徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [池田 建司]/[最上 義夫]/[下村 隆夫]/適応観測器を用いた連続時間モデル同定/第4回制御部門大会資料

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
83326
EOID
130478
Map
0
LastModified
2004年5月31日(月) 15:29:13
Operator
池田 建司
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池田 建司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 計測自動制御学会
著者 必須
  1. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 最上 義夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 下村 隆夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Continuous-time model identification by using fast adaptive observer

(日) 適応観測器を用いた連続時間モデル同定

副題 任意

(日) 収束性の改善

要約 任意

(英) This paper introduces a new method to identify a continuous-time model from sampled I/O data by using an adaptive observer based on RLS(Recursive Least Squares) method. The convergence of the parameter estimate is considereably improved compared to the steepest descent method. In order to identify the plant from a finite number of I/O data, an adaptive observer for a backward system is also proposed.

キーワード 推奨
  1. (英) Continuous-time model / (日) 連続時間モデル / (読) れんぞくじかんもでる
  2. (英) identification / (日) システム同定 / (読) しすてむどうてい
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] システム同定 (system identification)
    [キーワード] 同定 (identification)
  3. (英) Sampled-data system / (日) サンプル値系 / (読) さんぷるちけい
  4. (英) adaptive observer / (日) 適応観測器 / (読) てきおうかんそくき
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 第4回制御部門大会資料
ISSN 任意
必須
必須
必須 231 236
都市 必須 (英) Kitakyushu / (日) 北九州 / (読) きたきゅうしゅう
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[都市] 北九州 (Kitakyushu/[日本国])
年月日 必須 2004年 5月 26日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意