徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [荒木 秀夫]/西平 賀昭/藤田 紀盛/反応動作のα-blochingと緩電位変動との関連について/[体力科学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
93179
EOID
999505
Map
0
LastModified
2021年2月1日(月) 17:10:22
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[院長]/[徳島大学.教養教育院]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 筑波大学
著者 必須
  1. 荒木 秀夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 西平 賀昭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 藤田 紀盛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) RELATIONSHIP BETWEEN ALPHA-BLOCKING AND SLOW POTENTIAL CHANGES PRECEDING REACTION MOVEMENT

(日) 反応動作のα-blochingと緩電位変動との関連について

副題 任意
要約 任意

(英) In order to investigate the association of alpha-blocking with motor set under the condition of simple reaction movement, the scalp distribution of alpha wave envelope recorded by averaging method was compared with that of slow potential changes. The results were as follows.<BR>1) The slow potential changes (readiness potential, early and late component of CNV) were large over the central and frontal area. The readiness potential was larger over the contralateral than the ipsilateral central motor area, while the early component of CNV showed bilateral spread. The late component of CNV showed the similar scalp distribution to that of readiness potential, but the latter was much more lateralized.<BR>2) The alpha-blocking was bilaterally symmetrical over the central and occipital area under the condition of photic stimulus without movement. But the alpha-blocking accompanying preparatory signal increased over the frontal and central area compared with control alpha-blocking, and was larger over the contralateral than ipsilateral central motor area.<BR>3) The maximal alpha-blocking rate showed to correlate negatively with its latency under each condition. The difference in alpha-blocking rate at the onset of the imperative stimulus between reaction movement and control showed to correlate negatively with reaction time.<BR>From these findings, it seems that alpha-blocking accompanying preparatory signal reflects not only input system but also readiness potential component, and that in temporal respect alpha-blocking increases at the onset of movement.

(日) 単純反応動作において, 予告刺激に伴うα-blockingの変動と動作の準備状態との関連性を明らかにするために平均加算法によって得られたα波包絡線と緩電位変動の頭皮上分布に関して比較検討を行った.結果は以下のとおりであった.<BR>(1) 緩電位 (準備電位, CNV早期および後期成分) は中心野, 前頭野に優位であった.準備電位は同側中心野と比べ対側中心野で優位であったが, CNV早期成分は両側性に出現した.CNV後期成分は準備電位と類似した頭皮上分布を示したが, 後者の方がより非対称性が著明であった.<BR>(2) 動作なしの光刺激によるα-blocking (コントロール) は, 中心野, 後頭野とも両側性に生じたが, 反応動作の予告刺激に伴うα-blockingはコントロールと比較すると, 前頭野, 中心野で著明であり, 同側中心野に比べ対側中心野で優位に生じた.<BR>(3) 同一条件下ではα-blocking率が増大するほどその潜時は短縮するが, 反応動作一条件をコントロールと比較するとα-blocking率が増大しても潜時は逆に延長し, 動作時まで相対的にα-blockingが維持された.さらにまた駆動刺激が呈示される時点でのα-blocking率1が, コントロールの同時点でのα-blocking率に比べて増大するほど反応時間は短縮した.<BR>以上のことから, 予告刺激に伴うα-blockingは感覚刺激の入力系のみならず, 準備電位成分も反映し, 経時的には動作遂行時でのα-blocking率が増大することが示唆された.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本体力医学会
誌名 必須 体力科学([日本体力医学会])
(pISSN: 0039-906X, eISSN: 1881-4751)
ISSN 任意 0039-906X
ISSN: 0039-906X (pISSN: 0039-906X, eISSN: 1881-4751)
Title: 体力科學
Supplier: 日本体力医学会
Publisher: Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 30
必須 3
必須 148 159
都市 任意
年月日 必須 1981年 0月 初日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/110001934154/
DOI 任意 10.7600/jspfsm1949.30.148    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110001934154
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0019822429
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意