徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 南 麻子/Iseki Masanori/[岸 和弘]/Wang Miao/Ogura Makoto/[古川 昇]/Hayashi Sanae/Yamada Mizuki/[小畑 利之]/Takeshita Yukari/[中屋 豊]/[坂東 良美]/[泉 啓介]/Moodie A Shonna/Kajiura Fumiko/[松本 満]/Takatsu Kiyoshi/Takaki Satoshi/[蛯名 洋介]/Increased Insulin Sensitivity and Hypoinsulinemia in APS Knockout Mice/[Diabetes]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
75247
EOID
876340
Map
0
LastModified
2017年11月28日(火) 17:50:47
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
坂東 良美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[徳島大学.疾患酵素学研究センター])
  2. 徳島大学.医学部.医科栄養学科.特殊栄養学講座(〜2004年3月31日/->組織[徳島大学.医学部.医科栄養学科.臨床実践栄養学講座.代謝栄養学])
  3. 徳島大学.医学部.医学科.生体防御腫瘍医学講座
著者 必須
  1. (英) Minami Asako / (日) 南 麻子 / (読) みなみ あさこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《南 麻子 (Minami Asako) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Iseki Masanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 岸 和弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Wang Miao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ogura Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 古川 昇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Hayashi Sanae
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《林 早苗 (Hayashi Sanae) @ 医学研究科.修士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2005年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Yamada Mizuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 小畑 利之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Takeshita Yukari
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《竹下 ゆかり (Takeshita Yukari) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  11. 中屋 豊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 泉 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Moodie A Shonna
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Kajiura Fumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Takatsu Kiyoshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 髙月 良和 ([徳島大学.常三島事務部.理工学部事務課])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. (英) Takaki Satoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. 蛯名 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Increased Insulin Sensitivity and Hypoinsulinemia in APS Knockout Mice

副題 任意
要約 任意

(英) A tyrosine kinase adaptor protein containing pleckstrin homology and SH2 domains (APS) is rapidly and strongly tyrosine phosphorylated by insulin receptor kinase upon insulin stimulation. The function of APS in insulin signaling has heretofore remained unknown. APS-deficient (APS(-/-)) mice were used to investigate its function in vivo. The blood glucose-lowering effect of insulin, as assessed by the intraperitoneal insulin tolerance test, was increased in APS(-/-) mice. Plasma insulin levels during fasting and in the intraperitoneal glucose tolerance test were lower in APS(-/-) mice. APS(-/-) mice showed an increase in the whole-body glucose infusion rate as assessed by the hyperinsulinemic-euglycemic clamp test. These findings indicated that APS(-/-) mice exhibited increased sensitivity to insulin. However, overexpression of wild-type or dominant-negative APS in 3T3L1 adipocytes did not affect insulin receptor numbers, phosphorylations of insulin receptor, insulin receptor substrate-1, or Akt and mitogen-activated protein kinase. The glucose uptake and GLUT4 translocation were not affected by insulin stimulation in these cells. Nevertheless, the insulin-stimulated glucose transport in isolated adipocytes of APS(-/-) mice was increased over that of APS(+/+) mice. APS(-/-) mice also showed increased serum levels of leptin and adiponectin, which might explain the increased insulin sensitivity of adipocytes.

キーワード 推奨
  1. (英) EPIDERMAL-GROWTH-FACTOR
  2. (英) ADAPTER PROTEIN
  3. (英) GLUT4 TRANSLOCATION
  4. (英) RECEPTOR KINASE
  5. (英) C-CBL
  6. (英) PLECKSTRIN HOMOLOGY
  7. (英) GLUCOSE-METABOLISM
  8. (英) FACTOR TRIGGERS
  9. (英) SH2 DOMAIN
  10. (英) FACTOR-I
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 因子分析 (factor analysis)
    [キーワード] 血管内皮増殖因子 (vascular endothelial growth factor)
    [キーワード] 神経栄養因子 (neurotrophic factor)
    [キーワード] 転写因子 (transcription factor)
    [キーワード] 病原因子 (virulence factor)
    [キーワード] tumor necrosis factor-α (tumor necrosis factor-α)
発行所 推奨 The American Diabetes Association
誌名 必須 Diabetes([The American Diabetes Association])
(pISSN: 0012-1797, eISSN: 1939-327X)
ISSN 任意 0012-1797
ISSN: 0012-1797 (pISSN: 0012-1797, eISSN: 1939-327X)
Title: Diabetes
Title(ISO): Diabetes
Publisher: American Diabetes Association
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 52
必須 11
必須 2657 2665
都市 任意
年月日 必須 2003年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2337/diabetes.52.11.2657    (→Scopusで検索)
PMID 任意 14578283    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Molecular Genetics, Institute for Enzyme Research, University of Tokushima, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't