徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [松本 満]/Yamada Takuji/Yoshinaga K. Steven/Boone Tom/Horan Tom/Fujita Shigeru/Li Yi/Mitani Tasuku/Essential role of NF-kappaB-inducing kinase in T cell activation through the TCR/CD3 pathway/[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
72089
EOID
725938
Map
0
LastModified
2014年2月28日(金) 13:52:30
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 満
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yamada Takuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yoshinaga K. Steven
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Boone Tom
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Horan Tom
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Fujita Shigeru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Li Yi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《米 麗英 (YING LI MI) @ 総合科学部 [研究生] 2001年4月〜2002年3月》
    《DING LIYING (LIYING DING) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2001年3月》
    《米 麗英 (YING LI MI) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2004年3月》
    《祝 穎蓮 (LIAN YING ZHU) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2004年3月》
    《李 卢一 (Yi Lu Li) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2003年4月〜2006年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Mitani Tasuku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Essential role of NF-kappaB-inducing kinase in T cell activation through the TCR/CD3 pathway

副題 任意
要約 任意

(英) NF-kappa B-inducing kinase (NIK) is involved in lymphoid organogenesis in mice through lymphotoxin-beta receptor signaling. To clarify the roles of NIK in T cell activation through TCR/CD3 and costimulation pathways, we have studied the function of T cells from aly mice, a strain with mutant NIK. NIK mutant T cells showed impaired proliferation and IL-2 production in response to anti-CD3 stimulation, and these effects were caused by impaired NF-kappa B activity in both mature and immature T cells; the impaired NF-kappa B activity in mature T cells was also associated with the failure of maintenance of activated NF-kappa B. In contrast, responses to costimulatory signals were largely retained in aly mice, suggesting that NIK is not uniquely coupled to the costimulatory pathways. When NIK mutant T cells were stimulated in the presence of a protein kinase C (PKC) inhibitor, proliferative responses were abrogated more severely than in control mice, suggesting that both NIK and PKC control T cell activation in a cooperative manner. We also demonstrated that NIK and PKC are involved in distinct NF-kappa B activation pathways downstream of TCR/CD3. These results suggest critical roles for NIK in setting the threshold for T cell activation, and partly account for the immunodeficiency in aly mice.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) I-kappa B Kinase
  3. (英) Interleukin-2
  4. (英) Lymphocyte Activation
  5. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  6. (英) NF-kappa B
  7. (英) Protein Kinase C
  8. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  9. (英) Proto-Oncogene Proteins
  10. (英) Receptor-CD3 Complex, Antigen, T-Cell
  11. (英) T-Lymphocytes
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] Tリンパ球 (T lymphocytes)
  12. (英) Tetradecanoylphorbol Acetate
  13. (英) Transcription Factors
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 0022-1767
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 169
必須 3
必須 1151 1158
都市 任意
年月日 必須 2002年 8月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 12133934    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000177025100002
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't