徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [川上 慎吾]/[横関 雅彦]/[高橋 巧]/[堀内 信也]/[森山 啓司]/Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy/[American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
89383
EOID
667342
Map
0
LastModified
2012年10月24日(水) 19:50:46
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堀内 信也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 川上 慎吾
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 横関 雅彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 高橋 巧
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森山 啓司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy

副題 任意

(英) Comparison of occlusal stabilities after orthodontic treatment in a pair of brother and sister

要約 任意

(英) Macroglossia, or enlarged tongue, is thought to be an etiological factor in open bite, bimaxillary protrusion, and dental arch spacing, and it might cause instability after orthodontic treatment. Partial glossectomy to reduce tongue size might be a useful method of solving these problems. In this report, we describe orthodontic treatment of 2 siblings with enlarged tongues and arch-space problems. The sister, whose tongue was larger and spacing problem more severe, was treated with a partial glossectomy; her brother refused surgery and was treated with a tongue-crib appliance. Stability after orthodontic treatment was evaluated.

キーワード 推奨
  1. (英) Adolescent
  2. (英) Cephalometry
  3. (英) Child
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 子ども (children)
    [キーワード] 子どもの権利 (children's rights)
    [キーワード] 児童虐待 (child abuse)
  4. (英) Dental Arch
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Glossectomy
  7. (英) Humans
  8. (英) Macroglossia
  9. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  10. (英) Malocclusion
  11. (英) Orthodontic Appliances
  12. (英) Orthodontic Space Closure
  13. (英) Siblings
発行所 推奨 (英) The American Association of Orthodontists
誌名 必須 American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO)(American Association of Orthodontist (AAO))
(pISSN: 0889-5406, eISSN: 1097-6752)
ISSN 任意 0889-5406
ISSN: 0889-5406 (pISSN: 0889-5406, eISSN: 1097-6752)
Title: American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics
Title(ISO): Am J Orthod Dentofacial Orthop
Publisher: Mosby Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 127
必須 3
必須 364 373
都市 任意
年月日 必須 2005年 5月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.ajodo.2003.10.045    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15775954    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, 3-18-15 Kuramoto-cho, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article