveric study., Journal of Foot and Ankle Research, Vol.11, 46, (発行所), (都市), Aug. 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 19:02:35) ...
閲覧 FELICIA MISAMANANA RABARISON, Kawanaka Kohei, Hiroki Tanioka and Tetsushi Ueta : Local Zoo Guide Application using Image Recognition, IEICE Technical Report, Vol.IEICE-118, No.459, 21-26, Feb. 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月22日(金) 16:24:28) ...
閲覧 佐藤 陽一 : 男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ, 2014年度ゲノム支援拡大班会議, 2014年8月.---(Modified by 佐藤 陽一 at 2019年3月22日(金) 12:57:10) ...
閲覧 佐藤 陽一 : 男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ, 2015年度ゲノム支援拡大班会議, 2015年8月.---(Modified by 佐藤 陽一 at 2019年3月22日(金) 12:55:34) ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 特定領域研究「性分化機構の解明」第3回領域会議, 2006年9月.---(Modified by 佐藤 陽一 at 2019年3月22日(金) 12:52:39) ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 特定領域研究「性分化機構の解明」第2回領域会議, 2005年9月.---(Modified by 佐藤 陽一 at 2019年3月22日(金) 12:50:59) ...
閲覧 鍋島 克輔 : Computing parametric systems, Quantum Math, 沖縄科学技術大学院大学, 2019年3月.---(Created by 鍋島 克輔 at 2019年3月22日(金) 12:35:21) ...
閲覧 鍋島 克輔, 田島慎一 (名) : 収束冪級数環における generalized integral dependence relation の計算について, 数理解析研究所講究録, Vol.2104, 78-85, 2019年.---(Created by 鍋島 克輔 at 2019年3月22日(金) 12:33:20) ...
閲覧 谷垣 雄都, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 : ゲノムワイド関連解析を用いたテイコプラニン・バンコマイシン投与による皮疹発現および血中濃度関連遺伝子座の同定, 日本薬学会 第139年会, 2019年3月.---(Modified by 佐藤 陽一 at 2019年3月22日(金) 11:35:04) ...
閲覧 湯浅 恭史, 中野 晋 : 豪雨災害の浸水被害事例から考える医療機関のBCP, 第24回日本集団災害医学会総会・学術集会プログラム・抄録集, Vol.23, No.3, 155, 2019年3月.---(Created by 湯浅 恭史 at 2019年3月22日(金) 11:18:41) ...
閲覧 奥平 桂一郎 : 抗動脈硬化性タンパク質を利用した創薬への挑戦, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 奥平 桂一郎 at 2019年3月22日(金) 10:39:10) ...
閲覧 田中 健一郎, 下田 実可子, 葛西 美里, 池田 真由美, 異島 優, 久保田 真帆, 川原 正博 : 亜鉛/銅依存の神経細胞死におけるSAPK/JNKシグナルの関与, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:35:41) ...
閲覧 田神 舞帆, 池田 愛, 安藤 英紀, 江島 清, 和田 洋巳, 石田 竜弘 : 腫瘍内微小環境の改善によるDDS製剤の治療効果増強, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:32:00) ...
閲覧 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 : 一酸化窒素を利用した血管透過性制御とがん治療応用, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:22:44) ...
閲覧 橘 茉里奈, 末永 翔平, 楠本 嵩志, 杉原 涼, 髙田 春風, 西辻 和親, 辻田 麻紀, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 炎症モデルマウスにおけるapoA-I結合タンパク質AIBPの抗炎症作用の検討, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:20:47) ...
閲覧 末永 翔平, 金山 忠史, 橘 茉里奈, 楠本 嵩志, 杉原 涼, 西辻 和親, 辻田 麻紀, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : apoA-I結合タンパク質AIBPの抗炎症活性発現メカニズムの検討, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:18:22) ...
閲覧 楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 : 膜タンパク質ABCA7を増加させる新規天然物, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:15:27) ...
