徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [南川 慶二]/微粒子分散系流体のエレクトロレオロジー効果とエレクトロマグネトレオロジー効果/新化学発展協会クラスター·超微粒子分科会第1回ミニシンポジウム

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
95498
EOID
218313
Map
0
LastModified
2005年3月15日(火) 17:14:02
Operator
南川 慶二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 その他·研究会
言語 必須 日本語
招待 推奨 依頼
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 微粒子分散系流体のエレクトロレオロジー効果とエレクトロマグネトレオロジー効果

副題 任意
要約 任意

(日) マイクロメートルサイズの微粒子を絶縁性の液体に分散させた流体は,電場または磁場などの外場の印加·除去に応答して,せん断応力·粘度などのレオロジー特性が可逆的に変化する.このような減少はエレクトロレオロジーまたはエレクトロマグネトレオロジー効果と呼ばれ,様々なデバイスへの応用が期待される.これらの材料に関する最近の研究について概説し,特に電場と磁場の両者に応答するエレクトロマグネトレオロジー流体が示す相乗効果について詳しく発表した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 新化学発展協会クラスター·超微粒子分科会第1回ミニシンポジウム
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 1995年 2月 3日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意