徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tagami Takanori/[池田 建司]/Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions/[Asian Journal of Control]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
74608
EOID
879635
Map
0
LastModified
2017年12月14日(木) 13:24:39
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池田 建司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座
著者 必須
  1. (英) Tagami Takanori
    役割 任意

    (日) 全頁執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 研究内容についてアドバイス

    貢献度 任意 50
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions

副題 任意
要約 任意

(日) PID型の補償器を用いた制御系設計においては, 速応性と振動抑制性のトレードオフをとりながら, パラメータを調整することが多い. この調整は一般に試行錯誤によって行われ, 経験を積んだ現場のオペレータでないと調整は難しいと言われている. 筆者らは, この調整を速応性と振動抑制性の2目的最適化問題として捉え, 遺伝的アルゴリズムによる多点探索を用い, パレート最適解集合をオペレータに提示することによって, 調整における試行錯誤の低減を図った.

キーワード 推奨
  1. (英) robust pole assignment
  2. (英) polytope of polynomials
  3. (英) edge theorem
  4. (英) genetic algorithm
  5. (英) Pareto-optimal solutions
発行所 推奨
誌名 必須 Asian Journal of Control(Chinese Automatic Control Society/Asian Control Professors' Association)
(pISSN: 1561-8625, eISSN: 1934-6093)
ISSN 任意 1561-8625
ISSN: 1561-8625 (pISSN: 1561-8625, eISSN: 1934-6093)
Title: Asian journal of control
Title(ISO): Asian J Control
Supplier: Chinese Automatic Control Society
Publisher: Wiley-Blackwell, Richmond.
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 5
必須 2
必須 195 205
都市 任意
年月日 必須 2003年 6月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/j.1934-6093.2003.tb00111.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000185513600004
Scopus 任意 2-s2.0-0141928910
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意