徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2004/生産加工システム

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
76406
EOID
378995
Map
[2003/生産加工システム]
LastModified
2007年12月28日(金) 20:04:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2004年 (平成 16年)
名称 必須 (英) Machining and Introduction to Manufacturing System / (日) 生産加工システム / (読) せいさんかこうしすてむ
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2004/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 海江田 義也
    肩書 任意
  2. 多田 吉宏
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 切削加工を中心に,溶融加工(鋳造,溶接)を含め,加工法と生産システムの概念を学ぶ.

概要 必須

(日) 最近は情報化が進み,コンピュータ万能の時代のように考えられている.事実工作機械もNC化が進み,生産システムも著しい進歩を遂げている.しかし加工の本質が変わった訳ではない.新しい加工技術を開発するにもその基礎技術の習得が必要である.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 工作機械の理解を深めるため,「機械基礎実習」を履修しておくこと.

注意 任意

(英) .

(日) .

目標 必須
  1. (日) 溶融加工と切削加工それぞれの概念と基礎技術を理解修得する.

  2. (日) 講義と演習を通じて,応用力の涵養を図る.

計画 必須
  1. (日) 生産加工序論·鋳造

  2. (日) 鋳造·演習

  3. (日) 鋳造·演習

  4. (日) 溶接·演習

  5. (日) 切削加工の基礎·演習

  6. (日) 切削抵抗·演習

  7. (日) 工具寿命と切削加工の経済性·演習

  8. (日) 旋削加工·演習

  9. (日) NC工作機械·演習

  10. (日) フライス加工·演習

  11. (日) フライス加工·演習

  12. (日) 穴あけ加工·演習

  13. (日) 中ぐり加工,歯切り加工ほか·演習

  14. (日) 生産システム

  15. (日) 予備日

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 各講義で演習を行い,レポートを提出する.授業への取組み·レポートによる平常点と期末に行う試験とで総合評価し,その比率は4:6とする.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) (B)に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 新編 機械加工学(橋本文雄,山田卓郎 著),共立出版,ISBN4-320-08055-6

参考資料 推奨
  1. (日) 機械加工学(中島利勝,鳴滝則彦 著),コロナ社,ISBN4-339-04059-2

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 海江田(M321,656-7379,kaieda @me.tokushima-u.ac.jp)
    オフィスアワー 任意
  2. (日) 多田(M319,656-7381,tada@me.tokushima-u.ac.jp)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) 演習を行うので,A4レポート用紙,関数電卓,定規·物差しなどを持参すること.

  2. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です