徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/公共計画学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
76772
EOID
378898
Map
[2003/公共計画学]
LastModified
2007年12月28日(金) 20:01:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 光男
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (英) Infrastructure Planning / (日) 公共計画学 / (読) こうきょうけいかくがく
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 近藤 光男
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 社会基盤施設と社会資本の定義,社会資本の特徴,社会資本整備の変遷など,公共計画の基礎知識を身につけるとともに,計画の策定過程,目的と目標,計画における予測と評価の考え方や手法を理解し,公共計画の立案に必要な素養や構成力を身につけることを目的とする.

概要 必須

(日) 教科書に加え,関連資料や現実の公共計画の事例を用い,わかりやすく講述する.必要に応じてレポートを課し,学生の理解度を確かめながら授業を進める.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特になし.

注意 任意

(日) 特になし.

目標 必須
  1. (日) 現実の社会において社会資本整備に関わる問題点を指摘し,今後の課題を整理して記述することができるとともに,課題解決のための計画の枠組みが示せ,計画に含まれる社会的な予測手法や評価手法について説明することができる.

計画 必須
  1. (英) Outline of Infrastructure Planning

    (日) 公共計画学の概説

  2. (英) Definition of Public Facilities

    (日) 社会基盤施設と社会資本の定義

  3. (英) Characteristics of Public Facilities

    (日) 社会資本とその特徴

  4. (英) History of Development of Public Facilities

    (日) 社会資本整備の変遷

  5. (英) Procedure of Planning

    (日) 計画の策定過程

  6. (英) Goals and Objectives

    (日) 計画の目的と目標

  7. (英) Prediction

    (日) 計画における予測

  8. (英) Method of Prediction

    (日) 需要予測手法

  9. (英) Effect of Development of Public Facilities

    (日) 社会基盤整備の効果

  10. (英) Evaluation in Planning

    (日) 計画の評価

  11. (英) Method of Evaluation

    (日) 評価手法

  12. (英) Input-Output Analyisis

    (日) 産業連関分析

  13. (英) Cost Benefit Analysis

    (日) 産費用便益分析

  14. (英) Environmental Acessnent

    (日) 環境アセスメント

  15. (英) Future in Infrastructure Planning

    (日) これからの公共計画

  16. (英) Examination

    (日) 定期試験

評価 必須

(日) 授業時間数の2/3以上出席し,到達目標が達成されているかをレポートの内容(30%)と定期試験の成績(70%)を総合して行う.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の3(2),4(1),4(2)をそれぞれ20%,1(1),1(2),1(3),3(3)をそれぞれ10%に対応する.

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 河上省吾:土木計画学,鹿島出版会

参考資料 推奨
  1. (日) 土木学会:土木工学ハンドブック,技報堂

  2. (日) 青山吉隆:図説都市地域計画,丸善

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 近藤光男,総合研究実験棟,656-7339,kondo@eco.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 特になし.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です