徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 金崎 淑子/[小畑 利之]/松嶋 理恵/南 麻子/[湯浅 智之]/[岸 和弘]/[坂東 良美]/[上原 久典]/[泉 啓介]/三谷 匡/[松本 満]/竹下 ゆかり/[中屋 豊]/[松本 俊夫]/[蛯名 洋介]/KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes/[Endocrine Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
82580
EOID
692900
Map
0
LastModified
2013年7月1日(月) 11:50:59
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
湯浅 智之
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Kanezaki Yoshiko / (日) 金崎 淑子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《金崎 淑子 (Kanezaki Yoshiko) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 小畑 利之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Matsushima Rie / (日) 松嶋 理恵
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松嶋 理恵 (Matsushima Rie) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《松嶋 理恵 (Matsushima Rie) @ 栄養学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Minami Asako / (日) 南 麻子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《南 麻子 (Minami Asako) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 湯浅 智之([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 岸 和弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 上原 久典([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 泉 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Mitani Tasuku / (日) 三谷 匡
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Takeshita Yukari / (日) 竹下 ゆかり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《竹下 ゆかり (Takeshita Yukari) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《竹下 ゆかり () @ 医学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  13. 中屋 豊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 蛯名 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes

副題 任意
要約 任意

(英) Impaired insulin secretion and insulin resistance are thought to be two major causes of type 2 diabetes mellitus. There are two kinds of diabetic model mice: one is a K(ATP) channel knockout (Kir6.2KO) mouse which is defective in glucose-induced insulin secretion, and the other is a transgenic mouse expressing the tyrosine kinase-deficient (dominant-negative form of) human insulin receptor (hIR(KM)TG), and which has insulin resistance in muscle and fat. However, all of these mice have no evidence of overt diabetes. To determine if the double mutant Kir6.2KO/hIR(KM)TG mice would have diabetes, we generated mutant mice by crossbreeding, which would show both impaired glucose-induced insulin secretion and insulin resistance in muscle and fat. We report here that: 1) blood glucose levels of randomly fed and 6 h fasted double mutant (Kir6.2KO/hIR(KM)TG) mice were comparable with those of wild type mice; 2) in intraperitoneal glucose tolerance test (ipGTT), Kir6.2KO/hIR(KM)TG mice had an impaired glucose tolerance; and 3) during ipGTT, insulin secretion was not induced in either Kir6.2KO/hIR(KM)TG or Kir6.2KO mice, while the hIR(KM)TG mice showed a more prolonged insulin secretion than did wild type mice; 4) hyperinsulinemic euglycemic clamp test revealed that Kir6.2KO, Kir6.2KO/hIR(KM)TG and hIR(KM)TG mice, showed decreased whole-body glucose disposal compared with wild type mice; 5) Kir6.2KO, but not Kir6.2KO/hIR(KM)TG mice had some obesity and hyperleptinemia compared with wild type mice. Thus, the defects in glucose-induced insulin secretion (Kir6.2KO) and an insulin resistance in muscle and fat (hIR(KM)TG) were not sufficient to lead to overt diabetes.

キーワード 推奨
  1. (英) Adipose Tissue
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 褐色脂肪組織 (brown adipose tissue)
  2. (英) Animals
  3. (英) Blood Glucose
  4. (英) Enzyme Activation
  5. (英) Epididymis
  6. (英) Fasting
  7. (英) Genes, Dominant
  8. (英) Genotype
  9. (英) Glucose
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] グルコース (glucose)
  10. (英) Glucose Clamp Technique
  11. (英) Glucose Intolerance
  12. (英) Glucose Tolerance Test
  13. (英) Humans
  14. (英) Insulin
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] インスリン (insulin)
    [キーワード] インスリン遺伝子 (insulin gene)
    [キーワード] インスリン抵抗性 (insulin resistance)
    [キーワード] 可溶性インスリン受容体 (soluble insulin receptor)
  15. (英) Leptin
  16. (英) Liver
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ドラッグデリバリーシステム (drug delivery system/->キーワード[薬物送達システム])
    [キーワード] 薬物送達システム (drug delivery system)
  17. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  18. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  19. (英) Mice, Knockout
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  20. (英) Mice, Transgenic
  21. (英) Organ Size
  22. (英) Postprandial Period
  23. (英) Potassium Channels, Inwardly Rectifying
  24. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  25. (英) Proto-Oncogene Proteins
  26. (英) Proto-Oncogene Proteins c-akt
  27. (英) Receptor, Insulin
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 可溶性インスリン受容体 (soluble insulin receptor)
発行所 推奨
誌名 必須 Endocrine Journal([社団法人 日本内分泌学会])
(pISSN: 0918-8959, eISSN: 1348-4540)
ISSN 任意 0918-8959
ISSN: 0918-8959 (pISSN: 0918-8959, eISSN: 1348-4540)
Title: Endocrine journal
Title(ISO): Endocr J
Supplier: 一般社団法人 日本内分泌学会
Publisher: Japan Endocrine Sociey/Nihon Naibunpi Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 51
必須 2
必須 133 144
都市 任意
年月日 必須 2004年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1507/endocrj.51.133    (→Scopusで検索)
PMID 任意 15118262    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Molecular Genetics, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't