徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中川 秀幸]/山口 知栄子/Cytostatic effect of a β-galactoside-binding lectin fron the sea urchin, Toxopneustes pileolus/The 9 th Naito Conference on Bioactive Natural Products and their Modes of Action

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78339
EOID
841318
Map
0
LastModified
2016年12月7日(水) 17:15:00
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨 招待
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 生命科学講座(〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. 中川 秀幸
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yamaguchi Chieko / (日) 山口 知栄子 / (読) やまぐち ちえこ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cytostatic effect of a β-galactoside-binding lectin fron the sea urchin, Toxopneustes pileolus

副題 任意
要約 任意

(日) ラッパウニの大型叉棘から精製されたレクチン(SUL-I)はマウス脾臓細胞の増殖活性を示したが,一方,増殖の抑制作用も引き起こした.これらの作用はSUL-I が細胞膜上のDーガラクトスとの結合によるものであると思われた.

キーワード 推奨
  1. (英) sea urchin lectin / (日) ウニレクチン / (読) うにれくちん
  2. (英) Toxopneustes pileolus / (日) ラッパウニ / (読) らっぱうに
  3. (英) D-galactose / (日) Dーガラクトース / (読) ーがらくとーす
  4. (英) mitogenic stimulation / (日) 細胞増殖活性 / (読) さいぼうぞうしょくかっせい
  5. (英) cytostaitic effect / (日) 細胞増殖抑制 / (読) さいぼうぞうしょくよくせい
発行所 推奨 (英) The Naito Foundation / (日) 内藤財団 / (読) ないとうざいだん
誌名 必須 (英) The 9 th Naito Conference on Bioactive Natural Products and their Modes of Action
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 104 104
都市 必須 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 1997年 10月 15日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意