徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [森田 恭二]/Hamano Shuichi/Teraoka Kazuhiko/[石村 和敬]/Possible involvement of intracellular Ca2+ in hyposmosis-evoked catecholamine release from adrenal chromaffin cells/[Neurochemistry International]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
93834
EOID
771144
Map
0
LastModified
2015年3月24日(火) 16:30:29
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 森田 恭二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hamano Shuichi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 濱野 修一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.細胞・免疫解析学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Teraoka Kazuhiko
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 寺岡 和彦 ([徳島大学.病院.薬剤部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 石村 和敬
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Possible involvement of intracellular Ca2+ in hyposmosis-evoked catecholamine release from adrenal chromaffin cells

副題 任意
要約 任意

(英) The influence of hyposmotic conditions on catecholamine release was studied using cultured adrenal chromaffin cells. Incubation of the cells in hyposmotic solution led to the enhancement of catecholamine release in a manner dependent on the reduction of osmolarity. Hyposmosis-evoked catecholamine release was similarly observed in the presence or absence of extracellular Ca2+, and was not significantly affected by organic and inorganic Ca2+ entry blockers. These results indicated that the hyposmosis-evoked release might be associated with a rise in the intracellular Ca2+ concentration. Further studies showed that neither ryanodine nor thapsigargin caused any significant effect on hyposmosis-evoked catecholamine release, whereas pretreatment of chromaffin cells with carbonyl cyanide m-chlorophenyl hydrazone significantly enhanced the hyposmosis-evoked release. Catecholamine release evoked by exposure to hyposmotic medium is therefore thought to be mediated through intracellular Ca2+, which may be mainly sequestered by the mitochondrial pools. Neither caffeine- nor inositol 1,4,5-trisphosphate-sensitive Ca2+ pools seems likely to be involved in hyposmosis-evoked catecholamine release, although the Ca2+ pools that contribute to the elevation of intracellular Ca2+ observed under hyposmotic conditions are not yet completely identified.

キーワード 推奨
  1. (英) Adrenal Medulla
  2. (英) Animals
  3. カルシウム(calcium)
  4. (英) Catecholamines
  5. (英) Cattle
  6. (英) Cells, Cultured
  7. (英) Chromaffin Cells
  8. (英) Hypotonic Solutions
  9. (英) Intracellular Fluid
  10. ミトコンドリア(mitochondria)
  11. (英) Osmolar Concentration
発行所 推奨
誌名 必須 Neurochemistry International([Elsevier])
(pISSN: 0197-0186, eISSN: 1872-9754)
ISSN 任意 0197-0186
ISSN: 0197-0186 (pISSN: 0197-0186, eISSN: 1872-9754)
Title: Neurochemistry international
Title(ISO): Neurochem. Int.
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 31
必須 5
必須 731 737
都市 任意
年月日 必須 1997年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/S0197-0186(96)00065-4    (→Scopusで検索)
PMID 任意 9364459    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 A1997YC29600010
Scopus 任意 2-s2.0-0030762199
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article