徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中村 教泰]/Tsumoto Kouhei/[石村 和敬]/Kumagai Izumi/A visualization method of filamentous phage infection and phage-derived proteins in Escherichia coli using biotinylated phages./[Biochemical and Biophysical Research Communications]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
98410
EOID
933901
Map
0
LastModified
2018年12月3日(月) 13:34:39
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.神経情報医学部門.情報統合医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 中村 教泰
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tsumoto Kouhei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 石村 和敬
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kumagai Izumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A visualization method of filamentous phage infection and phage-derived proteins in Escherichia coli using biotinylated phages.

副題 任意
要約 任意

(英) Direct visualization of filamentous phage infection in Escherichia coli (E. coli) was attempted using biotinylated phages (BIO-phages). The biotinylation of the phages did not influence their infectivity into E. coli. E. coli infected with BIO-phages could be detected by using fluorescein-conjugated avidin with confocal laser scanning microscopy, and BIO-phages and BIO-phage-derived proteins in E. coli could be directly observed by using the avidin-biotin-peroxidase complex method with electron microscopy. This is the first report of direct visualization of phage infection and phage-derived proteins in the host cell using a biotin-avidin interaction. This simple and powerful method is applicable to the study of infection by various viruses.

キーワード 推奨
  1. (英) Avidin
  2. (英) Biotin
  3. (英) Escherichia coli
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 大腸菌 (Escherichia coli)
  4. (英) Inovirus
  5. (英) Microscopy, Confocal
  6. (英) Microscopy, Electron
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 透過電子顕微鏡法 (transmission electron microscopy)
  7. (英) Viral Proteins
発行所 推奨
誌名 必須 Biochemical and Biophysical Research Communications([Elsevier])
(pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
ISSN 任意 0006-291X
ISSN: 0006-291X (pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
Title: Biochemical and biophysical research communications
Title(ISO): Biochem Biophys Res Commun
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 289
必須 1
必須 252 256
都市 任意
年月日 必須 2001年 11月 23日
URL 任意
DOI 任意 10.1006/bbrc.2001.5973    (→Scopusで検索)
PMID 任意 11708808    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000172451100042
Scopus 任意 2-s2.0-0035941044
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't