徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Oda Tomokazu/[財田 伸介]/[久保 満]/[河田 佳樹]/[仁木 登]/Sasagawa Michizou/Ohmatsu Hironobu/Kakinuma Ryutaro/Kaneko Masahiro/Kusumoto Masahiko/Eguchi Kenji/Nishiyama Hiroyuki/Mori Kiyoshi/Moriyama Noriyuki/Nodule detection algorithm based on multislice CT images for lung cancer screening/[Proceedings of SPIE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
81006
EOID
539152
Map
0
LastModified
2010年11月24日(水) 16:56:16
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
河田 佳樹
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.光応用工学科.光情報システム講座
著者 必須
  1. (英) Oda Tomokazu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 財田 伸介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 久保 満
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 河田 佳樹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光情報システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光情報システム講座])
    役割 任意

    (日) pp.1083-1090,担当:実験

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 仁木 登
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Sasagawa Michizou
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ohmatsu Hironobu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kakinuma Ryutaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Kaneko Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Kusumoto Masahiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Eguchi Kenji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Nishiyama Hiroyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Mori Kiyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Moriyama Noriyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Nodule detection algorithm based on multislice CT images for lung cancer screening

副題 任意
要約 任意

(日) 近年,連続撮影が可能なヘリカルCTの肺がん検診への導入がなされている.しかし,飛躍的に増大する3次元画像の検診には膨大な時間と労力が必要となり,計算機による肺がん検診システムの開発が求められている.著者等はシングルヘリカルCTによるスライス厚10mmのCT画像を使用した肺がん検出のコンピュータ支援診断システムの研究開発を進めている.本論文では,マルチスライスヘリカルCTによって得られるスライス厚2mmの検診用CT画像を用いて微小肺がん候補陰影を検出するアルゴリズムした.これは,従来法である2次元処理に基づく異常陰影の検出法の精度の限界を示し,3次元画像処理によって胸部構造を認識して肺がん候補陰影を高精度に検出することを目指したものである.約300症例のデータセットに適用して本手法の有用性を示した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Proceedings of SPIE([SPIE The International Society for Optical Engineering])
(resolved by 0277-786X)
ISSN: 0277-786X (pISSN: 0277-786X, eISSN: 1996-756X)
Title: Proceedings of SPIE--the International Society for Optical Engineering
Title(ISO): Proc SPIE Int Soc Opt Eng
 (NLM Catalog  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1996-756X)
ISSN: 0277-786X (pISSN: 0277-786X, eISSN: 1996-756X)
Title: Proceedings of SPIE--the International Society for Optical Engineering
Title(ISO): Proc SPIE Int Soc Opt Eng
 (NLM Catalog  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 5370
必須
必須 1083 1090
都市 必須 サンディエゴ(San Diego/[アメリカ合衆国])
年月日 必須 2004年 2月 14日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意