徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Obika Masanobu/Kawada Kazuo/[藤澤 正一郎]/Yamamoto Toru/Suita Yoshikazu/The Creation of the Motion Pattern Attended with Emergence Using Evolutional Computation/Proc. of the SICE Annual Conference 2003

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
81180
EOID
474658
Map
0
LastModified
2009年11月6日(金) 15:14:22
Operator
藤澤 正一郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
藤澤 正一郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座(〜2014年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Obika Masanobu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kawada Kazuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 藤澤 正一郎
    役割 任意

    (日) シミュレーション実験とその結果の考察を担当

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Yamamoto Toru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Suita Yoshikazu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Creation of the Motion Pattern Attended with Emergence Using Evolutional Computation

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文ではGAのみによるAcrobotと呼ばれる劣駆動マニピュレータの振り上げパターン生成を目的にする.遺伝子長にサンプリングタイムごとの動作指令値を配列することで,一連の動作として学習できる.また,個体ごとの振り上がり時間の長短により,遺伝子長が可変になる.これにより,学習の無駄が軽減され,計算時間も短縮される.以下に本手法とそれにおける評価関数を提案するとともに,その有効性をシミュレーションにより検証する.また有効性を計るためにSpongによるZero Dynamics法との結果の比較を行う.

キーワード 推奨
発行所 推奨 計測自動制御学会
誌名 必須 (英) Proc. of the SICE Annual Conference 2003
ISSN 任意
必須
必須
必須 698 702
都市 必須 福井(Fukui/[日本国])
年月日 必須 2003年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意