徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [武知 正晃]/[鎌田 伸之]/久米 景子/[湯淺 哲也]/舘原 誠晃/[長山 勝]/再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例/[日本口腔外科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
86542
EOID
672859
Map
0
LastModified
2012年12月17日(月) 15:20:38
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 武知 正晃
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 鎌田 伸之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kume Keiko / (日) 久米 景子 / (読) くめ けいこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 湯淺 哲也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Tatehara Seiko / (日) 舘原 誠晃 / (読) たてはら せいこう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 長山 勝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of multiple oral cancer with aplastic anemia

(日) 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例

副題 任意
要約 任意

(英) We report a case of multiple oral cancer with aplastic anemia.<BR>The patient was 25-year-old man who was referred to our department for treatment of a mass in the right side of the maxillary gingiva in July 2001. He was given a diagnosis of aplastic anemia at 7 years of age. The maximum amount of mouth opening was 15mm, and a mass with an ulcer was present in the right upper molar region. Computed tomographic examination showed a mass and bone defect in the right maxillary sinus. A biopsy was performed, and the histopathological diagnosis was squamous cell carcinoma. After radiation therapy (external irradiation with <SUP>60</SUP>Co-γ rays), we conducted operation. Red cell and platelet transfusions as well as granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) administration were performed before operation because of decreased numbers of blood cells, and the patient underwent a pertial maxillectomy.<BR>In October 2002, a tumorous lesion appeared in the left side of the mandibular gingiva, and a biopsy revealed squamous cell carcinoma. After the platelet transfusion, resection of the tumor was performed. There has been no evidence of recurrence or metastasis for more than 1 year after surgery.

キーワード 推奨
  1. (英) aplastic anemia
  2. (英) multiple oral cancer
  3. (英) squamous cell carcinoma
発行所 推奨 (英) Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons / (日) 社団法人 日本口腔外科学会
誌名 必須 日本口腔外科学会雑誌([社団法人 日本口腔外科学会])
(pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
ISSN 任意 0021-5163
ISSN: 0021-5163 (pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
Title: Nihon Koku Geka Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Koku Geka Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人 日本口腔外科学会
Publisher: Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 50
必須 7
必須 438 441
都市 任意
年月日 必須 2004年 7月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10018619651/
DOI 任意 10.5794/jjoms.50.438    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10018619651
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意