徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [宮崎 隆義]/不釣り合いな結婚の生態(4):「良心ゆえに」の場合/[徳島大学総合科学部言語文化研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78273
EOID
877014
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:53:10
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宮崎 隆義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科(1993年4月1日〜)
著者 必須
  1. 宮崎 隆義
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Modes of Mismating (4): In the Case of "For conscience' Sake"

(日) 不釣り合いな結婚の生態(4):「良心ゆえに」の場合

副題 任意

(英) Hankering for 'a Congenial Channel'

(日) 共感の通路を求めて

要約 任意

(日) 本論文は,結婚の約束をしながら見捨ててしまったかつての恋人に良心の呵責を感じた男が,20年の歳月を経て結婚の約束を果たそうとする様を,時間の流れによって男と女の繋がりが変容し,もはや繋がり得なくなっていることを,それぞれの思惑や思い込みから分析しつつ,普遍的なテーマである男と女の繋がり,さらには親子の繋がりといった,人間同士の繋がりが,いかにして形成され,崩壊してゆくかを分析し論じようとした.

キーワード 推奨
  1. (英) Thomas Hardy / (日) トマス ハーディ / (読) とます はーでぃ
  2. (英) For Conscience' Sake / (日) 良心ゆえに / (読) りょうしんゆえに
  3. (英) conscience / (日) 良心 / (読) りょうしん
  4. (英) a congenial channel / (日) 共感の通路 / (読) きょうかんのつうろ
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部言語文化研究([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(pISSN: 1340-5632, eISSN: 2433-345X)
ISSN 任意 1340-5632
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 11
必須 0
必須 59 68
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2004年 1月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004684690/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110004684690
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 464
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意