閲覧 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 : タンパクのPEG修飾による抗PEG免疫応答の誘導, 日本薬学会第139年会, 2019年3月.---(Modified by 石田 竜弘 at 2019年3月22日(金) 10:13:05) ...
閲覧 Otsuka Yuta, Ito Akira, Pal Suva, Mitome Hajime, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : (題名), Journal of Drug Delivery Science and Technology, Vol.49, 254-259, 2019.---(Created by 田中 秀治 at 2019年3月22日(金) 09:46:52) ...
閲覧 Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA : Effect of amino acid on calcium phosphate phase transformation: attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemometrics, Colloid and Polymer Science, Vol.297, No.1, 155-163, 2019.---(Created by 田中 秀治 at 2019年3月22日(金) 09:38:14) ...
閲覧 Toshihiro Sera, Hiroaki Kobayashi, Masato Hoshino, Kentaro Uesugi, Takeshi Matsumoto and Masao Tanaka : The disuse effect on canal network structure and oxygen supply in the cortical bones of rats, Biomechanics and Modeling in Mechanobiology, Vol.18, No.2, 375-385, 2018.---(Created by 松本 健志 at 2019年3月21日(木) 18:44:01) ...
閲覧 谷岡 広樹, 内田 吉高, 中谷 良平, 内田 佳孝 : 統計情報を用いた人の心を捉える質問応答文の分析, 第25回年次大会 発表論文集, 866-867, 2019年3月.---(Created by 谷岡 広樹 at 2019年3月21日(木) 01:38:21) ...
閲覧 川中 康平, RABARISON MISAMANANA FELICIA, 谷岡 広樹, 大平 健司, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史 : Improving Animal Recognition Accuracy using De-fencing, 情報処理学会研究報告, Vol.2019-ICS-194, No.9, 1-6, 2019年3月.---(Created by 谷岡 広樹 at 2019年3月21日(木) 01:13:29) ...
閲覧 横井 靖子, 高橋 美香, 池田 亮, 小林 雄一, 加用 樹里, 森木 良, 篠田 美香, 北原 香織 : 脳神経の解剖と生理 脳神経領域の重要薬剤, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2014年2月.---(Modified by 横井 靖子 at 2019年3月20日(水) 19:28:58) ...
閲覧 油井 毅 : 企業の課題解決を目指したデザイン思考教育の振り返り, 徳島大学理工学部FD教育シンポジウム2019, 2019年3月.---(Modified by 油井 毅 at 2019年3月20日(水) 18:34:33) ...
閲覧 南川 貴子, 松田 莉奈子, 川真田 結香, 上野 真生子, 石田 遥菜, 緒方 裕亮, 横井 靖子 : くも膜下出血後の持続した頭痛を訴える患者の思い, 日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.5, No.1, 21-27, 2018年.---(Created by 南川 貴子 at 2019年3月20日(水) 18:01:55) ...
閲覧 SAITO Izumi, Nozaki Natsue, ZENKE Maki, Yasuko Yokoi, Takako Minagawa and Ayako Tamura : Persistent headache during the cerebral vasospasm period following radical treatment of ruptured cerebral aneurysm, Journal of Japanese Academy of Neuroscience Nursing, Vol.5, No.1, 3-10, 2018.---(Created by 南川 貴子 at 2019年3月20日(水) 17:43:38) ...
閲覧 横井 靖子, 南川 貴子, 野﨑 夏江, 岩瀨 司, 田村 綾子 : 脳血管障害に用いる降圧剤の持続使用による静脈炎発生に関する研究の現状と今後の課題, 日本ニューロサイエンス看護学会誌, Vol.5, No.1, 29-33, 2018年.---(Created by 横井 靖子 at 2019年3月20日(水) 17:15:14) ...
閲覧 Kazuya Shimizu, Motoo Utsumi, Kunihiro Okano, Tomoaki Itayama, Norio Iwami, Hideaki Maseda, Hiroyuki Kinohira, Norio Sugiura, Jieming Li, Yuhei Inamori, Zhenya Zhang and Norio Sugiura : Whole-Genome Sequence of the Microcystin-Degrading Bacterium Sphingopyxis sp. Strain C-1., Genome Announcements, Vol.3, No.4, (頁), 2016.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:17:27) ...
