徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 八田 武志/[山本 真由美]/広瀬 雄彦/両耳分離聴検査による言語音認知の左右耳機能差の発達/[心理學研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
78031
EOID
680177
Map
0
LastModified
2013年2月27日(水) 11:28:46
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山本 真由美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 関西保育福祉専門学校
著者 必須
  1. (日) 八田 武志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 山本 真由美([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 広瀬 雄彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Development of the right ear advantage in dichotic listening test

(日) 両耳分離聴検査による言語音認知の左右耳機能差の発達

副題 任意

(英) Comparison of the findings by cross-sectional and longitudinal studies

(日) 横断および縦断検査結果の比較

要約 任意

(日) 幼児期における聴覚機能の大脳半球機能差を明らかにするために言語音の両耳分離聴検査を横断的研究方法と縦断的研究方法で実施した.その結果,両研究方法で右耳優位率の増加,つまり大脳半球機能差が加齢に伴って確立することが明らかとなったが,両研究方法の結果は一致するものではなかった.このことは個人の発達レベルにかなり差があることを示唆すると言える.

キーワード 推奨
  1. (英) dichotic listening test / (日) 両耳分離聴検査 / (読) りょうみみぶんりちょうけんさ
  2. (英) ritght ear advantage / (日) 右耳優位 / (読) みぎみみゆうい
  3. (英) longitudial study / (日) 縦断研究 / (読) じゅうだんけんきゅう
  4. 小児(infant)
発行所 推奨 社団法人 日本心理学会
誌名 必須 心理學研究([社団法人 日本心理学会])
(pISSN: 0021-5236, eISSN: 1884-1082)
ISSN 任意 0021-5236
ISSN: 0021-5236 (pISSN: 0021-5236, eISSN: 1884-1082)
Title: Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology
Title(ISO): Shinrigaku Kenkyu
Supplier: 学術雑誌目次速報データベース由来
Publisher: Japanese Psychological Association
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 61
必須 5
必須 308 313
都市 任意
年月日 必須 1990年 0月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000239890/
DOI 任意 10.4992/jjpsy.61.308    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110000239890
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意