徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [金森 憲雄]/佐藤 豊彦/Response pattern of cat hippocampal neurons to stimulation of the septal area during sleep and waking./[Physiology & Behavior]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
72004
EOID
534183
Map
0
LastModified
2010年10月18日(月) 22:17:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科
  2. 愛知学院大学.歯学部
著者 必須
  1. 金森 憲雄
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Satoh, Toyohiko / (日) 佐藤 豊彦 / (読) さとうとよひこ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Response pattern of cat hippocampal neurons to stimulation of the septal area during sleep and waking.

副題 任意
要約 任意

(日) 中隔刺激に対するネコ海馬ニューロンの応答パターンを,睡眠-覚醒諸相で記録した.同じ介在ニューロンでありながら,θ細胞と籠細胞とでは,応答パターンがまったく異なっていた.シンプルスパイク細胞とコンプレックススパイク細胞の睡眠-覚醒中応答パターンを Andrews の関数プロットによる多因子クラスター分析で比較した結果,シンプルスパイク細胞の応答パターンは似通っていたが,コンプレックススパイク細胞のそれは細胞毎に個性があった.原因は,逆説睡眠および徐波睡眠時の応答パターンに差があることによる.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Brain Research Publications
誌名 必須 Physiology & Behavior([Brain Research Publications])
(resolved by 0031-9384)
ISSN: 0031-9384 (pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
Title: Physiology & behavior
Title(ISO): Physiol Behav
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1873-507X)
ISSN: 0031-9384 (pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
Title: Physiology & behavior
Title(ISO): Physiol Behav
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 23
必須 2
必須 363 368
都市 任意
年月日 必須 1979年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意