徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [細井 和雄]/[金森 憲雄]/吉川 大和/組織カリクレイン遺伝子ファミリーの解析と成長因子前駆体のプロセッシング/平成7年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
72075
EOID
343586
Map
0
LastModified
2007年5月30日(水) 12:02:39
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
細井 和雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 報告書
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科
著者 必須
  1. 細井 和雄
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 金森 憲雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kikkawa, Yamato / (日) 吉川 大和 / (読) きっかわ やまと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Analysis of genes for tissue kallikrein family enzymes and processing of growth factor precursors

(日) 組織カリクレイン遺伝子ファミリーの解析と成長因子前駆体のプロセッシング

副題 任意
要約 任意

(日) マウス顎下腺に存在する4種の主要な組織カリクレイン(mK22,mK9,mK1,mK13)によるキニン遊離活性,並びにプロレニン変換活性を調べた.mK1は最も強いキニン遊離活性を示し,唾液腺以外にも尿,膵臓,消化管に局在した.この事からmK1はマウスの真性組織カリクレインであることが証明された.またキニノーゲナーゼ活性の弱いmK13は最も強いプロレニン変換活性を示した.

キーワード 推奨
発行所 任意 徳島大学
誌名 任意 (英) Report of research by special budget for education and research (Tokushima University) / (日) 平成7年度教育研究学内特別経費による研究報告書(徳島大学) / (読) きょういくけんきゅうがくないとくべつけいひによるけんきゅうほうこくしょ
ISSN 任意
任意
任意
任意
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 1997年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意