徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/測量学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
76466
EOID
379052
Map
[2003/測量学]
LastModified
2007年12月28日(金) 20:07:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
長尾 文明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (英) Surveying / (日) 測量学 / (読) そくりょうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 藤井 清司
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 社会活動の基盤を支える多くの土木構造物の建設を計画し,設計し,施工するとき,その基礎資料となるのは,正確な測量から得られた地図である.その地図作製のための学問が測量学である.そこで,以下のような項目について,修得できるよう講義する.1.測量に用いる器械器具の構造·使用法·検査およびその調整法2.野外での測量作業の方法および野帳の記入法3.測定結果を計算し,その精度を調べ,また測量結果によって地図を作り,さらに面積·容積などを計算する方法

概要 必須

(日) 測量では,距離,方向角,高低差が測定の3要素であり,その測定器械,測定法について講義する.そして,地図を作製するために,上の測量方法を応用して,骨組測量,細部測量へと発展させ,測定値の調整計算·面積計算を行い,地図を作製する方法を述べる.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) この教科目を履修するには,数学,幾何学,および,図学の知識が基礎となる.そこで,これまでの教育課程において履修した数学等の基礎知識を復習し,充分身に付けておくこと.

注意 任意

(日) この教科目は建設工学の全ての基礎となるものであり,また,建設工学の専門科目の最初に学ぶものであるので,最初からしっかりと理解しながら修得を心がけて受講すること.本講義は,「測量学実習」と対をなすものであり,実習を行うことにより一層の理解が可能となる.そして,その内容は「応用測量学」へとつながっていく.また,この科目の取得は,卒業後の「測量士補」,「測量士」の資格条件となる.

目標 必須
  1. (日) 測量法として,距離測量,平板測量,トランシット測量,水準測量,およびスタジア測量を理解する.

  2. (日) 計算法として,経緯距法と面積·容積計算法を理解修得する.

計画 必須
  1. (日) ガイダンス·測量学緒論

  2. (日) 距離測量1

  3. (日) 距離測量2

  4. (日) 平板測量1

  5. (日) 平板測量2·レポ-ト

  6. (日) トランシット測量1

  7. (日) トランシット測量2

  8. (日) トランシット測量3

  9. (日) トランシット測量4·レポ-ト·テスト

  10. (日) 経緯距法1

  11. (日) 経緯距法2·レポ-ト

  12. (日) 水準測量1

  13. (日) 水準測量2

  14. (日) 水準測量3·レポ-ト·小テスト

  15. (日) スタジア測量

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 授業時間数の2/3以上出席し,到達目標の2項目が達成されているかを定期試験(100%)で評価し,2項目が各々60%以上を合格とする(出席点は加えない).

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の1(1),1(2),2(1),2(2),3(1),3(3),4(1),6(1),6(2),6(3)がそれぞれ5%,3(2)50%に対応する

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 森 忠次著「改訂版測量学1 基礎編」丸善,小田部和司著「図解土木講座 測量学」第2版技報堂出版,上の教科書を使用するが,それのみでは十分理解できないと思われる部分については,プリントを配布し補助資料とする.

参考資料 推奨
  1. (日) 参考書は授業中においてその都度紹介される.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 藤井清司(Tel : 088-656-7331 , Email : fujii@sea2.ce.tokushima-u.ac.jp)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です