徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nomura Ryosuke/Mori Takahiro/[金崎 英二]/[薮谷 智規]/Removal of Phosphate in Water to Layered Double Hydroxide/[International Journal of Modern Physics B]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
79209
EOID
879636
Map
0
LastModified
2017年12月14日(木) 13:24:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座
著者 必須
  1. (英) Nomura Ryosuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Mori Takahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 金崎 英二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 薮谷 智規
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Removal of Phosphate in Water to Layered Double Hydroxide

副題 任意
要約 任意

(日) 層間に塩化物イオンを含むMg/Al層状複水酸化物を合成し,これを水溶液中のリン酸イオンの除去剤として用いた.その結果pH12.8の低濃度水溶液 (0.5ppm-2.0ppm)からはリン酸イオンを100%除去できることを見出した.固体化学的測定により,水溶液中のリン酸イオンは除去剤として用いた層状複水酸化物層間の塩化物イオンとイオン交換によるインタ-カレ-ションによって取り込まれたと結論した.

キーワード 推奨
  1. material development(material development)
発行所 推奨 World Scientific
誌名 必須 International Journal of Modern Physics B([World Scientific])
(pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)
ISSN 任意 0217-9792
ISSN: 0217-9792 (pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)
Title: International journal of modern physics. B
Title(ISO): Int J Mod Phys B
Publisher: World Sci. Publ., Singapore.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 17
必須 8&9
必須 1458 1463
都市 任意
年月日 必須 2003年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1142/S0217979203019150    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000183290100055
Scopus 任意 2-s2.0-0038101456
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意