閲覧 Tomoya Takeda, Masahito Nakataki, Masashi Ohta, Sayo Hamatani, Kanae Matsuura and Tetsuro Ohmori : Effect of cognitive function on jumping to conclusion in patients with schizophrenia., Schizophrenia Research. Cognition, Vol.12, 50-55, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:12:16) ...
閲覧 西村 弘季, 青矢 睦月 : 眉山地域三波川帯における変形構造方位と主変形の剪断センス, 変成岩などシンポジウム蒲郡, O-1, 2019年3月.---(Modified by 青矢 睦月 at 2019年3月20日(水) 14:09:00) ...
閲覧 Yukina Hirata, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata : Epicardial Fat and Pericardial Fat Surrounding the Heart Have Different Characteristics., Circulation Journal, Vol.82, No.10, 2475-2476, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:08:48) ...
閲覧 Yuya Urano, Shingo Oda, Koichi Tsuneyama and Tsuyoshi Yokoi : Comparative hepatic transcriptome analyses revealed possible pathogenic mechanisms of fasiglifam (TAK-875)-induced acute liver injury in mice., Chemico-Biological Interactions, Vol.296, (号), 185-197, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:07:56) ...
閲覧 Kazuchika Nishitsuji, Syunsuke Watanabe, Jinzhong Xiao, Ryosuke Nagatomo, Hirohisa Ogawa, Takaaki Tsunematsu, Hitomi Umemoto, Yuki Morimoto, Hiroyasu Akatsu, Koichi Inoue and Koichi Tsuneyama : Effect of coffee or coffee components on gut microbiome and short-chain fatty acids in a mouse model of metabolic syndrome., Scientific Reports, Vol.8, No.1, (頁), 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:07:39) ...
閲覧 Makoto Kurano, Koichi Tsuneyama, Yuki Morimoto, Masako Nishikawa and Yutaka Yatomi : Apolipoprotein M suppresses the phenotypes of IgA nephropathy in hyper-IgA mice., The FASEB journal, (巻), (号), (頁), 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:07:20) ...
閲覧 Yuki Moritoki, Koichi Tsuneyama, Yuka Nakamura, Kentaro Kikuchi, Akira Shiota, Yoshiyuki Ohsugi, Zhe-Xiong Lian, Weici Zhang, Guo-Xiang Yang, Shigeharu Ueki, Masahide Takeda, Ayumi Omokawa, Tomoo Saga, Akiko Saga, Daisuke Watanabe, Masahito Miura, Yoshiyuki Ueno, C Patrick S Leung, Atsushi Tanaka, Eric M Gershwin and Makoto Hirokawa : Anti-drug Antibodies Against a Novel Humanized Anti-CD20 Antibody Impair Its Therapeutic Effect on Primary Biliary Cholangitis in Human CD20- and FcγR-Expressing Mice., Frontiers in Immunology, Vol.9, (号), (頁), 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:06:44) ...
閲覧 長谷川 就人, 青矢 睦月 : 泥質片岩を用いた眉山地域三波川帯の変成分帯とユニット区分, 変成岩などシンポジウム2019蒲郡, P-2, 2019年3月.---(Modified by 青矢 睦月 at 2019年3月20日(水) 14:06:31) ...
閲覧 Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Shoichiro Takao, Susumu Nishio, Kokichi Arisawa and Koichi Sairyo : Cumulative Incidence of Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Preadolescent Baseball Players., Arthroscopy : the Journal of Arthroscopic & Related Surgery, Vol.35, No.1, 60-66, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:06:28) ...
閲覧 Natsuko Hichijo, Masahiro Furutani, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Excessive gingival display treated with 2-piece segmental Le Fort I osteotomy: A case report., The Journal of the American Dental Association, Vol.150, No.1, 58-68, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:06:06) ...
