徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [宇都 義浩]/[永澤 秀子]/[堀 均]/Phenolic natural product isoprenomics; first total synthesis of artepillin C and medicinal approach for artepillin C analogues/226th ACS National Meeting

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
74973
EOID
763164
Map
0
LastModified
2015年1月15日(木) 13:51:58
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座
著者 必須
  1. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 永澤 秀子(岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
    役割 任意

    (日) 合成計画の立案,活性試験,考察

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 堀 均
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Phenolic natural product isoprenomics; first total synthesis of artepillin C and medicinal approach for artepillin C analogues

副題 任意
要約 任意

(日) 本論文では,プロポリスの生理活性成分として注目される,artepillin Cの初の全合成を達成した.さたにこれをリード化合物としてアルキルフェノール誘導体を分子設計·合成し,そのミトコンドリア呼吸阻害活性及び脂質過酸化阻害活性についても検討した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) 226th ACS National Meeting
ISSN 任意
必須
必須
必須
都市 必須 ニューヨーク(New York/[アメリカ合衆国])
年月日 必須 2003年 9月 7日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意