徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Yoshimura, Naotaka/[上月 康則]/[村上 仁士]/[倉田 健悟]/Otsuka, Koji/Nakatani, Naoki/Environmental Evaluation of An Artificial Lagoon by The Sessile Organisms Community/Recent Advances in Marine Science and Technology 2002

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
79677
EOID
217343
Map
0
LastModified
2005年3月14日(月) 10:54:31
Operator
村上 仁士
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上月 康則
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座(〜2014年3月31日)
  2. 徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座(〜2014年3月31日)
  3. 徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座(〜2014年3月31日)
  4. 島根大学.汽水域研究センター
  5. 大阪府立大学
  6. 大阪府立大学
著者 必須
  1. (英) Yoshimura, Naotaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
    役割 任意

    (日) 結論(4)に関するデータ整理,考察の一部を担当した.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 村上 仁士
    役割 任意

    (日) 計画,総括指導

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 倉田 健悟([島根大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Otsuka, Koji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Nakatani, Naoki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Environmental Evaluation of An Artificial Lagoon by The Sessile Organisms Community

副題 任意
要約 任意

(日) 付着生物,海藻や水質を改善するために人工ラグーンが1996年,大阪湾に建設されている.本研究は年2回水質,生物調査を行い,海水浄化機能を維持するための最適な維持管理を提案する.(1)外海に近い護岸にあるエリアAでは付着生物相は多様性に富んでいた.(2)エリアAに近いエリアBでは種数はエリアAよりも小さかった.(3)陸域に近い砂浜となっているエリアCでは海藻が過剰に繁茂し,生物の種数も少なかった.(4)エリアCの結果から,静穏な水域を創出すると海藻が繁茂し,栄養塩を固定する.しかし,海藻を食する生物が少ない場合には,海底に枯死した海藻が堆積し,環境を悪化させるので,定期的に除去する必要があることを示している.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Recent Advances in Marine Science and Technology 2002
ISSN 任意
必須
必須
必須 437 446
都市 任意
年月日 必須 2003年 4月 23日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意