閲覧 西江 苑香, 青矢 睦月 : 眉山地域三波川帯の変塩基性岩におけるガーネット仮像の認識, 変成岩などシンポジウム2019蒲郡, P-3, 2019年3月.---(Modified by 青矢 睦月 at 2019年3月20日(水) 14:04:27) ...
閲覧 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Yoshihiro Tsuruo and Koichi Sairyo : Distances from the deep plantar arch to the lesser metatarsals at risk during osteotomy: a fresh cadaveric study., Journal of Foot and Ankle Research, Vol.11, 57, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:03:39) ...
閲覧 Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Toshiyuki Iwame, Tomoya Takasago, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo : Platelet-rich plasma does not reduce skeletal muscle fibrosis after distraction osteogenesis., Journal of Experimental Orthopaedics, Vol.5, No.1, 26, 2018.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 14:01:27) ...
閲覧 Nishimura Yoshiro, Ueki Masaaki, Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Ueno Masaki, Morishita Jun and Nishiyama Takashi : Reoxygenation With 100% Oxygen Following Hypoxia in Mice Causes Apoptosis, Shock, Vol.48, No.5, 590-594, 2017.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 13:59:34) ...
閲覧 Naoki Noguchi, K. Komatsu, A. Shinozaki, K. Shinoda and H. Kagi : Near-infrared spectra of H2O under high pressure and temperature: Implications of a transition from proton tunneling to hopping states, Spectrochimica Acta. Part A, Molecular and Biomolecular Spectroscopy, Vol.133, 509-5013, 2014.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 13:56:21) ...
閲覧 A Hishida, K Wakai, M Naito, T Tamura, S Kawai, N Hamajima, I Oze, T Imaizumu, T Turin, S Suzuki, M Kheradmand, H Mikami, K Ohnaka, Y Watanabe, Kokichi Arisawa, M Kubo and H Tanaka : Polymorphisms in PPAR genes (PPARD, PPARG and PPARGC1A) and risk of chronic kidney disease in Japanese: cross-sectional data from the J-MICC Study, PPAR Research, Vol.2013, (号), 980471, 2013.---(Modified by 大家 隆弘 at 2019年3月20日(水) 13:55:44) ...
閲覧 Susumu Nishio, K Kusunose, Yukina Hirata, Yuta Torii, R Amano, Y Saijo, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata : The effect of gender difference in patients with cardiovascular disease on various vascular functional indices., EACVI meeting 2018, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2017.---(Created by 佐田 政隆 at 2019年3月20日(水) 13:44:13) ...
閲覧 M Bando, Hirotsugu Yamada, K Kusunose, Yukina Hirata, Junya Kuwahata, R Amano, Susumu Nishio and Masataka Sata : Change in Ultrasonic Tissue Characteristics of Carotid Artery Plaque Reflects That of Coronary Artery Plaque, EACVI meeting 2018, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2017.---(Created by 佐田 政隆 at 2019年3月20日(水) 13:39:39) ...
閲覧 Junya Kuwahata, Y Saijo, Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, Hiromitsu Seno, Y Okushi, Susumu Nishio, Yukina Hirata, Torii Yuta and Masataka Sata : Detection of Subtle Changes in Stroke Volume during Pre-load Stress Echocardiography by Three-dimensional Echocardiography using Automated Adaptive Analytics Algorithm, EACVI meeting 2018, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2017.---(Created by 佐田 政隆 at 2019年3月20日(水) 13:30:23) ...
閲覧 Yukina Hirata, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, R Shimizu, Yuta Torii, Susumu Nishio, Y Okushi, Hiromitsu Seno, Y Saijo, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Quantitative Classification of Left Atrial Appendage is Superior to Visual Classification for Risk Stratification of Stroke in Atrial Fibrillation, EACVI meeting 2018, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2017.---(Modified by 佐田 政隆 at 2019年3月20日(水) 13:23:56) ...

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 350010, Max(EOID) = 941480.