徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松島 明美]/Kaisho Tsuneyasu/Rennert D. Paul/Nakano Hiroyasu/Kurosawa Kyoko/[内田 大亮]/Takeda Kiyoshi/Akira Shizuo/[松本 満]/Essential role of NF-kappaB-inducing kinase and IkappaB-kinase alpha in NF-kappaB activation through lymphotoxin-beta receptor, but not through TNF receptor-I/[The Journal of Experimental Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
72119
EOID
835768
Map
0
LastModified
2016年9月6日(火) 16:51:44
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 満
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国際共著(徳島大学内研究者と国外研究機関所属研究者との共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. 松島 明美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kaisho Tsuneyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Rennert D. Paul
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Nakano Hiroyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kurosawa Kyoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 内田 大亮
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Takeda Kiyoshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 武田 清 ([鳴門教育大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Akira Shizuo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Essential role of NF-kappaB-inducing kinase and IkappaB-kinase alpha in NF-kappaB activation through lymphotoxin-beta receptor, but not through TNF receptor-I

副題 任意
要約 任意

(英) Both nuclear factor (NF)-kappaB-inducing kinase (NIK) and inhibitor of kappaB (IkappaB) kinase (IKK) have been implicated as essential components for NF-kappaB activation in response to many external stimuli. However, the exact roles of NIK and IKKalpha in cytokine signaling still remain controversial. With the use of in vivo mouse models, rather than with enforced gene-expression systems, we have investigated the role of NIK and IKKalpha in signaling through the type I tumor necrosis factor (TNF) receptor (TNFR-I) and the lymphotoxin beta receptor (LTbetaR), a receptor essential for lymphoid organogenesis. TNF stimulation induced similar levels of phosphorylation and degradation of IkappaBalpha in embryonic fibroblasts from either wild-type or NIK-mutant mice. In contrast, LTbetaR stimulation induced NF-kappaB activation in wild-type mice, but the response was impaired in embryonic fibroblasts from NIK-mutant and IKKalpha-deficient mice. Consistent with the essential role of IKKalpha in LTbetaR signaling, we found that development of Peyer's patches was defective in IKKalpha-deficient mice. These results demonstrate that both NIK and IKKalpha are essential for the induction of NF-kappaB through LTbetaR, whereas the NIK-IKKalpha pathway is dispensable in TNFR-I signaling.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Antigens, CD
  3. (英) Cells, Cultured
  4. (英) DNA-Binding Proteins
  5. (英) Fibroblasts
  6. (英) I-kappa B Kinase
  7. (英) I-kappa B Proteins
  8. (英) Lymphotoxin beta Receptor
  9. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  10. (英) Mice, Inbred C57BL
  11. (英) Mice, Mutant Strains
  12. (英) NF-kappa B
  13. (英) Peyer's Patches
  14. (英) Phosphorylation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化的リン酸化 (oxidative phosphorylation)
    [キーワード] 蛋白質脱リン酸化 (protein dephosphorylation)
    [キーワード] リン酸化 (phosphorylation)
  15. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  16. (英) Receptors, Tumor Necrosis Factor
  17. (英) Receptors, Tumor Necrosis Factor, Type I
  18. (英) Signal Transduction
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 炎症性サイトカイン受容体の情報伝達 (Signal transduction of proinflammatory cytokine receptors)
    [キーワード] シグナル伝達 (signal transduction)
    [キーワード] 情報伝達 (signal transduction/->キーワード[シグナル伝達])
    [キーワード] 情報伝達機構 (signal transduction)
  19. (英) Transfection
  20. (英) Tumor Necrosis Factor-alpha
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Experimental Medicine([The Rockefeller University Press])
(pISSN: 0022-1007, eISSN: 1540-9538)
ISSN 任意 0022-1007
ISSN: 0022-1007 (pISSN: 0022-1007, eISSN: 1540-9538)
Title: The Journal of experimental medicine
Title(ISO): J. Exp. Med.
Publisher: Rockefeller University Press
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 193
必須 5
必須 631 636
都市 任意
年月日 必須 2001年 3月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.1084/jem.193.5.631    (→Scopusで検索)
PMID 任意 11238593    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000167522500009
Scopus 任意 2-s2.0-0035809310
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  3. (英) OtherID: PMC2193391