徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [石川 康子]/Mariusz Skowronski/江口 貴文/石田 甫/Persistent increase in the amount of aquaporin-5 in the apical plasma membrane of rat parotid acinar cells induced by a muscarinic agonist SNI-2011./[FEBS Letters]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
99908
EOID
731048
Map
0
LastModified
2014年4月18日(金) 09:56:40
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石川 康子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 摂食機能制御学講座(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.歯学部.歯学科
著者 必須
  1. 石川 康子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Mariusz Skowronski / (読) マリウス スコロンスキー
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Takafumi Eguchi / (日) 江口 貴文 / (読) えぐち たかふみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Hajime Ishida / (日) 石田 甫 / (読) いしだ はじめ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Persistent increase in the amount of aquaporin-5 in the apical plasma membrane of rat parotid acinar cells induced by a muscarinic agonist SNI-2011.

副題 任意
要約 任意

(英) SNI-2011 induces the long-lasting increase in the amount of aquaporin-5 (AQP5) in apical plasma membranes (APMs) of rat parotid acini in a concentration-dependent manner. This induction was inhibited by p-F-HHSiD, U73122, TMB-8, or dantrolene but not by bisindolmaleimide or H-7, indicating that SNI-2011 acting at M(3) muscarinic receptors induced translocation of AQP5 via [Ca(2+)](i) elevation but not via the activation of protein kinase C. In contrast, acetylcholine induced a transient translocation of AQP5 to APMs. SNI-2011 induces long-lasting oscillations of [Ca(2+)](i) in the presence of extracellular Ca(2+). Thus, SNI-2011 induces a long-lasting translocation of AQP5 to APMs coupled with persistent [Ca(2+)](i) oscillations.

キーワード 推奨
  1. 顎口腔機能(stomatognathic function)
  2. 情報伝達機構(signal transduction)
  3. 神経伝達物質(neurotransmitter)
  4. カルシウム(calcium)
発行所 推奨
誌名 必須 FEBS Letters([Federation of European Biochemical Societies])
(pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
ISSN 任意 0014-5793
ISSN: 0014-5793 (pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
Title: FEBS letters
Title(ISO): FEBS Lett.
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 477
必須 3
必須 253 257
都市 任意
年月日 必須 2000年 7月 21日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10015066794/
DOI 任意 10.1016/S0014-5793(00)01763-4    (→Scopusで検索)
PMID 任意 10908730    (→Scopusで検索)
NAID 任意 10015066794
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0034698414
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't