徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: モーチョー/[吉栖 正典]/[土屋 浩一郎]/[香美 祥二]/[井澤 有紀]/藤田 佳子/ネルミン アリ/[兼松 康久]/[樋田 一徳]/[石村 和敬]/[玉置 俊晃]/Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation/[Molecular Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
90579
EOID
676572
Map
0
LastModified
2013年1月24日(木) 15:31:38
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
玉置 俊晃
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.医学部.医学科
著者 必須
  1. (英) Kyaw Moe / (日) モーチョー / (読) もーちょー
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《MOE KYAW (KYAW MOE) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 吉栖 正典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 土屋 浩一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 香美 祥二([徳島大学.病院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 井澤 有紀([薬理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Fujita Yoshiko / (日) 藤田 佳子 / (読) ふじた よしこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《藤田 佳子 (Fujita Yoshiko) @ 薬学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《藤田 佳子 (Fujita Yoshiko) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Ali Nermin / (日) ネルミン アリ / (読) ねるみん あり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《ネルミン ムハメド アリ (Ali Momamed Nermeen) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年10月〜2005年9月》
    《Nermin Mohamed Ali (Ali Mohamed Nermin) @ 医学部 [専攻生] 2001年8月〜2001年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 兼松 康久([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.脳神経外科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.地域脳神経外科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 樋田 一徳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 石村 和敬
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 玉置 俊晃
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation

副題 任意
要約 任意

(英) Angiotensin II (Ang II) plays an important role in several cardiovascular diseases associated with vascular smooth muscle cell (VSMC) growth and migration. Src activity is known to be required for the migration of a number of cell types. p130Cas was reported to be essential for cell migration and actin filament reorganization. Mitogen-activated protein (MAP) kinases were also reported to be critical regulatory factors for growth and migration of VSMC. However, precise intracellular mechanisms involving c-Src, p130Cas, and MAP kinases in Ang II-stimulated migration of VSMC have not been well elucidated. Here we demonstrated that Ang II rapidly and significantly stimulated tyrosine phosphorylation of Src and Cas and their association in rat aortic smooth muscle cells (RASMC). Ang II-stimulated tyrosine phosphorylation of Src and Cas and activation of ERK1/2 and JNK, but not p38, were potently inhibited by Src family tyrosine kinase inhibitors, herbimycin A (HA) and PP2. Ang II-stimulated Src and Cas association, tyrosine phosphorylation of Cas, and activation of ERK1/2 and JNK were suppressed in kinase-inactive Src (KI Src)-overexpressed RASMC. Ang II-stimulated JNK activation but not ERK1/2 activation was blocked in substrate domain-deleted Cas (DeltaSD Cas)-overexpressed RASMC. In addition, HA, PP2, ERK1/2 inhibitor, 2'-amino-3'-methoxyflavone (PD98059) and JNK inhibitor, and anthra[1,9-cd]pyrazol-6(2H)-one (SP600125) significantly inhibited Ang II-stimulated migration of RASMC. Ang II-induced colocalization of Src and Cas and migration were inhibited in both KI Src- and DeltaSD Cas-overexpressed RASMC. These findings suggest that Src and Cas are essentially but differentially involved in Ang II-stimulated migration of VSMC through the activation of ERK1/2 and JNK.

キーワード 推奨
  1. (英) Angiotensin II
  2. (英) Animals
  3. (英) Cell Adhesion
  4. (英) Cell Movement
  5. (英) Cells, Cultured
  6. (英) Cellular Apoptosis Susceptibility Protein
  7. (英) Enzyme Activation
  8. (英) Genes, src
  9. (英) JNK Mitogen-Activated Protein Kinases
  10. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  11. (英) Mitogen-Activated Protein Kinase 3
  12. (英) Mitogen-Activated Protein Kinases
  13. (英) Muscle, Smooth, Vascular
  14. リン酸化(phosphorylation)
  15. (英) Rats
  16. (英) Rats, Sprague-Dawley
  17. (英) Tyrosine
  18. (英) Vinculin
  19. (英) src-Family Kinases
発行所 推奨
誌名 必須 Molecular Pharmacology(American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics)
(pISSN: 0026-895X, eISSN: 1521-0111)
ISSN 任意 0026-895X
ISSN: 0026-895X (pISSN: 0026-895X, eISSN: 1521-0111)
Title: Molecular pharmacology
Title(ISO): Mol Pharmacol
Publisher: American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 65
必須 4
必須 832 841
都市 任意
年月日 必須 2004年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1124/mol.65.4.832    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15044612    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Pharmacology, The University of Tokushima School of Medicine, 3-18-15 Kuramoto, Tokushima 770-8503, Japan. yoshizu@basic.med.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't