徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山田 仁子]/「存在の連鎖」に見るアナロジーの展開/[徳島大学総合科学部言語文化研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
99148
EOID
876993
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:52:57
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山田 仁子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人文科学講座(2003年4月1日〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. 山田 仁子([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) On Analogies of "the Chain of Being"

(日) 「存在の連鎖」に見るアナロジーの展開

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文では,「世界」を理解するためのアナロジーがいかに展開してきたかについて,特に「存在の連鎖」の世界観をめぐって考察した.プラトンの宇宙観に現れる「充満」と「秩序」という概念,アリストテレスが万有の種について出した「境界が明確でない」,「直線的に並ぶ」という二つの「連続」に概念が出発点となり,自然の体系を表す様々なイメージ「網」や「地図」「階梯」「鎖」が生まれてきたことが明らかになった.また,このような様々なイメージが生まれ読み替えられ変形していくことで,概念も新たになる現象が見られた.アナロジーにおいては,理解したいものと,理解を表すのに用いられるイメージが,相互に働き合い,変化を引き起こし合うという,アナロジー全般についての性質も明らかになった.

キーワード 推奨
  1. (英) analogy / (日) アナロジー
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座
誌名 必須 徳島大学総合科学部言語文化研究([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(pISSN: 1340-5632, eISSN: 2433-345X)
ISSN 任意 1340-5632
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 9
必須 0
必須 117 132
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2002年 2月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004684664/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110004684664
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 442
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意