徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [海江田 義也]/小黒 信高/燃焼合成法で作製しプラズマ活性化焼結したTiAl-Mn材の酸化特性/[粉体および粉末冶金]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
91697
EOID
1035952
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 20:04:46
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 海江田 義也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 小黒 信高
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 燃焼合成法で作製しプラズマ活性化焼結したTiAl-Mn材の酸化特性

副題 任意
要約 任意

(日) 燃焼合成法で作製しプラズマ活性化焼結したTiAl-Mn材の酸化特性について調べた結果を報告する.TiAlは軽量高比強度高温材料として期待されているが,その延性に乏しいことと,耐酸化性が悪いことが実用化への大きな障害になっている.そこで,本研究ではMnを添加したTiAl材料を著者が発明した燃焼合成法で製造し,その酸化特性を調べた結果について報告した.燃焼合成法で素材を製造したあとプラズマ活性化焼結すると,簡単に100%の相対密度になり,耐酸化性も向上することを見出した.

キーワード 推奨
  1. (英) TiAl-Mn
  2. (英) combustion synthesis
  3. (英) plasma activated sintering
  4. (英) oxidation characteristics
発行所 推奨 (英) Japan Society of Powder and Powder Metallurgy / (日) 社団法人 粉体粉末冶金協会
誌名 必須 粉体および粉末冶金(社団法人 粉体粉末冶金協会)
(pISSN: 0532-8799, eISSN: 1880-9014)
ISSN 任意 0532-8799
ISSN: 0532-8799 (pISSN: 0532-8799, eISSN: 1880-9014)
Title: 粉体および粉末冶金
Supplier: 一般社団法人 粉体粉末冶金協会
Publisher: Funtai Funmatsu Yakin Kyokai
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 49
必須 11
必須 969 973
都市 任意
年月日 必須 2002年 11月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10010213981/
DOI 任意 10.2497/jjspm.49.969    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390001206307121920
NAID 10010213981
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意