徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/生体機能工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
76894
EOID
378622
Map
[2003/生体機能工学]
LastModified
2007年12月28日(金) 19:40:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[博士後期課程運営委員会委員長]/[工学研究科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学研究科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (英) Biofunctional Engineering / (日) 生体機能工学 / (読) せいたいきのうこうがく
コース 必須
  1. 2004/[機能システム工学専攻]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 金品 昌志
    肩書 任意
  2. 松木 均([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須
概要 必須

(英) Biomembranes and artificial membranes by self-organization of biomolecules such as lipids, proteins and saccharide. Structural and biofunctional properties of biomembranes and model biomembranes. High-pressure adaptation of biomembranes. Molecular interactions between biomolecules and drugs. Molecular and cellular mechanisms of biological functions.

(日) 生物の持つ優れた機能の多くは生体膜で発現する.生体膜は生体を構成する生体分子(脂質,タンパク質,糖など)の自己組織化により構築されている.生体機能の分子論的理解とこれらの機能の工学的利用ならびに生体機能を模倣した技術に関する基礎理論とその応用について講述する. (金品昌志教授)生体分子の自己組織化により構築された生体膜の分子機械としての構造と機能について熱力学的ならびに分子論的視点から講義する. (松木 均助教授)生体膜および生体モデル膜の機能発現にかかわる分子間相互作用を熱力学的,界面科学的視点から体系的に講義する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
計画 必須
評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です