徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nagai Akito/[北 研二]/Hanazawa Toshiyuki/Suzuki Tadashi/Iwasaki Tomohiro/Kawabata Takeshi/Nakajima Kunio/Shikano Kiyohiro/Morimoto Tsuyoshi/Sagayama Shigeki/Kurematsu Akira/HMM-LR音声認識のハードウェア化による実時間1000単語連続音声認識/International Conference on Spoken Language Processing

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
85127
EOID
755103
Map
0
LastModified
2014年11月12日(水) 13:15:29
Operator
北 研二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
北 研二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Nagai Akito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 認識アルゴリズムの設計

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hanazawa Toshiyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Suzuki Tadashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Iwasaki Tomohiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kawabata Takeshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Nakajima Kunio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Shikano Kiyohiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Morimoto Tsuyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Sagayama Shigeki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Kurematsu Akira
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hardware Implementation of Realtime 1000-Word HMM-LR Continuous Speech Recognition

(日) HMM-LR音声認識のハードウェア化による実時間1000単語連続音声認識

副題 任意
要約 任意

(英) This paper describes the design and development of the architecture of dedicated hardware which recognizes continuous speech sentence using a 1000-word vocabulary. It is based on the HMM-LR mechanism, which is an integration system of speech recognition and language analysis. The paper gives performance data with results within a pipeline delay of approximately 2 or 3 seconds, independently of the length of the sentence.

(日) 音声認識と言語解析を統合したHMM-LR音声認識アルゴリズムのハードウエア化について述べた.ハードウエア化することにより,文の長さによらず,発声終了から2∼3秒程度の遅れという,ほぼリアルタイムで日本語の音声認識を行なうことが可能になった.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) International Conference on Spoken Language Processing
ISSN 任意
必須
必須
必須 237 240
都市 必須
年月日 必須 1992年 10月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意