徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 石田 行雄/近藤 宣昭/相原 俊三/[中川 秀幸]/Difference between inhibitory actions of papaverine and dehydroepiandrosterone on the isolated guinea-pig ileum/[The Japanese Journal of Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78434
EOID
841145
Map
0
LastModified
2016年12月6日(火) 16:40:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 近畿大学
著者 必須
  1. (英) Ishida Yukio / (日) 石田 行雄 / (読) いしだ ゆきお
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kondo Noriaki / (日) 近藤 宣昭 / (読) こんどう のりあき
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Aihara Syunzo / (日) 相原 俊三 / (読) あいはら しゅんぞう
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中川 秀幸
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Difference between inhibitory actions of papaverine and dehydroepiandrosterone on the isolated guinea-pig ileum

副題 任意
要約 任意

(英) Dehydroepiandrosterone (DEA), a metabolite of steroid hormone in the urine, differed from papaverine in the mode of inhibitory action on the isolated guinea-pig ileum. Papaverine inhibited both phasic and tonic contractions induced by an agonist, while DEA inhibited the phasic contraction without apparent fatigue of the tonic phase. The main action of papaverine seems to be predominatly a metabolic inhibition similar to that of metabolic inhibitors, but the action of DEA could not be ascribed to that of metabolic inhibition. In the presence of papaverine or metabolic inhibitors the height of maximal contraction of an agonist tested by the cumulative method was greatly depressed and less than that by a single method. The longer the time involved in the cumulative doses, the lower was the maximal contraction.

(日) 尿中に代謝されたステロイドホルモンの一種であるデヒドロエピアンドロステロン(DEA)は摘出モルモット回腸平滑筋において,パパベリンとは異なった作用を示した.アセチルコリン収縮に対するパパベリンの抑制作用は主に代謝阻害作用に起因していりと思われるが,DEAのそれは代謝阻害作用yアデニル酸シクラーぜ系以外の非特異的作用であるものと示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) guinea-pig ileum / (日) モルモット回腸 / (読) もるもっとかいちょう
  2. (英) papaverine / (日) パパベリン / (読) ぱぱべりん
  3. (英) dehydroepiandrosterone / (日) デハイドロエピアンドロステロン / (読) ではいろえぴあんどろすてろん
  4. (英) metabolic inhibition / (日) 代謝阻害 / (読) たいしゃそがい
発行所 推奨 日本薬理学会
誌名 必須 The Japanese Journal of Pharmacology([日本薬理学会])
(pISSN: 0021-5198, eISSN: 1347-3506)
ISSN 任意 0021-5198
ISSN: 0021-5198 (pISSN: 0021-5198, eISSN: 1347-3506)
Title: Japanese journal of pharmacology
Title(ISO): Jpn J Pharmacol
Supplier: 公益社団法人 日本薬理学会
Publisher: Japanese Pharmacological Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 25
必須 6
必須 719 726
都市 任意 京都(Kyoto/[日本国])
年月日 必須 1975年 12月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 132553    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0016676637
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article