徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 柳川 孝生/鈴木 有朋/田尻 尚士/[中川 秀幸]/平滑筋弛緩薬の作用に及ぼすImidazoleの影響/近畿大学医学雑誌

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78326
EOID
841152
Map
0
LastModified
2016年12月6日(火) 16:40:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 近畿大学
著者 必須
  1. (英) Yanagawa Takao / (日) 柳川 孝生 / (読) やながわ たかお
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Suzuki Aritomo / (日) 鈴木 有朋 / (読) すずき ありとも
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tajiri Takashi / (日) 田尻 尚士 / (読) たじり たかし
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中川 秀幸
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Influence of imidazole on the response to the smooth muscle relaxants

(日) 平滑筋弛緩薬の作用に及ぼすImidazoleの影響

副題 任意
要約 任意

(日) ウサギ摘出小腸を用い,諸種薬物の作用とcAMPとの関連性をimidazoleの影響から検討した.α受容体刺激薬,NaNO2およびATPによる弛緩作用はimidozoleにより抑制されなかったが,β受容体刺激薬,dibutryl cAMPあるいは低濃度のpapaverineによる弛緩はimidazoleにより著明に抑制された.これらの結果から,細胞内cAMPを介する弛緩作用はimidazoleによって抑制されると示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) rabbit ileum / (日) ウサギ回腸 / (読) うさぎかいちょう
  2. (英) imidazole / (日) イミダゾール / (読) いみだぞーる
  3. (英) cyclic AMP / (日) サイクリックエーエムピー / (読) さいくりっくえーえむぴー
  4. (英) smooth muscle relaxant / (日) 平滑筋弛緩薬 / (読) へいかつきんちかんやく
発行所 推奨 (英) Kinki University School of Medicine / (日) 近畿大学医学部 / (読) きんきがいがくいがくぶ
誌名 必須 (英) Med. J. Kinki Univ. / (日) 近畿大学医学雑誌 / (読) きんきだいがくいがくざっし
ISSN 任意
必須 4
必須 4
必須 553 558
都市 任意 大阪(Osaka/[日本国])
年月日 必須 1979年 12月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意