徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [辻 明彦]/細胞外で働くプロセシングプロテアーゼPACE4-SPCファミリープロテアーゼ多様性の生理的意義-/[生化学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
73422
EOID
711121
Map
0
LastModified
2013年9月10日(火) 13:34:55
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
辻 明彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総説·解説
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座
著者 必須
  1. 辻 明彦
    役割 任意

    (日) 考察,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Extracellular processing protease PACE4 : Significance of diversity of SPC family proteases

(日) 細胞外で働くプロセシングプロテアーゼPACE4-SPCファミリープロテアーゼ多様性の生理的意義-

副題 任意
要約 任意

(日) 哺乳類ズブチリシン様プロプロテインコンベルターゼが現在7種類 同定されている.これらの酵素はシグナルペプチド,プロペプチド,触媒ドメイン,ホモBドメインからなる共通構造を有するが,そのC末構造は異なっている.Furin, PC8は膜結合領域を持ち,PACE4, PC6はシステインリッチドメインを持っている.PC1, PC2, PC4は比較的短いC末配列を有している.本論文では,これらSPCの異なる細胞内局在,発現制御,機能解析に関する最新の知見を紹介し,SPCの多様性の生理的意義について考察する.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本生化学会
誌名 必須 生化学([日本生化学会])
(pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
ISSN 任意 0037-1017
ISSN: 0037-1017 (pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
Title: Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society
Title(ISO): Seikagaku
Publisher: Nihon Seikagakkai/Japanese Biochemical Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 75
必須 4
必須 305 310
都市 任意
年月日 必須 2003年 4月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/80015935411/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 80015935411
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意