徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [新家 利一]/Sato Yoko/Chen Gang/[奈路田 拓史]/Kinoshita Keigo/Unemi Yukiko/Tsuji Keiko/[樋田 一徳]/Iwamoto Teruaki/[中堀 豊]/Molecular characterization of heat shock-like factor encoded on the human Y chromosome, and implications for male infertility/[Biology of Reproduction]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
95828
EOID
675013
Map
0
LastModified
2013年1月10日(木) 14:44:30
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.医学部.医学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 新家 利一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Sato Yoko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 里吉 良子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《佐藤 杏子 (Sato Kyoko) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Chen Gang
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 陳 剛
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《陳 剛 (GANG CHEN) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2004年3月》
    《陳 剛 (GANG CHEN) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2011年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 奈路田 拓史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kinoshita Keigo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《木下 桂午 (Kinoshita Keigo) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Unemi Yukiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Tsuji Keiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《辻けい子 (Tsuji Keiko) @ 歯学部 [研究生] 2002年4月〜2002年5月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 樋田 一徳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Iwamoto Teruaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 中堀 豊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Molecular characterization of heat shock-like factor encoded on the human Y chromosome, and implications for male infertility

副題 任意
要約 任意

(英) Azoospermia and oligospermia are major causes of male infertility. Some genes located on the Y chromosome are suggested as candidates. Recently, HSFY, which is similar to the HSF (heat shock transcription factor) family, has been mapped on the human Y chromosome as multicopies. However, newly available sequence data deposited at NCBI shows that only the HSFY gene located on Yq has a long open reading frame containing a HSF-type DNA-binding domain. HSFY is similar to LW-1 on the human X chromosome and a murine HSFY-like sequence (mHSFYL), 4933413G11Rik, on the mouse chromosome 1. LW-1 and mHSFYL have 53% and 70% homology to HSFY for amino acid sequences of their presumed DNA-binding domains, respectively. Comparison of the presumed DNA-binding domains unveiled that the three HSF-like factors, HSFY, LW-1, and mHSFYL, belong to a different class than conventional HSFs. When we screened for deletions on the Yq of males suffering from infertility, we found that HSFY was involved in interstitial deletions on the Y chromosomes for two azoospermic males who had DBY, USP9Y, and DAZ but did not have RBMY located on the AZFb. Expression analysis of HSFY, LW-1, and mHSFYL unveiled that they are expressed predominantly in testis. Furthermore, immunhistochemistry of HSFY in testis showed that its expression is restricted to both Sertoli cells and spermatogenic cells and that it exhibits a stage-dependent translocation from the cytoplasm to the nucleus in spermatogenetic cells during spermatogenesis. These results may suggest that deletion of HSFY is involved in azoospermia or oligospermia.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 成人 (adult)
    [キーワード] 成人教育経営 (adult education administration)
  2. (英) Amino Acid Sequence
  3. (英) Blotting, Western
  4. (英) Cell Line
  5. (英) Chromosomes, Human, Y
  6. (英) DNA Mutational Analysis
  7. (英) DNA-Binding Proteins
  8. (英) Gene Deletion
  9. (英) Heat-Shock Proteins
  10. (英) Humans
  11. 免疫組織化学(immunohistochemistry)
  12. (英) Infertility, Male
  13. (英) Intracellular Fluid
  14. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  15. (英) Middle Aged
  16. (英) Molecular Sequence Data
  17. (英) Oligospermia
  18. (英) Phylogeny
  19. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
  20. (英) Sequence Homology, Amino Acid
  21. (英) Testis
  22. (英) Tissue Distribution
  23. (英) Transcription Factors
発行所 推奨 (英) Society for the Study of Reproduction
誌名 必須 Biology of Reproduction(The Society for the Study of Reproduction)
(pISSN: 0006-3363, eISSN: 1529-7268)
ISSN 任意 0006-3363
ISSN: 0006-3363 (pISSN: 0006-3363, eISSN: 1529-7268)
Title: Biology of reproduction
Title(ISO): Biol Reprod
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 71
必須 1
必須 297 306
都市 任意
年月日 必須 2004年 7月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1095/biolreprod.103.023580    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15044259    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000222220700038
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Human Genetics and Public Health, Graduate School of Proteomics, Faculty of Medicine, The University of Tokushima, Tokushima-City, 770-8503 Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't