徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/建築概論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
76575
EOID
530497
Map
[2003/建築概論]
LastModified
2010年9月9日(木) 16:10:57
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (英) Introduction of Architecture / (日) 建築概論 / (読) けんちくがいろん
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 渡邊 速((有)渡辺企画設計)
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 建築一般の知識を学ぶことにより,建築学への理解,並びに実践的な内容に対する理解を深める.また土木工学や建築学との差異を考えると同時に共通点を見いだし,今後の町づくりや景観に対する理解を深め,社会に対しての役割を学習する.

概要 必須

(日) 以下の4つの分野について学習する.1.建築一般:後世に残る名建築,有名建築家,並びに設計内容をビデオ等を用いて紹介するとともに建築士資格等について講述する.2.建築の歴史:西洋および日本建築の建築様式の推移を述べる.3.建築法規:建築基準法,その他関連法規の内容について講述する.4.建築設備,構造,施工:建築物に付随する設備の内容,建築物を構成する多様な構造様式ならびに実際の施工について述べる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特になし.

注意 任意

(日) 特になし

目標 必須
  1. (日) 西洋,日本の建築様式の変遷を学習することにより,各時代と建築様式の関連を理解する.

  2. (日) 建築物の計画に際して,各種関連法規等の関わりを理解する.

  3. (日) 建築物の計画に際して,計画に関わる各種留意点を理解し,説明できる.

計画 必須
  1. (日) 建築物の変遷

  2. (日) 日本の先史時代から古代の建築

  3. (日) 日本の中世の都市と住居

  4. (日) 日本の近世の都市と住居

  5. (日) 西欧における様式建築からモダニズムへの移行

  6. (日) 明治から昭和の住宅建築

  7. (日) 戦後の日本の住宅建築の試行とデザイン

  8. (日) 現代の住居建築の紹介と検証

  9. (日) 日本の現代住居の問題と今後·レポート

  10. (日) 住宅の設計

  11. (日) 計画実習1「住宅を計画する」状況の検討·レポート

  12. (日) 計画実習2「住宅を計画する」エスキース

  13. (日) 計画実習3「住宅を計画する」プランニング

  14. (日) 計画実習4「住宅を計画する」最終製作

  15. (日) 作品検証

  16. (日) 予備日

評価 必須

(日) 到達目標の3項目の理解度をレポート試験(70%),授業への参加状況(30%)で評価し,到達しているものを合格とする.

JABEE合格 不用

(日) .

JABEE関連 不用

(日) .

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 各時間毎にプリントを配布

参考資料 推奨
  1. (日) 建築一般を広く概説するため,各分野毎に参考となる書籍は数多くあるのでその一部を紹介する.各自が興味のある書籍を入手すること.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 渡邊 速:(有)渡辺企画設計,Tel.088-626-5785 Fax.088-626-3826 E-mail:cycymail@quartz.ocn.ne.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 成績評価に対する平常点とレポートの比率は3:7程度とする.平常点は,授業への参加状況,態度を考慮するものとし,レポート試験については内容評価とする.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です