徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山本 真由美]/八田 武志/大脳半球間伝達からみた幼児,青年,老年者の触認知について/心理学研究

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
77296
EOID
112767
Map
0
LastModified
2003年12月22日(月) 14:28:20
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山本 真由美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 関西保育福祉専門学校
著者 必須
  1. 山本 真由美([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 八田 武志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 大脳半球間伝達からみた幼児,青年,老年者の触認知について

副題 任意
要約 任意

(日) 幼児,青年,老人を対象とし,触認知機能における大脳半球機能差の確立と両半球間統合の発達過程について検討した.その結果,正答率は青年が最も高く,幼児が最も低かった.また,幼児では,左右手の遂行成績に差が認められたが,青年,老人では差が認められなかった.このことから幼児は大脳半球機能の統合が十分ではないことが明らかとなった.老人は青年と同様のメカニズムがあるが,その能力は減衰しているのではないかと考えられた.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (日) 心理学研究 / (読) しんりがくけんきゅう
ISSN 任意
必須 55
必須
必須 311 314
都市 任意
年月日 必須 1984年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意