徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [南川 貴子]/[田村 綾子]/[桑村 由美]/[森本 忠興]/看護学生の実習開始前と終了後の観察の相違に関する検討/[JNI : The Journal of Nursing Investigation]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
81388
EOID
673065
Map
0
LastModified
2012年12月18日(火) 15:42:00
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 貴子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座
著者 必須
  1. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 田村 綾子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森本 忠興
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Study on the difference in observation points between students before and after experiencing related nursing practice

(日) 看護学生の実習開始前と終了後の観察の相違に関する検討

副題 任意

(英) On the observations of vital signs and oxygen inhalation by use of an acute stage dummy

(日) 術後急性状況のモデル人形を用いたバイタルサインと酸素吸入療法の観察に注目して

要約 任意

(英) The difference in observation points for postoperative patients between two groups of nursing students was analyzed in terms of the students' experience of related training for the purpose of improving the training tutorial. The object was 72 students before starting adult nursing training (nursing of the acute stage patient) and 45 students after the training termination. The students were allowed to observe an acute stage dummy for 10 minutes and to write down the observation results of the 'drains and tubes', 'fluid therapy', and 'vital signs'. The descriptions about these three items were analyzed by classifying them into 'correct', 'mistaken', and 'no description'. The main results are as follows. The percentage of nursing students who correctly reported the 'heart rate on the monitor' was lower in the group after training termination comparing to the other group. As for the 'oxygen flow rate', many mistakes were found in the both groups, indicating the technical problem on the monitoring of the oxygen flow meter. In the both groups, no student described 'core temperature on the monitor' and 'oxygen concentration'. These results suggest the necessity of developing tutorial method to improve the students' observation ability for postoperative patients. The use of an acute stage dummy would be helpful for the practice of observations. It is also necessary for the teachers to check the observation behaviors of students during the exercises and practices in order to make the observations correct.

(日) 本研究は術後急性期の状況を設定したモデル人形を用い,実習開始前と実習終了後の学生が行なった術後患者に対する観察のちがいを分析し,今後の実習指導に生かすことを目的に行った. 対象は成人看護実習(急性期患者の看護)の実習開始前の学生72名と実習終了後の学生45名であった. 方法は実習室でモデル人形を用いて,10分間学生に自由に観察させた.この時の観察用紙に記入された記入項目を分析対象とした.分析方法は「ドレーン·チューブについて」「輸液について」「バイタルサインについて」を自由に記載してもらい,筆者らが『観察できた』『誤認』『記入なし』の3つに分類した. その結果,「モニター上に表示:心拍数」は実習終了後の学生の方が観察できていなかった.「酸素流量」は,『誤認』がどちらの学生も他の項目より多く,酸素流量計の見方を正確に把握していないことがわかった.「モニター上に表示:深部体温」,「酸素濃度」に関してはどちらの学生も『記入なし』であった.今後は学生の術後患者に対する観察能力が,より向上するように指導を行なっていく必要性が示唆された.そのためには急性期モデル人形を活用することで観察の機会を多くして練習を重ねるとともに,演習時および実習時において観察が的確になされているかを教員が確認する必要が示唆された.

キーワード 推奨
  1. (日) 術後急性期
  2. (日) 観察
  3. (日) 急性期モデル人形
発行所 推奨 徳島大学.医学部
誌名 必須 JNI : The Journal of Nursing Investigation([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1348-3722)
ISSN 任意 1348-3722
ISSN: 1348-3722 (pISSN: 1348-3722)
Title: JNI : the journal of nursing investigation
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 2
必須 1
必須 1 6
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2004年 3月 5日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40006297924/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40006297924
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意