徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 鈴木 有朋/蒲生 寿美子/[中川 秀幸]/モルモット摘出精嚢におけるK, acetylcholine, noradrenalineおよびBaの収縮機序,特にCaとの関連/Med. J. Kinki Univ.

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78332
EOID
841148
Map
0
LastModified
2016年12月6日(火) 16:40:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 近畿大学
著者 必須
  1. (英) Suzuki Aritomo / (日) 鈴木 有朋 / (読) すずき ありとも
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Gamou Sumiko / (日) 蒲生 寿美子 / (読) がもう すみこ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中川 秀幸
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Mechanism of the contracting actions of K, acetylcholine, noradrenaline and Ba in the excised seminal vesicle of guinea pig, particulary in relation to Ca.

(日) モルモット摘出精嚢におけるK, acetylcholine, noradrenalineおよびBaの収縮機序,特にCaとの関連

副題 任意
要約 任意

(日) モルモット摘出精嚢条片におけるK+, acetylcholine(ACh), noradrenaline (NA)およびBa2+による収縮はphasic contraction (PC)とこれに続くtonic contraction(TC)よりなる.AChおよびNAのPCならびにTcは主にCa2+の遊離によって起こるが,K+のPCはCa2+の遊離と流入によって維持されると推定された.Ba2+の収縮はCa2+の遊離のみによって起こるものと推定された.

キーワード 推奨
  1. (英) guinea pig seminal vesicle / (日) モルモット精嚢 / (読) もるもっとせいのう
  2. (英) potassyuim / (日) カリウム / (読) かりうむ
  3. (英) acetylcholine / (日) アセチルコリン / (読) あせちるこりん
  4. (英) noradrenaline / (日) ノルアドレナリン / (読) のるあどれなりん
  5. カルシウム(calcium)
  6. (英) contraction / (日) 収縮 / (読) しゅうしゅく
発行所 推奨 (英) Kinki University School of Medicine / (日) 近畿大学医学部 / (読) きんきだいがくいがくぶ
誌名 必須 (英) Med. J. Kinki Univ.
ISSN 任意
必須 1
必須 2
必須 115 120
都市 任意 大阪(Osaka/[日本国])
年月日 必須 1976年 12月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意