徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Jabasini M/Xu F/Dang F/[新家 利一]/[中堀 豊]/[馬場 嘉信]/Range of separation of potential tool for bioseparation, microchip electrophoresis system, for DNA polymorphisms on the human Y-chromosome/[Analytical Sciences]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
95853
EOID
876390
Map
0
LastModified
2017年11月28日(火) 17:51:43
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Jabasini M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《MOHAMMAD JABASINI (JABASINI MOHAMMAD) @ 薬学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Xu F
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 李 雪飛
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《李雪飞 (FEI XUE LI) @ 歯学部 [研究生] 2002年11月〜2003年3月》
    《許 峰 (FENG XU) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2005年3月》
    《李 雪 飞 (Li Xuefei) @ 歯学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Dang F
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 新家 利一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中堀 豊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 馬場 嘉信
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Range of separation of potential tool for bioseparation, microchip electrophoresis system, for DNA polymorphisms on the human Y-chromosome

副題 任意
要約 任意

(英) For the requirement of a high, fast and sufficient technology to suit the needs of 21st century biotechnology, the separation range of a microchip electrophoresis system was studied. Two DNA fragments on the human Y-chromosome, SY594 (82 bp) and 12f2 (88 bp), were successfully separated with a reproducibility of 1.9% and an accuracy of 2.8%. Then, a mixture of 10 DNA markers ranging from 61 bp to 189 bp was successfully separated with high resolution. All of these results demonstrate the superiority of microchip electrophoresis as a tool for 21st century bioseparation.

キーワード 推奨
  1. (英) Chromosomes, Human, Y
  2. (英) Electrophoresis
  3. (英) Humans
  4. (英) Miniaturization
  5. (英) Polymorphism, Genetic
発行所 推奨
誌名 必須 Analytical Sciences([日本分析化学会])
(pISSN: 0910-6340, eISSN: 1348-2246)
ISSN 任意 0910-6340
ISSN: 0910-6340 (pISSN: 0910-6340, eISSN: 1348-2246)
Title: Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry
Title(ISO): Anal Sci
Supplier: 社団法人 日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 19
必須 1
必須 175 176
都市 任意
年月日 必須 2003年 1月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2116/analsci.19.175    (→Scopusで検索)
PMID 任意 12558046    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000180542800032
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Medicinal Chemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokushima, CREST, Japan Science and Technology Corporation, Tokushima 770-8505, Japan. c400141005@stud.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't